0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2012年度合格
伏見 達さんの合格体験記

合格者

入門講座は法律の勉強をしていくにあたっての礎となりました

伏見 達 さん

年齢 25歳
学歴 早稲田大学法務研究科既修者コース 2012年卒業

受験履歴

試験名と合否
2010 9 慶應義塾大学法務研究科既修者コース合格
早稲田大学法務研究科既修者コース合格
2012 9 平成24年度司法試験合格

LEC受講歴

受講講座名
2006 5 入門講座(柴田クラス)
2012 3 全国ファイナル公開模試

一日のスケジュール

時間 行動 詳細
8:00〜 起床 本試験に対応するように朝に起きていました
9:30〜 答案作成ゼミ 毎日一通は図書館でゼミメンバーで答案を書くように心がけていました
11:30〜 勉強 答案作成が終わると、ゼミメンバーは各々自分の勉強場所へと向かいます
13:00〜 昼食 一生分の牛丼は食べました
16:00〜 間食 おにぎりなどをコンビニで買って食べます
19:00〜 夕食 一日のノルマを終えていれば帰宅。そうでなければ、夕食を食べて勉強再開します。
21:00〜 帰宅 どんなに遅くとも21時ごろには自習室を後にします
23:30 就寝 試験への不安を胸に抱きつつ眠りにつきます

法曹を目指したきっかけ

私は中学生の頃に見たドラマをきっかけにして、将来は法律家になりたいと漠然と思うようになりました。高校時代に法曹を目指している友人に知り合い、その友人に感化され私も具体的に法曹を志すようになりました。

大学受験後、司法試験(旧司法試験)の勉強を始め、大学4年次には択一試験を通過することができましたが、論文試験で惨敗しました。当時は予備試験なるものがまだなかったので、法曹になるにはロースクールに進学せざるをえませんでした。そのため法科大学院へと進学しました。

合格までの道のり

在学中(〜2年後期)

既修コースで入学した私ですが、完全に法科大学院を舐めており、講義中に自習をし始めたり、やる気がなくなったなどと言って帰宅するなどしていました。そのため、前期の定期試験で統計的にみて司法試験合格は程遠いような順位をとってしまいました。そこで一念発起し2年後期から頑張ろうと思いました。

なお、2年の夏休みのうちに司法試験の短答式対策を終えました。それ以降、TKC模試などの択一模試で上位10%を切ったことはありませんでした。

在学中(3年8月まで)

基本的には法科大学院の講義の予習および復習に時間をかけていました。司法試験に出そうな部分を意識しながら、予習・復習をしました。新司法試験は論点吐き出し型では対応できないと言われていましたので、リーガルマインドを養えるように講義等に出席していました。

このころは組んでいたゼミで、定期的に司法試験の論文過去問を潰していました。夏〜秋にかけて一周はしたと思います。

在学中(〜卒業)
この時期は講義も少なくなり、自習室で論文の対策をしていました。よさそうな問題集を潰すという勉強を続けていました。
直前期(卒業〜5月)

模試の結果などを参照し、自分のいる位置が非常に危ういことを知ります。合格ラインは超えていますが、手違いで残念な結果になりそうな位置でした。そのため、帰宅し就寝する段になって「本当にこのままでいいのだろうか」と自問自答する日々もありました。普段なら布団に入って5分で眠るところが、20分ほど眠れない日もありました。

一日一通は最低でも答案を書くようにし、乱雑な文字で友人から頻りに注意されていた私は、ゼミのメンバーに自分の作成した答案の文字が読めるかどうか毎日チェックしてもらっていました。最終的に落ち着いた結論は、最初の1ページだけは比較的読める字で書く、という姑息な手段でした。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

成功したと思えることは、短答式対策をかなり初期に終えていたことです。そのため2年の夏以降は短答式対策にまとまった時間を取ることはなく、択一模試や全国模試などの直前に自分の択一知識を簡略化したノートをざっと読むだけで対応していました。

そして模試の復習をしっかり行い、間違えた肢や不安だった肢については、どのような知識があればその肢を判別できたかに注意して、これを前述のノートに書き足していきました(こうすることで情報をそのノートに一元化でき、試験直前はそのノートだけ読めば大丈夫という風にしていました)。このような工夫のおかげで、自分の苦手な論文式試験対策に勉強時間の大半を費やすことができました。

失敗したと思うことは、自分に論文の才能がなかったことです。論文が得意な友人の思考過程をもっとつぶさに分析して、自分の血肉としておけばよかったと後悔しています。また直前期の模試で選択科目がかなり良かったのにかまけて、それ以降は選択科目をまじめに勉強しなかったために、本試験では選択科目に泣かされました。

今後の抱負

ようやく法曹の土俵に立つことができました。修習を経て、自分はどの法曹を目指すべきなのかを吟味し、社会正義に役立つような法律家になれればと思っています。

LECに通ってよかったこと

入門講座は法学初心者にはとても分かりやすく、法律の勉強をしていくにあたっての礎となりました。

個人的に印象深かったのはLECの全国公開ファイナル模試の運営でした。他の予備校の全国模試はバイトスタッフ(答案モニターも兼ねる)が試験監督をするので、緊張感に乏しく、試験開始直前まで参考書を読むことができるというものでした。

しかしLECの全国模試は運営が厳しく、15分前には机上に何も置けないようになっていました。もちろん、本試験でも15分ほど前から参考書は出せなくなり、緊張した雰囲気のなかで何分も問題用紙と向き合わねばなりません。その緊張感が模試で味わえたのはLECだけでした。

PAGE TOP