0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2012年度合格
T・Kさんの合格体験記

合格者

インターネットによる通信受講が可能であることは大きな利点でした

T・K さん

年齢 27歳
学歴 慶應義塾大学法科大学院既修者コース 2010年卒業
略歴

埼玉県出身。高校時代から法曹を志し、中央大学法学部法律学科に入学。2008年慶應義塾大学大学院法務研究科入学。2010年同大学院同研究科修了。2010年、2011年司法試験不合格。2012年司法試験合格。

受験履歴

試験名と合否
2007 5 旧司法試験択一式試験 不合格
10 慶應義塾大学法科大学院既修者コース 合格
2008 4 慶應義塾大学法科大学院既修者コース 入学
2010 3 慶應義塾大学法科大学院既修者コース 修了
9 司法試験 不合格
2011 9 司法試験 不合格
2012 9 司法試験 合格

LEC受講歴

受講講座名
2011 9
LECのインプット講座(全科目一括)
10 論文パーフェクト答練
12 全国公開模試セミファイナル編
2012 1
論文パーフェクトプラスゼミ
1
選択科目マスター答練
3 全国公開模試ファイナル編

一日のスケジュール

時間 行動 詳細
8:00 起床
9:00〜 図書館に到着。 勉強開始。普段は地元の図書館で勉強。午前中は主に択一対策。
12:00 昼食
13:00〜 勉強再開。 午後は主に論文対策。適度に休憩を入れながら、答練をペースメーカーとして学習を進める。
19:00 帰宅。 図書館の閉館時間。
20:00 夕食、軽い運動、入浴など。
21:00〜 勉強。 夕食後は自宅で自主ゼミ用の答案作成などを行う。
0:00 息抜きなど。
1:00 就寝。

法曹を目指したきっかけ

法曹を志したのは高校生の時です。当時、法律の専門家として独立して職務を行う弁護士に憧れを抱いたことがその理由です。大学で弁護士の先生から直に授業を受け、仕事が具体的にイメージできるようになるにつれ、その気持ちも強くなって行きました。大学在学中は就職活動や公務員試験受験などは一切せず、当然のように法科大学院を受験しました。

合格までの道のり

法科大学院在学中

大学院の授業の予復習、レポート、試験などに追われ、なかなか受験勉強を進めることはできませんでした。自主ゼミも組みましたが、問題集の解答を作成して検討するといった内容のものが多く、問題演習や答案練習の機会を確保できませんでした。このゼミで作成した解答は試験直前まで使うことができましたが、他の時間を削ってでも答案を書く時間を確保すべきだったと感じています。

2回の不合格

法科大学院卒業後の試験では、2回に渡り不合格となりました。敗因としては様々なことが考えられますが、試験直前に答案を書く訓練と初見の問題を解く訓練を怠ったことが最大の原因であると思います。問題を解き、時間内に答案を書ききる力と言うのは、練習を怠ると急速に衰えるものであるということを実感しました。

3回目の受験

不合格となった2回とも、論文順位だけなら辛うじて2,000人の枠の中に入っていました。しかし、択一試験の点数が合格者平均点を大きく下回っており、総合で不合格となっていました。このことから、基礎を固め直す必要があると考え、LECのインプット講座を受講しました。2週間ほどで全て受講し終え、4ヶ月のブランクを埋めるとともに基礎を再確認することができました。その上で、例年より多くの時間を択一対策に割き、今年は点数を飛躍的に伸ばすことができました。

論文対策としては、初見の問題を解き、答案を書く訓練を積むため、論文パーフェクト答練を受講しました。さらに、勉強が独りよがりにならないよう、論文パーフェクトプラスゼミを受講するとともに、過去問を検討する自主ゼミを2つ組みました。これらのゼミでは自分の小さなプライドを捨て、出来の悪い答案も含め、多くの人に見せてコメントを頂きました。

そして、これを踏まえて自身の答案を改善し、毎回目的意識を持って答練に臨みました。私が今年合格できたのは、これらのゼミによるところが大きいと思います。自主ゼミのメンバーは全員合格しました。直前期には、過去2回の失敗を踏まえ、過去問を素材として答案を書き、初見の問題(市販の問題集や他の法科大学院の期末試験など)を解き続けました。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

試験直前に答案を書く訓練と初見の問題を解く訓練を怠ったことが最大の失敗です。直前期には、不安から知識の詰め込みに走りがちです。しかし、書く練習、解く練習は直前期にこそ必要であると思います。

成功したことは、多くの人から自分の答案についてコメントを頂き、答案を改善する機会を得られたことです。1回目の試験受験時に書いた答案と、今年書いた答案を見比べてみると、同じ問題でも全く違います。目的意識を持って答練に臨むことが重要であると感じました。

今後の抱負

プロの法律家としてとして恥ずかしくない法曹になれるよう、精進していく所存です。それと同時に、今まで自分を支え続けてくれた両親や友人に恩返しができるよう、力を尽くしたいと思います。

LECに通ってよかったこと

まず、スタッフの方の対応が丁寧且つ迅速でした。全国模試の運営などは他校に比べても非常に厳格で、本番さながらの雰囲気で模試に臨むことができました。

また、熱心な講師の方が多いと感じています。講座もバラエティに富み、必要に応じて様々な講座をリーズナブルな価格で利用することができました。

さらに、地方に住む私にとって、インターネットによる通信受講が可能であることは大きな利点でした。音声データをiphoneに入れ、疑問が生じた時には該当箇所を逐一聴き直していました。

LECはスタッフ、講師、講義のいずれも質が高く、司法試験合格を目指す上で非常に良い環境を提供していただけたと感じています。

PAGE TOP