0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2012年度合格
O・Mさんの合格体験記

合格者

論文パーフェクト答練及び選択科目答練マスターを中心に受講

O・M さん

年齢 25歳
学歴 法政大学法科大学院未修者コース 2012年卒業
略歴

埼玉県出身。漠然と社会のためになる職に就きたいと考え法曹を目指す。弁護士事務所のエクスターンを等を通じて志望を弁護士に定める。2009年法政大学法科大学院入学、2012年同大学院修了、同年5月司法試験受験、同9月合格。

受験履歴

試験名と合否
2008 9 法政大学法科大学院未修者コース受験 合格
2009 4 法政大学法科大学院入学
2012 3 法政大学法科大学院修了
2012 5 司法試験受験 合格

LEC受講歴

受講講座名
2011 10 論文パーフェクト答練 分析編
12 全国公開ファイナル模試 セミファイナル編
2012 1 論文パーフェクト答練 実践編
1 短答パーフェクト
2 選択科目マスター
4 全国公開ファイナル模試 セミファイナル編

一日のスケジュール

時間 行動 詳細
7:00〜 睡眠
9:00〜 起床 夜型のため、朝はあまり早く起きない。
10:00〜 勉強開始 午前中はインプット中心に少しずつペースを上げていく
12:00 勉強中断 昼休憩
13:00〜 勉強再開 午後は答練や問題集中心。LEC答練自宅受験だったので、昼過ぎから、夕方中心に取り組んだ。
18:00〜 勉強中断 夕食休憩
21:00〜 勉強再開 その日やった答練、問題集の復習
0:00 その後、再度サイドインプットをし、やる分を終わらせたら就寝。そのため就寝時間はまちまち
1:00 就寝

法曹を目指したきっかけ

私が法曹を目指した最初のきっかけは、将来働くのであれば何か社会のためになることをやってみたいと考えてるとき、丁度法科大学院導入が噂され、漠然と法曹というものを意識した事だったと思います。
また、ニュースなどでお金を騙し取られた人のことを聞くと、それは取り返さなければならないのではないかと思い、法曹というものを具体的に意識し始めました。

合格までの道のり

3年9月期まで

私はまずは基本書を読み込もうと決めて勉強していました。ただ、漠然と基本書を読んでもなかなか内容が身に付く方では無かったので、ノート作成を中心に勉強を進めてていきました。

3年9月から直前期まで

3年9月期からはLECの答練を始めました。答練にLECを選んだのは友人に誘われたのが始まりです。知り合いの中でLEC答練の評判が良かったので決定しました。

答練は自宅受験でやることに決めました。仲間内ではほとんどは通学でしたが、私は受験勉強自体自宅でやることが主だったので自宅受験にしました。通学には一定の緊張感をもって答練に挑めるという利点がありますが、自宅受験にも時間的に余裕ができる、自分のペースで受験できるという利点があり、一長一短ではないかと思います。

答練はペースメーカーにするのともに、復習を中心に活用しました。やりっぱなしにするのではなく、間違ったところからとにかく自分の問題点を拾い集めてこれをこれを修正し、答案の技術的な面も強化しようと考え、そのための勉強も始めました。そこでまずやったのは、LEC答練の解説に付属する、参考答案、LEC講師の答案、モニターや受験者の答案と自分の答案を比べて研究することでした。

これらは、それぞれ論点についてなぜこれを書いたのかをコメント付きで解説してあり内容的な問題だけでなく、構成・形式的な問題点も確認できました。この部分はただ答練を受けただけでは身につかないものです。答練を受けることを考えている人は、必ず、自分で復習するという作業を加えるべきであると思います。

司法試験は範囲が広大であって、ある程度の予測はできますが、出題範囲を完全に読み切ることは難しいです。しかし、どの問題が出てもいいような書き方は十分準備することが出来ます。これはある論点についてこう書くという定型ではなく、例えば刑法であれば犯罪が多い時と少ないときで書き方は違います。これを身につけるには答練しかないのですが、LECでは配点基準も公開され、また配点に疑問があれば質問しこれに詳しく答えてくれ役に立ちました。司法試験を受けるうえで、やるべき書き方の勉強はLEC答練を通じてしっかり勉強出来たと思います。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

私の勉強の失敗点は、司法試験対応型の問題を解き始める時期が遅かったことと、択一の勉強を始める時期が遅かったことにあると思います。問題の研究は早く始めるのが良いです。また、択一はやればやるだけ伸びるものですから、まずは始めてみるのが良かったと思います。

成功点としては、答練を十分に活用した事だと思います。やりっぱなしには決してせず、添削された答案は十分目を通し、疑問点は即質問フォームで質問しました。もちろん、なぜこのような採点がされたのかという疑問もぶつけました。また、少し反則ですが問題と関連する別の論点についても質問しました。どちらについてもLECでは丁寧に十分な解説を頂け、十分な復習が出来たと思います。

今後の抱負

漠然とではありましたが、法曹を目指してすこしずつ歩いてきました。そのスタートにやっと立つことができ、身が引き締まる思いです。修習をする中で、自分の法曹に対する思いを形にし、社会のため、ひいては問題を抱えた人のためになる法曹になれるよう全身全霊で努力して参ります。

LECに通ってよかったこと

LECでは論文パーフェクト答練及び選択科目答練マスターを中心に受講しました。まず良かったのは回数です。パーフェクト答練とファイナル模試を受講すると10月期から直前期まで全般的に答練の機会があり、ペースを崩すことはありませんでした。

解説は関連論点も記載されており、これを勉強することで勉強の範囲が狭まることはありませんでした。解説にはLEC講師の答案が付属していました。LEC講師は解説も行ってくれます。もちろん解説自体分かりやすくて良いのですが、その講師の答案があることで解説の中の考え方がどのように答案に発展したかがわかり、非常に役に立ちました。

PAGE TOP