0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

臨床心理士資格試験について

臨床心理士資格試験を受験するための資格(受験資格)として、臨床心理士指定大学院や臨床心理士専門職大学院を所定の科目を修めて修了する必要があります(臨床心理士指定大学院2種の場合は、修了後に1年間の臨床経験が必要)。

通常、臨床心理士資格試験は毎年10月頃に筆記試験が行われ、筆記試験に合格した人を対象に11月頃に面接試験が行われます。合否は翌月の12月にわかり、資格の証明書が翌年の3〜4月頃に手元に届くようになっています(2019年現在)。

筆記試験はマークシート試験(2時間30分で100問)と、論述試験(1時間半で1001〜1200字)に分かれています。臨床心理士専門職大学院を修了した人には、論述試験が免除されます。マークシート試験も論述試験も、いずれも臨床心理学や基礎心理学、統計学、精神医学や心身医学に関する内容が出題されます。合格率は毎年約60%くらいで推移しています。

試験実施団体「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」サイトへ

PAGE TOP