0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
和田 眞悠子さんの合格体験記

合格者

LECの入門講座は講義もテキストも必要な部分がコンパクトにまとまっています。

和田 眞悠子 さん

年齢 21歳
略歴 兵庫県出身。
2016年に大阪大学法学部4年次で予備試験最終合格。
2017年司法試験の合格を目指す。
受講歴 入門講座、論文基礎力養成答練、予備試験論文演習、論文力完成講座(講義編)、予備試験論文公開模試他

和田 眞悠子さんのある一日

時間 行動 詳細
7:00 起床
8:00 学校へ向かう 家にいるとだらだらしてしまうので、試験直前以外は大学の図書館で勉強していました。
9:00 自習
10:00
11:00
12:00
13:00 昼食
14:00 自習 卒業要件はほぼ満たしていたので、大学の授業はゼミのみ履修していました。また、友人たちと自主ゼミを組み、週に一度の頻度で問題検討をしていました。
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00 帰宅
21:00 夕食など
22:00
23:00 自習
0:00 就寝
1:00

予備試験受験、法曹を目指したきっかけ

大学で学んだことを人のために活かす仕事がしたいと考える中で、高校生のころから漠然と弁護士を志していました。その後、他の職種に興味が移ったこともありましたが、所属している法律相談部の活動を通して、目の前の人を救うことのできる弁護士という仕事を魅力的に感じたため、司法試験合格を目指すことを決めました。
また、早く実務に出て経験を積みたいとの気持ちから、予備試験を受験しました。

合格までの道のり

私は大学2年次からLECの講座を受け始めました。2年次は大学での授業や定期試験が多く忙しかったのですが、通信で受講していたため、長期休暇を活用しながら目標通り1年で入門講座を受講し終えることができました。

入門講座を受け終えた後は、論文基礎力養成答練や論文力完成講座で問題を解く力を伸ばすことを目指しました。とはいえ、入門講座の復習が甘かったため基本的な知識が身についておらず、思うように答案が書けることはあまりありませんでした。そこで、論文力完成講座の復習と並行して、入門テキストを繰り返し復習し、論証部分のみをまとめたノートを作って暗記しました。今思えば、論文の勉強をしてから基礎知識の復習に戻ることで、どのような知識が求められるかが分かるため、メリハリのついた学習をすることができたように思います。

予備試験は大学4年次で初めて受験しました。上述の学習に思ったより時間がかかってしまったため、短答対策にはあまり時間を割くことができず、肢ごとの問題集を繰り返すことで乗り切りました。

論文対策は、論文力完成講座の復習と、論証をまとめた自作ノートを暗記することを中心としました。知識の暗記よりも問題演習を重視して対策すべきだという人もいますが、基本的な論証などが頭に入っていないまま問題演習を繰り返すことは効率が悪いと思います。予備試験では、高度な思考よりも、基本的な知識を正確に理解できていることが求められているように感じました。また、短答が終わった後に法律実務基礎講座を受講しました。本来ならもっと早い時期に手をつけておくべきだったのですが、講座のおかげで短い期間でも効率よく学習することができました。

論文式試験終了後は、ずっと法科大学院の入試対策をしていました。論文合格を知ってから口述式試験当日までは時間がなく、とても焦りましたが、論文前に受講していた法律実務基礎講座の復習を中心に対策しました。

以上のような学習方法で、無事に予備試験に合格することができました。勉強がつらくなるときも多々ありましたが、周囲に同じく予備試験合格を目指す友人が多くおり、情報を交換したり励ましあったりできる恵まれた環境にいたおかげで、諦めずに勉強を続けることができたように思います。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

本格的に予備試験を見据えて勉強し始めた時期が遅かったので、もっと早くから真剣に勉強していればよかったと思います。特に3年次では、思うように学習が進んでいなかったため予備試験を受け控えてしまったのですが、たとえ短答落ちだとしても場数を踏むことができるという意味で受験しておけばよかったと後悔しました。

今後の抱負

まずは司法試験に合格することを第一に考えたいです。予備試験に合格したとはいえ七法に不安はありますし、選択科目も増えますので、再び気を引き締めて司法試験合格を目指していきたいと思います。

LECに通ってココが良かった!

私は、赤木先生の入門講座・論文力完成講座を受講しました。入門講座では、テキストに書かれている論証の不要な部分を削り、ときにはレジュメなどで補足しながら講義してくださいましたので、必要十分な論証を身につけることができました。赤木先生の論証をもとにまとめた自作ノートは、短答、論文、口述を通して知識確認の核となりました。

また、他司法試験予備校に比べて各種講義がコンパクトであることも魅力的だと思います。初学者としては入門講義が冗長であれば受講するだけで息切れしてしまいますが、LECの入門講座は講義もテキストも必要な部分がコンパクトにまとまっているので、効率よく何度も復習することができました。

PAGE TOP