0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

公認心理師

公認心理師

公認心理師

公認心理師とは

公認心理師とは、日本初の心理系国家資格で、2015年9月に公認心理師法が公布され、2017年9月15日に施行されました。2018年に、第1回の公認心理師資格試験が行われました。

公認心理師になるには

公認心理師になるには、公認心理師カリキュラムを持つ4年制大学の学部を卒業後、特定の期間で2年以上の実務経験を積むか、公認心理師カリキュラムを持つ大学院に入学・修了し国家試験に合格すると、公認心理師資格が与えられます。

公認心理師と臨床心理士

公認心理師と臨床心理士の違い

公認心理師や臨床心理士の働く領域として、5領域(医療・教育・産業・福祉・司法)や私設相談領域とがあります。

医療領域では、病院やクリニックで心理担当として働く場合があります。
教育領域では、幼稚園での巡回相談、学校でのスクールカウンセラー、大学の学生相談室などで働く場合があります。
産業領域では、社員向けにカウンセリングを行ったり、外部EAP期間に所属し、契約企業の社員に対してカウンセリングを行う場合があります。
福祉領域では、児童相談所や障害者福祉施設などで子供や障害者の方、高齢者の方などとかかわる場合があります。
さらに司法領域では、臨床心理士が家庭裁判所調査官や法務教官、法務技官など公務員かつ心理職として様々な方にカウンセリングや教育指導をする場合などがあります。

働く主要5領域とその他

学校や病院で勤務するカウンセラーの資格として、多くの人は臨床心理士を思い浮かべられるでしょう。

臨床心理士とは、1988年に誕生した日本心理臨床学会が認定する資格です。民間資格でありながら、臨床心理士はスクールカウンセラーや医療機関での査定・相談など「こころの問題」のために不可欠の実践に取り組んできました。

公認心理師とは2015年、教育・医療・司法などの様々な領域に存在する「こころの問題」を解決する国家資格として「公認心理師」法が施行されました。臨床心理士と公認心理師は別々の資格ですが、大学院の修士課程を修了していることを主な受験資格にするなど多くの点で共通しています。その証拠として、2018年に実施された第一回の国家試験では、多くの臨床心理士が公認心理師試験を受験しました。

公認心理師 カリキュラム対応大学院入試対策

公認心理師カリキュラム対応大学院一覧

公認心理師カリキュラム対応大学・大学院とは?

公認心理師になるためには、公認心理師試験に対応したカリキュラムを修めなければなりません。 以下①〜③の3つのルートがあり、一般的には①のルートを選ぶことが多いと言われています。
現在、臨床心理士などで現任者として働いている方や、平成29年9月15日より以前に大学・大学院において公認心理師法で定める科目を履修(又は履修中)の方には5年間の経過措置(特例措置)が設定されています。

  1. ① カリキュラム対応大学で指定科目を履修&大学院で指定科目を履修
  2. ② カリキュラム対応大学で指定科目を履修&卒業後は指定期間にて2年以上の実務経験
  3. ③ ①及び②と同等以上の知識と技能を有すると認定された場合

公認心理師試験対応(大学・大学院)カリキュラム

公認心理師となるために大学学部・大学院で修めるべき科目

  • ・大学において修める科目は25科目。うち実習については80時間以上を実施。
  • ※実習については、保健医療、福祉、教育等の分野の私設において、見学等により実施。
  • ・大学院において修める科目は10科目。うち実習については450時間以上を実施。
  • ※実習については、見学だけではなくケースを担当する。医療機関(病院又は診療所)での実習は必須。

PAGE TOP