LEC東京リーガルマインド・町田本校

公務員合格アドバイザー 町田本校担当 矢崎さんからのアドバイス (専門科目編)

町田本校の公務員試験合格者アドバイザーの矢崎さんからのアドバイスです。

矢崎さんは神奈川県庁と国家一般職を最終合格されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●憲法 得意な人が多いかもしれません。私は判例をドラマのような感じで思い出せるように、楽しみながら勉強できました。統治の分野も出るところが繰り返し出題されているので、過去問を中心に何度も繰り返してみてください。よく出る統治の分野はまとめノートを作成し、電車の中など頻繁に確認していました。

●民法TU 苦手な人が多いと思います。基本的なところに焦点を絞って取り組んでみても良いと思います。まとめノートを作成し、図や一覧表などにして全体像をつかみながら学習しました。それぞれの知識をばらばらにしておぼえるのではなく、意思表示や家族法などの単元は比較しながら、おぼえられるようにしました。

●行政法 行政法は、個人的に苦手でした。全体像をつかむのが難しく、単純暗記になりやすいと思います。そこで、樹形図や表にまとめて関連付けながら覚えるようにしました。まずは最後まで受講してみましょう。全部が終わって全体像がつかめてからの方が勉強しやすいと思います。国賠や判例のところは、よく出題されますし、優しいことが多く、似た問題が繰り返し出題されているので取りこぼしなく、問題集で勉強しましょう。

●経済原論(ミクロ、マクロ) 私は最も苦手でした。苦手すぎましたが、基本問題だけでもと思い取り組んでいましたが、国家一般職ではミクロもマクロも捨てる羽目に...。それでも、特別区や他の試験種では得点できることもあり、捨ててたら合格はなかったと思います。出題数も多いので。そこで、私と同じく苦手な人は、問題集ではなく経済原論Pで丁寧に解説してもらった問題150問を完璧に出来るようにしてみてください。基本問題が多いのですがそれでも難しいので、何度も何度も解きなおしました。特別区では基本的な問題後多いので、苦手な人でも捨てずにチャレンジしてみてください。問題集はその後に余裕があったらやってみてもいいと思いますが、難易度の差が大きいのでできる問題だけ練習するという具合でいいと思います。 さらにさらに苦手という人は、理念の問題やグラフの問題だけはやっておきましょう。社会科学でも出題されるので、計算以外は全員必須と考えてください。といっても、難しいところは捨ててください。社会科学では超基本問題が多いです。ですので、経済を全部捨てるというのはよっぽどのことがない限りお勧めできません。ミクロマクロの問題集ではなく、社会科学の問題集だけやるのも本当に苦手な人は有りだと思います。専門の経済にも役立つと思います。(特に特別区は問題のつまみ食いができますので!)

公務員 地方上級・国家一般職

MENU