0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

臨床心理士の仕事(職務)

臨床心理士の職務として、臨床心理学的面接(カウンセリング)、臨床心理学的査定(アセスメント)、地域援助、(臨床心理学的)研究の4つがあります。

臨床心理士は単純にカウンセリングだけをしているのではなく、そのカウンセリングを行うためにその患者さん・クライエントがどのような背景・性格・主訴・症状の持ち主かについて、把握しておく必要があります。それらを把握するために行うことをアセスメント(査定)と呼びますが、アセスメントはカウンセリングにおいて話をする中でも行われますし、心理テストなどを用いても行うなど、よりよく患者さん・クライエントの状態が把握できるように総合的に行われます。特に医療機関などでアセスメントにおける心理テスト(心理検査)を専門的に行う人のことをテスターと呼びます。

また、臨床心理士はスクールカウンセリングをはじめとして、地域に対して心理援助を行っていくことが求められています。震災などの自然災害で被害を受けた地域への地域援助として、被災地でのカウンセリングを行ったり、被災地でのカウンセリング以外の心のケアを行ったり、またそれぞれの居住する地域で、カウンセリングや心理教育などを通して心理援助を行うことも、地域援助の中に含まれます。

臨床心理士は、心理学という曖昧な学問に根ざしているため、どうしてもカウンセリングやアセスメントが主観的になりやすいという特徴があります。もちろんカウンセリングは客観的な部分だけではなく、主観的な部分も重要であるため、完全に主観を排除することはよくありません。ですが、客観的で科学的な視点を持っている上での主観的な考えと、完全に主観的な考えしかないのでは異なります。専門家として両方の視点を持っておくためには、臨床心理士は常に研究的な視点を持ち、臨床だけではなく研究を行っていくことが重要です。

PAGE TOP