0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
I・Hさんの合格体験記

合格者

私の合格体験記

I・H さん

年齢 27歳
大学 創価大学(法学部)
出身法科大学院 創価大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 1回
LEC受講歴 入門講座が含まれる法科大学院対策向コース(入門講座・論文基礎力養成答練他)・予備試験ファイナル答練・予備試験論文公開模試

法曹を目指したきっかけ

テレビのドラマで見た弁護士がかっこいいと思い、なんとなく憧れを抱いたのが法曹を目指したきっかけです。自己の体験等から法曹を目指す強い動機を持っている人が周りにおり、うらやましいと思ったこともありましたが、そういうものがなくても合格することができました。一度決めたことはやるというような心持ちが大切だと思います。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

友人が勧めてくれたのがあったのと、通学するのに交通の便がよかったこと、また受講料が安かったことなどが主な理由です。あと、講座の説明を受けに行った際、スタッフの対応が丁寧であったことも決めての一つになりました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

私は、アルバイトをしながらLECに通っておりましたが、LECの授業が週3で、アルバイトが週3〜4くらいだったので、無理なく両立することができました。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

「失敗した」ことについてまず、答案を書くということを疎かにしていたという点が挙げられると思います。私は、最初、知らないことは何も書けないと思っていたので、ある程度論点を勉強して覚えてから答案練習をするようにしていました。そのため、答案を書くことが後回しになり、答練の提出期限に間に合わず、答案の提出ができないということもしばしばありました。たしかに、勉強し始めの頃は答案の書き方や各科目の基本的な考え方等がわからないため、ある程度勉強してからでないと答案は書けないと思いますが、答案を書いてみて初めて、自分が理解していたと思っていたことが実は理解できていなかったのだと気づくこともあったりするので、(始めの頃は書けなくてとてもつらいと思いますが)アウトプットをしながらのインプットが一番効率よかったのではないかと今になって思います。あと、司法試験は手書きの書面審査なので、書くスピードが速ければ速いほど有利であることは間違いないと思います。書くスピードを速くするには、やはり答案を書くことに尽きると思うので、そういった意味でも、もっと答案を書いていればと後悔しています。なお、書くスピードを速くしたいがために速記術を習うようなことはしないでいいです。そんなことをするよりも答案を書いていれば自然と速くなりますし、有利になるとは言ってもコンパクトでも良い評価をもらえる答案もあるので、そこまで有利になるわけでもないからです。次に、短答式試験対策が遅かったということが挙げられます。ロー2年次の春休みくらいから少しずつ対策はしていたのですが、結局ロースクールを卒業するまで過去問を回し切ることができず、本試験の受験直前は短答式試験の対策に追われて、論文式試験の対策がやり切れないという事態になってしまいました。合格できたからよかったものの、もう少し早めに短答式試験対策をしっかりしておけば、もっと精神的に楽に受験できたのではないかと思っています。「成功した」ことについて答案を書いたら誰か(特に合格者)に見せることを徹底したことに尽きます。やはり自分で書いたものが他人の目にどう映るかは自分ではわからないため、答案を書いたら他人に見てもらうようにして、良い点や悪い点を挙げてもらっていました。これをしたことによって、試験本番で気をつけるべき点や意識すべき点を自覚することができました。

LECに通ってここが良かった

まず、通学にした点がよかったと思います。今はネット動画配信での講義が人気だと思いますが、怠惰な私はネット動画配信だと絶対勉強しないと思っていたので、少しでも自分に強制力を働かせるため通学のコースにしました。また、実際に講師の先生が講義しているのを生で聴くことによって、記憶にも残りやすいと思います。あと、授業で疑問に思ったことを終了後すぐに質問することができたのも良かったです。次に、講師の先生の説明がわかりやすかったという点がよかったです。法学部出身とはいえ、ほぼ法学初学者だった私でも、予習復習なしで講義についていけたのは、講師の先生の説明がわかりやすく、理解しやすかったからだと思います。あと、LECの講師陣は実績のある方ばかりなので、その方々の作成した教材や、それを元にした授業は、必要な知識を必要な分だけ蓄えるという効率のいいものだと思いました。そして、LECの講義で学んだことが法科大学院の授業で活かされたり、メリハリをつけた勉強をする参考になりました。

今後の抱負

今後は、依頼人の方一人一人を大切にし、多くの信頼を集める弁護士になり、将来的には独立したいと思っています。また、社会貢献をできるような弁護士になって参ります。

PAGE TOP