0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
K・Tさんの合格体験記

合格者
予備試験合格

圧倒的な正確性

K・T さん

年齢 24歳
大学 中央大学(法学部)
出身法科大学院 慶應義塾大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 1回
予備試験合格
LEC受講歴 論文インプット完成講座・予備試験全国短答ファイナル模試・予備試験口述模試

法曹を目指したきっかけ

法学部に入学して比較的時間がある大学生活の中で大きな挑戦をしたいと考えたため司法試験の受験を決意しました。また、法学という学問が非常に面白かったので、より深く学びたいという気持ちがあったため法曹を目指しました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

LECの講師陣は予備校の名前ではなく講師の名前で仕事をしているというイメージがあり、各講師に信頼を置くことができます。これは他の予備校と異なり講師がそれぞれ自分の独自の講座を作っていることからも明らかだと思います。そのため、自分が求めている必要十分な講座を選択することができます。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

両立させるというより、空き時間はすべて勉強に費やすというイメージで勉強に挑みました。基本的には勉強をしなければいけない、でも他の予定がある場合はそれをしているだけという感覚でいると勉強をするのが当たり前になってくると思います。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

失敗したという点は、学習期間が間延びしてしまったという点があげられます。結局、試験に合格するために必要な知識は多くはなく学生として6年間を使う必要はなかったと感じました。同じ本を1年後2年後に読むと全く覚えていないことが多かったので、短期間にしっかりと学習をすれば同じ本を繰り返し読む必要もなく、早く試験に受かることもできたのではないかと思います。成功したという点は、難しい議論に深入りしなかったことが挙げられます。司法試験はとにかく時間との勝負なので難しい議論を覚えて実際に出題されたとしても、それを書く機会はなかったと感じます。

LECに通ってここが良かった

難しい議論に深入りしないという軸を固めてくれたと思います。学者の書いた基本書では細かい議論に無意識に深入りしてしまう、でも一般的な予備校の教材では裏取りが怪しく信用性が弱いというときに、LECの講座ではそのちょうど中間の役目を果たしてくれました。つまり、LECの講座で学んだ議論以上のことは勉強しないという指針を持てたため、これが非常に良かったと感じています。

今後の抱負

実務家として社会に貢献したいと思います。裁判官、検察官、弁護士それぞれ社会への貢献の仕方は異なり、弁護士の中でも人によって様々だと思います。そのため、司法修習で色々な実務家の方とお話をして、どのような形で社会に貢献していくかをしっかりと考えていきたいと思います。

PAGE TOP