LEC東京リーガルマインド・水道橋本校

【弁理士】学習経験者向け 2022年目標「短答・論文一気合格コース」

【弁理士】学習経験者向け 2022年目標「短答・論文一気合格コース」

22中上1.png

0

《短答知識完成講座》

一気合格に標準を合わせたアプローチ

・ポイント1

論文試験に関連が深い特許要件や中間処理等の「理解系」条文から優先的に学習し、短答試験でのみ必要となる総則や罰則等「暗記系」条文を後回しすることで、論文との並行学習を可能とします。

・ポイント2

関連する条文を紐付け、条文の要件・効果と共に、それと関連する知識をまとめて攻略することで、知識を「点」から「面」に仕上げていきます。そうすることで、一つ一つの知識が、問題を解く力のある「実戦力のある知識」となっていきます。

・ポイント3

受験生の多くが苦手とし、近年、論文試験でも条約が絡んだ問題が出題される傾向が続いている現状を鑑みて、下三法の講義、特に条約の講義を手厚く行い、未出の問題が出る傾向が強い頻出のPCTでは、出題が予想される規則をプラチナルールブック等を使用しながら知識の確認を行っていきます。

《論文合格答案完成講座》

答案構成の「プロセス」を徹底的に実戦解説

論文対策は、「準備」(インプット)と、「プロセス」(答案構成)が全てと言っても過言ではありません。

この講座では、初学者向け講座では弱点となる「趣旨」「判例」等の、短答知識では対応しきれないインプットも行っていきます。そして、答案構成の演習を徹底して行い、どんな問題でも時間内にシステマティックに答案構成できる納冨プロセスを伝授します。

論文作成準備編

インプットテキストである『Nフィリングシート』は、テーマ毎にその内容を簡潔にまとめた基本レジュメ集として10の厳選したテーマを掲載し、「知っている知識」から「書ける知識」を増やしていくことができる効率的なツールとなっています。また、アウトプットテキストでは、場面・テーマ毎に答案作成の練習を行い、講義でそのプロセスを実戦解説していき、徹底的に演習することで、短時間でシステマティックに答案構成ができるように指導します。

知識定着編(通信専用)

論文作成準備編で必ず学び取るべき学習上の課題(チェックポイント)を解説し、さらに他の条文、他法域とのかかわりにまで言及し、復習・発展学習を行います。また、論文作成準備編で学習した内容を効率よく復習するツールとして活用できるため、直前期チェックツールとしても活用して頂けます。


昨年度とはココが違う!

@短答講座のフォロー強化

短答講座では、通信受講のみの科目が有りますが、その科目が弱くならないように、通学講義の中でフォローしていきます。また、体系別に分類した「N式肢別問題集」を使用することで、講義で得た知識を効率的に吸収していきます。

A論文講座で新教材を導入

基本レジュメ集「Nフィリングシート」にインプット用のミニ版が登場。理解用の「詳細版」でしっかり理解し、実際に「書ける知識」として繰り返しインプットするための「Nフィリングシートmini」を併用していくことで、「正確性」と「確実性」を担保していきます。

また、コアな判例から新しい判例まで受験生として準備しておくべき判例を集めた判例集を用意。さらにアウトプットテキストに、構成演習のための事例問題を掲載。構成演習は「事案解決型」「措置型」「論述方」「手続型」のそれぞれでシステマティックにできるように練習が必要で、そのために事例問題を使用します。

21M中上3.png


納冨クラス伝統の補助教材

21M中上4.png 21M中上5.png


通学スケジュール

22中上2.png


お問合せはこちら↓

水道橋本校 03-3265-5001

弁理士 法律系

MENU