LEC東京リーガルマインド・名古屋駅前本校

2021年度合格者の皆さまへ、東海地区士業界の先達の先生方よりメッセージ

2021年度合格者の皆さまへ、東海地区士業界の先達の先生方よりメッセージ

弁理士の合格発表が有り、新たに飯田先生からお祝いのお言葉を頂戴いたしました!

 2021年度合格者の皆様へ

 合格おめでとうございます! 
合格者の皆様の今後のご活躍を祈念しております!

今年も東海地区重鎮の先生方から、これから東海地区の士業界を担っていく皆様の前途を祝して、お祝いのお言葉をいただいております。是非、ご覧ください。

先達からのお言葉を胸に、実務家としてご活躍されることを期待しております。

LEC名古屋駅前本校 スタッフ一同

 

先達からのお言葉

◆弁理士

国士舘大学名誉教授(前理事・前副学長)
日本弁理士政治連盟副会長 弁理士 飯田昭夫先生より

コロナ禍での変則的な日程の中で頑張られた皆さん
弁理士試験合格!本当におめでとうございます!
資格を有すると、責任がかかってきます。
11つ丁寧に実務を学び、顧客のため、日本の知財のために今後頑張っていただきたいと思います。

◆司法書士

愛知県司法書士会名誉会長 松崎定守先生より

 合格おめでとうございます。
期待に胸を膨らませていることと思います。
しかし,残念ながら飯は食えないでしょう。2年や3年では無理、苦節10年はかかるかもしれない。自分が描いた理想を追い求めれば求めるほど飯は食えない。
 開業40年を過ぎた私、今日は日曜なのに午前,午後と依頼人のところへ出向き相談にのってきた。いずれも親亡き後の遺産相続の相談である。
午前は障害者の子を持つ親の相談、午後は将来の相続税を考えた遺言の相談。1時間以上じっくり会話をし、宿題を貰って帰ってきた。さてさて、今週は忙しくなるぞ。
昔のように銀行の仕事など滅多になく最近の日常はこんな具合である。これでは飯が食えない。それでもなぜか楽しい。悩みを解決してあげた後の依頼人の喜ぶ顔が今から眼に浮かぶ。
 どうかこれからの長い人生、高い志と誇りを持って悔い無きよう生き抜いてほしい。

                       

愛知県司法書士会会長 細井久史先生より

 令和3年度司法書士試験の合格、誠におめでとうございます。
 コロナ禍の中、これまでにない試験勉強、試験対策を余儀なくされたと思いますが、この状況を乗り越えて合格されたことは、これからの司法書士人生に必ずプラスになることと思います。
 急速に進みつつあるデジタル社会の中、司法書士を取り巻く仕事環境も大きく変わる可能性があります。
 どのような状況下でも、初心を忘れず、国民の信頼にしっかり応えることができる司法書士として成長されることを期待しています。


◆社会保険労務士

愛知県社会保険労務士会名誉会長 鬼頭統治先生より

 今年度(第53回)社会保険労務士試験合格、誠におめでとうございます。合格率は7.9%と昨年より1.5ポイント上がりましたが、依然として厳しいものであります。皆さんはそれを乗り越えられたという事で大変優秀であります。心よりお祝いを申し上げます。
社労士制度は今年で制度創設53年になります。
 孔子が晩年に記した「論語・為政」の中で「五十にして天命を知る」と記されています。意味は口語的に言えば、「50歳にして天命を知るとは、50歳になって、天から与えられた自分の使命を悟るようになるということ。」です。ここで、改めて「社労士法」が何故法制化されたのか、何故まだ新しい士業でありますが社会的に高い評価を受けているのか。社労士の使命は何か。ということをよく考えて頂きたいと思っております。そして、今後、社労士業に携わる者としてこの先の人生を見つめて、社労士業に邁進していかれることを願っております。
 今後は社労士業務の中で「定型業務」がAIにとって替わるとも言われておりますが、社労士業界を取り巻く環境がどんなに変わろうとも、社労士の使命が変わることはありません。今回、合格された皆様の今後のご活躍を心よりご祈念申し上げまして、私のお祝いのメッセージとさせて頂きます。

愛知県社会保労務士会会長 杉田貴信先生より

 令和3年度 社会保険労務士試験 合格おめでとうございます。
 令和3年度53回社会保険労務士試験は8月22日に新型コロナウイルス感染の緊張した中、全国19都道府の会場で実施されました。受験者数37,306人のうち合格者数2,937人、合格率7.9%という狭き門を皆さんは見事、突破されました。
 この合格は皆様にとって、大きな自信と励みになるはずです。そして、皆様は社会保険労務士という無限の可能性を秘めたステージに立たれました。
 社会保険労務士制度は社会保険労務士法施行後53年を迎え、その間、8度にわたる法改正を経ました。改正のつど、社会保険労務士の地位、権限は確実に向上してきています。
 新型コロナウイルスによる影響で、派遣労働者の派遣切り、解雇等による雇用保険失業給付等の相談業務、解雇を避けるための雇用調整助成金も大幅に緩和され、社会保険労務士の社会的必要性がますます見直されているところであります。 
 今後、合格者の皆様には、無限の可能性を秘めた、社会保家労務士として、大きく飛躍されることを願っています。そのためには、合格という現状に満足することなく、更なる挑戦、自己研鑽を地道に継続して行うことが必要となります。
 合格者の皆様方のご健勝、益々のご発展をご祈念いたします。

MENU