LEC東京リーガルマインド・那覇本校

 ~ 合格ストーリー  【司法書士合格までの道のり】~

~ 合格ストーリー 【司法書士合格までの道のり】~

新しいことに挑戦しようと思ったとき、どうせ自分には無理だと諦めた経験はありませんか。 無理だと思った理由は挑戦する前に、学歴・年齢・ライフスタイルとのバランスがとれない・・など、様々な壁を感じてしまったからではないでしょうか。その壁を乗り越え、見事司法書士試験に合格した方の合格するまでのストーリーをご紹介します。

40代フルタイムで働きながら1発合格

合格者

藤木 誉行 さん(40)一発合格

思いは必ず実現する。

受験回数 2回 ※お試し受験含む
出身大学・学部 静岡大学大学院 理工学研究科 システム工学専攻
主な受講講座 2018年新15ヵ月合格コース<秋生>[通学]

一貫して理科系、システム工学を専攻する.

私は1977年に岡山県津市で生まれて、両親と祖父母、そして兄と弟と私という7人家族で育ちました。小学校と中学校時代には、成績もまあまあという感じで楽しく過ごしました。父が大工たったこともあって、職人や者づくりに興味がありました。高校の通学途中に鍛冶屋があって、その影響で刀鍛治に憧れたこともあります。しかし、大学進学して会社員になるというレールから外れる勇気はなく、一応、受験勉強だけは人並みにやって、現役で静岡大学の工学部システム工学科に入学して、大学院も修了します。法律や司法書士とはほど遠い勉強をして社会に出たわけです。

  司法書士を目指した理由

2016年に公私双方で色々な事があり、40歳手前の身で今後の人生をこのまま会社員として保護された環境で働き続けるか、それとも資格を取り自らの力で改めて人生に勝負をかけてみるか考える機会があったのですが、後者を選択することにしました。 せっかく資格を取るならできる限り難しいものに挑戦したいという思いと、以前自ら登記申請を行う機会があったこともあり、これも何かと縁かと思い司法書士を目指すことに決めました。

  新15ヵ月合格コースの感想

仕事も同様なのですが、目標を達成するために重要なのはP(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)サイクルを回して日々の作業を常に改善していくことだと考えています。 特に司法書士試験のように長期的な準備期間が必要となる場合には、より大切になってきます。 新15ヵ月合格コースは非常によく考えられており、PDCAで重要な「計画」は自ら考えなくてもカリキュラムに従うだけでよく、また「評価」に関しても講座連動アウトプット、答練といった機会が適切なタイミングで用意されているため、私はただ「実行」、「改善」を行うことに専念することができました。 また「実行」時の補助ツールとして用意されている教えてチューターは、特に勉強を始めたばかりの時期にはとてもありがたいツールでした。最初は何かと疑問点が出てくるのですが、生講義時の先生への質問時間はどうしても限られてしまう部分があり、また対面だとこんなこと聞いてもいいのかなと躊躇してしまうのですが、教えてチューターでは時間的制約はなく、また文面でのやりとりなので初歩的な質問でも気軽に質問することができました。 最後に「改善」を行う際には、私の「評価」結果を元に生講義の先生および教えてチューターにて適切なアドバイスをいただくことができたので、最短ルートで試験合格という目標に到達できたと思っています。

  これから司法書士試験合格を目指す方へのアドバイス

合格するために大切なことは、まず強く「思うこと」だと思います。 思いとは、「司法書士になりたい」という希望ではなく、「必ず司法書士になる」という強い決意です。 元ヤンキースの松井秀喜さんの座右の銘に「心が変われば行動が変わる行動が変われば習慣が変わる習慣が変われば人格が変わる人格が変われば運命が変わる」というものがあります。 恥ずかしい話なのですが、私は今までの人生でそれほど強い思いを持って物事に取り組んだことはありませんでした。 そのため途中で諦めてしまい、失敗するという経験ばかりでした。 そんな私ですが、この試験に対しては「絶対に一発合格する」という強い思いを持ち続けることができ、その結果、工夫、知恵を働かせることで日々の行動を見直し、毎日長時間勉強するという習慣がつき、今までと異なり諦めることなく頑張った結果、一発合格という運命を変える結果を得ることができました。 皆さんも強く思い、自分を、LECを、講師の先生方を信じて最後まで頑張り続けてみてください。 その結果として、皆さんの運命がいい方向に変わることを願っています。

挫折から将来が見えなくなるも一念発起して短期合格

合格者

岡部 智美 さん(26)短期合格

森山講師と自分を信じて

受験回数 2回
出身大学・学部 東京経済大学経営学部
主な受講講座 2018年精撰答練レギュラーパック 2017年新15ヵ月合格コース<秋生>[通学]

専門家になりたかった

三多摩の田舎でのんびり生活を送っていた私。文学や美術、美容など他に興味のあることはたくさんあったのですが、そういう職業に就くイメージがつかめず、多摩地区にあった東京経済大学の経理学部に入学しました。経営学部を専攻したのは、どの仕事に就くにしても、経営やお金のことを知っておくのは損ではないかなとい浅はかな理由でした。大学ではゼミ活動に熱中しました。マーケティングリサーチ・分析を学ぶゼミだったのですが、このゼミは「日本学生経済ゼミナール日本外国人観光客を増加させる地域活性化プラン」がテーマの大会に応募したところ、優秀賞をいただくことができました。就職は人材業界の会社に入社しました。仕事は面白かったし、同期で一番になろうという意欲もあったのですが、体力が持たず挫折しました。休職したタイミングで、何の知識もないまま働くのではなくしっかり勉強して働きたい、何か専門的に学びたいという気持ちが強くなり、それが資格取得を考えるきっかけになりました。

 初級講座についての感想や良かった点

新15ヵ月合格コースは、何から勉強をすればいいのか、どの教材を使えばいいのか、演習はどうすればいいのか、どのくらい時間をかけるべきなのか、といった初学者の不安や悩みを一挙に解決してくれるコースだと思います。 インプットからアウトプットまでカリキュラム通りに進めていけばいいという安心感があり、勉強以外で悩む無駄な時間やストレスを抱えずにすむと思います。 ブレークスルーも合格に必要な知識は網羅されていて、他のものには手を出さずに試験当日まで勉強できるものでした。 一見分厚く大変な分量に感じますが、重要部分、必要な部分は講師から指摘があるため、メリハリをつけて学習することができました。

 初学者でも合格できる!

今、自分の人生に司法書士として生きるとい軸ができたことが何よりも幸せです。試験突破の達成感、これからずっと法律の勉強を続けていける喜び、勉強を始めたとこにはなかった「やろうと覚悟を決めれば何でもできるかもしれない」という自信と希望が、いま私にあります。そして、変な言い方ですが、司法書士を目指し試験勉強を始めた自分自身に感謝したいと思っています。でもまたここからおごらずに邁進しなければいけないなと、自分を律する気持ちも同時にあります。「合格すると人生が変わる」とよく勉強中、耳にすることがありました。本当に今、パーッと視界が開けたような感覚です。プロの先生方を信じ、勉強方法や試験対策の指針を守りながらその中で自分に合ったやり方を見つけてください。まったくの初学者で人生経験もなかった私でも合格できたように、きっと喜びの日を迎えることが出来ると信じています。

子育てと両立しながら短期合格

合格者

田中 みゆき さん(43)短期合格

子育てしながらでも上位で短期合格は可能です

受験回数 2回
出身大学・学部 県立高等学校
主な受講講座 2018年パーフェクトローラー合格パックNEO 2017年新15ヵ月合格コース<秋生>[通信]

子育てしながらでも上位で短期合格は可能です

高校を卒業していくつかのアルバイトを経験しますが、どこでも「あなたの代わりはいくらでもいる。辞めてもらても構わない」という空気が十万していました。そんな態度の大人には腹立たしさを感じましたが、同時に、社会の厳しさに気がつかずに過ごしてきた自分の甘さにも腹が立ちました。そこで手に職をつけるために職業訓練校の測量土木科で、専門的な知識や技能を学んで、建設業界で働き始めます。一級・二級土木施工管理技士、測量士補、そして宅地取引主任者の資格を取得します。宅建士は独学で始めましたが、資格試験の勉強方法がよく分かっていなかったので、不合格になってしまいます。そこで予備校を探してLECに出会いました。言われたとおりに勉強したら、問題なく合格できたので、やっぱりノウハウがあるLECで勉強して良かったと思いました。

  学業、仕事、育児などとの両立

子供がまだ小さく手が掛かり、まとまった時間の確保が難しかったため、髪を乾かす時に『雛形コレクション』を音読して雛形を覚えるとか、台所仕事をしながら苦手だった会社法・商登法の講義を聞き直したりして、スキマ時間を無駄にしないよう心掛けました。図書館等に行く時間がもったいなかったので、専ら自宅での勉強でした。まとまった時間がなくても、学習環境が整わなくても、家族の協力と自分次第で勉強は可能だと思います。

  通信でも先生とつながりがあるので安心

私は一貫して通信講座で勉強しました。私が新15ヵ月合格コース〈秋生〉の佐々木クラスを選択したのは、スケジュール的にインプットが通信でも年内に終わるからでした。 年明けからの答練を組み込む事で、一発合格に近づくとアドバイスされたからです。 佐々木先生の講座を受講すると、先生自らメールの質問に答えて下さって、田舎でライバルも仲間もいない中の受験生活でも、高いモチベーションを保つ事ができました。 通信での受講だったので、2倍速で視聴しました。 ブレークスルーは余白があり、講義の際の書き込みや合格ゾーンの解説にある不掲載の判例等を書き込んだりしました。 またブレークスルーと講義ノートをばらして、26穴パンチで穴をあけ1冊にまとめ、全ての情報を集約させました。

  息子のTシャツの匂いで、お母さんは合格!

子育て受験生としてできることはすべてやったとい気持ちで、筆記の本試験前日を迎えました。しかしさすがにおちつきません。佐々木先生に「あなたなら。試験会場でぶっちぎりになれるはずだから!」と言ってもらった自身と息子のTシャツをカバンにつめて試験会場に向かいました。試験の開始直前に息子のTシャツの匂いを嗅いで心を落ち着かせて、試験中は120パーセントの力をだそうとせず、「いつも通りの自分で」と心の中でつぶやきながら試験問題を解きました。私はエリートとはほど遠い人生を送ってきたので、要領よく生きられない人の気持ちがわかります。江津市の皆さんの役に立って愛される司法書士になりたい、そう考えています。

学生時代に大きな目標を掲げて一発合格

合格者

柳 至朗 さん(24)一発合格

ウェイウェイ大学生活から一転、LECで始めて新しい人生が始まりました!!

受験回数 1回
出身大学・学部 岡山大学法学部
主な受講講座 2018年新全日制本科コース[通学]

高校生活の理不尽な経験から法律家を目指す

私は岡山県岡山市で生まれて育ちました。大学も岡山大学だったので、生まれてから現在にいたるまで、県外で暮らしたことがありません。高校では硬式野球部で頑張りながら、学級委員に当たるクラスルームの室長を務めたり、評議委員会の議長や学園祭の団長も努めました。一言で自己紹介すると「目立ちたがり屋」です。学園祭などでは羽目を外しすぎて、生徒指導の先生や部活の顧問に絞られるのも日常茶飯事でした。「またお前か」と頭ごなしに怒られることも少なくありません。納得できないときは反論したので、生意気だとおもわれてさらに絞られて、煮え切らない気持ちだけが残りました。

結局、いくら生徒が正論を主張したところで、是非善悪を判断するのは教師で、「またお前か」「生意気なヤツだ」と理不尽に処理されてしまうわけです。議論にならない。たとえ議論になったとしても上下関係で決着がつく。この構造を痛いほど思い知らされた私は、「立場の弱い者が意見を受け入れてもらうためにはどうすればいいのか?」と悶々と考えて、たどり着いた答えが「自分が法律家になる」というものでした

  司法書士事務所で実務を経験する

自分で事務所を探して飛び込みで雇ってもらいました。面接のとき、「いま受験勉強中です。実務を経験させてください」と言って採用してもらいました。後になって採用した理由を、「何か感じるものがあった。一発で受かる予感がした」と司法書士の先生は笑って教えてくれました。決済の現場を何度も経験させてもらい、また相続や商業の案件では、担当者として打ち合わせの段階からたずさわりました。講義で覚えた知識が現場で役立ったときなど、アルバイトにも受験勉強にもやりがいを感じました。

  アルバイトの日は1日5時間はキープ

参考になればと思い、私の一日の勉強時間を具体的に紹介しましょう。アルバイトがある日は、6時半に起床して1時間ほど勉強して事務所に向かいます。9時から17時までアルバイトですが、昼休みに30分ほど勉強します。アルバイトが終わると、帰り道のカフェで2時間から3時間ほど勉強しました。帰宅後は寝る前に1時間ほどやりました。1日5時間程度の勉強時間でした。

自分のペースに合わせて受講できるWEBフォロー講義

受験勉強のペースがつかめた10月以降からは、自由に停止や再生ができるWEBフォロー講義を使う自宅受験に切り替えました。受講する時間や休憩のタイミングなど自分のペースで自由にすすめられます。講義に合わせてペースをつくるのではなくて、ペースに合わせて講義を聴くことができるわけです。

  全員が人生をかけて、ここにいると思うと鳥肌がたった。

筆記本試験当日を迎えました。緊張することなく会場に入りましたが、受験生の年齢層は幅広く、「全員が人生をかけて、ここにいるんだ」と思うと鳥肌がたちました。動じることなく、むしろ「ついにこの日がきたか」と思いました。明日から新しい人生がはじまるという高揚感もありました。事務所にはこのまま働かせていただくつもりです。そして一日もはやく、「法律家として一人前になったな」と言っていただけるようになりたいです。そこはどのような景色で、どのようなことを思うのか、次に目指すものは何なのか、それが分かるときを楽しみに、今はただ頑張るのみです。

司法書士

MENU