0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2012年度合格
米沢 龍史さんの合格体験記

合格者

好きなタイミングとペースで勉強を進めることができました

米沢 龍史 さん

年齢 26歳
学歴 大阪大学法科大学院既修者コース 2012年卒業
略歴

三重県出身。大阪市立大学法学部在学中に柴田先生の講義を試聴したことをきっかけに司法試験合格を目指す。2009年大阪大学法科大学院(既修)合格。2010年同法科大学院入学。2012年3月同法科大学院修了、同年9月司法試験合格。

受験履歴

試験名と合否
2009 9 関西学院大学法科大学院既修者コース 合格
2009 11 大阪大学法科大学院既修者コース 合格
2009 12 大阪市立大学法科大学院既修者コース 合格
2012 9 司法試験合格

LEC受講歴

受講講座名
2007 12 入門講座 柴田クラス
12 C型答練
2008 8 論文基礎力完成講座
8 論文過去問講座
2009 1 適性試験対策講座
5 既修者試験対策講座
2011 10 論文パーフェクト答練分析編
2012 1 論文パーフェクト答練実践編

一日のスケジュール

時間 行動 詳細
9:00〜 起床 もちろん1限の授業がある日はもっと早く起きます
10:00 勉強開始 大学近くに下宿していたので、通学に時間はかかりません。
11:00〜 朝昼ご飯 食堂が込み合う前に食べに行きます。朝昼兼用です。
13:00 過去問検討ゼミ 優秀な友人達と過去問の検討会をします。
15:00〜 休憩 友人と食堂に行きます。ついつい話し過ぎてしまうこともあります。
19:00〜 夜ご飯 勉強に疲れたら、コーヒーを飲んで休憩します。
1:00 勉強は続く・・・ 深夜2時くらいに帰ります。帰ったらシャワーを浴びてすぐ寝ます。

法曹を目指したきっかけ

私は大学の法学部に入学してしばらくは、法曹に憧れこそありましたが、まさか自分がそれになることができるとは考えていなかったため、卒業後は一般企業に就職する予定でした。ところが、大学2年の冬に友人からLECの司法試験講座の受講相談に行くので一緒に着いて来て欲しいと頼まれて、一緒に無料体験受講することになったのですが、その講義があまりにもわかりやすく、これなら自分でも司法試験に合格することができるかもしれないと思ったことから、法曹を目指すことになりました。今思えば、非常に安易な動機であったと思います。
ちなみに、私を誘ってくれた友人は、法科大学院には進学せずに、一般企業に就職しました。

合格までの道のり

法科大学院合格まで
私が法科大学院への進学を目指して、本格的に勉強を開始したのは、大学3年生の夏になってからでした。人よりも勉強が遅れていることを自覚していた私は、柴田先生の入門講座で基本知識をインプットすると同時に、C型答練や論文基礎力完成講座、既修者入試答練などの答練を利用して、アウトプットの訓練をしました。このインプットとアウトプットの同時並行により何とか志望する法科大学院に進学することができました。
法科大学院進学後

法科大学院の既修者コースに進学して一年目は、毎日授業の予習・復習に追われ、司法試験の対策をする余裕は全くありませんでした。これまでまともに読んだこともなかった基本書や判例集を片っ端から読み漁り、とにかく授業や定期テストの対策に尽力しました。

二年目の夏になって、ようやく大学院の授業にも余裕がでてきたので、本格的に司法試験合格に向けた勉強をスタートさせました。司法試験の本番まで一年を切っており、効率的な勉強法を採ることが合格のための必須条件であると考えた私は、過去問検討ゼミを組むことと、LECの論文パーフェクト答練(分析編・実践編)を受講することに決めました。

司法試験合格のために、過去問の検討は当然必要であるとして、さらにLECの答練を受講したことには理由があります。まず、①合格のために必要な要素のうち、現時点で自身に足りない点は何か、それを満たすための適切な勉強法が採れているかを確認するためには、本番形式の問題を解き、添削してもらう必要があったこと、②他の予備校と比べて比較的料金が安く、回数も多かったことです。この選択は間違っていなかったと思います。

直前期
直前期は本番に知識のピークをもってくるために、LECの完全択一六法や分野別過去問集を用いて主に択一対策の勉強をしました。論文対策については、答練や模試で出た問題は本番でも出題可能性が高いと考え、模範解答を何度も見直しました。また、ロー入試時代から使用している柴田先生オリジナルテキストに知識を一元化していたので、これを何度も見直すという作業もしました。直前期は新しいことには手を出さず、これまでやってきたことを見直すことが大切だと思います。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

失敗した点

何より法律の勉強を開始した時期が遅かったため、大学の成績も大学院の成績も微妙なものとなってしまい、就職のことまで考えれば失敗したと思います。

それから、択一対策を始めるのが遅かったために、本番でも合格者平均点を取るのがやっとになってしまった点は失敗しました。予備校の講座を利用するなどして、なるべく早い時期に合格者平均点は確実に取れるレベルまで知識をつけ、それから280点超えを目指して勉強していれば、余裕をもって本番を迎えることができたと思います。

成功した点
客観的に評価してもらえるような答案を書くことを心掛けて勉強してきた点は成功したと思います。具体的にはゼミや答練を通して答案を書く機会を多くもち、それを批評・添削してもらうようにしました。

今後の抱負

今後は修習に進み、まずは実務についてしっかりと学びたいと思います。そのうえで、自身が選んだ道のスペシャリストとして第一線で活躍できるような法曹を目指します。

LECに通ってよかったこと

入門講座

私は柴田先生の入門講座を受講していました。柴田先生の講義・テキストは、難解な大学の講義や基本書とは異なり、アカデミックな内容は含まれず、試験に合格するためのエッセンスが詰まったものでした。その素晴らしさは、勉強が進んで見返す度に感じるものであり、司法試験本番直前まで重宝する秘密兵器となりました。

ビデオ講座であったため、好きなタイミングとペースで勉強を進めることができた点も、勉強開始時期が遅かった私にとっては助かりました。

ロー入試に向けた答練
柴田先生が解説を担当されている講座が多かったので、入門テキストと相性がよく、入門講座の復習という意味でも非常に良かったと思います。
論文パーフェクト答練

問題の質が高かったです。特に、実践編の問題は講師の先生が監修されていたこともあり、どれも良問揃いでした。そのうえ、実践編の問題は本試験の予想問題にもなっており、実際本試験では似たような問題でいくつも出題されました。

また、解説講義はWeb視聴となっており、自分の好きなタイミングで見ることができたので、平日は大学院の授業で忙しい私にとっても非常に利用しやすかったです。

PAGE TOP