LEC東京リーガルマインド・新宿エルタワー本校

【弁理士】宮口聡の『理想と現実』答案 論文過去問24年分 新宿でお申込なら教材はその場でお渡しできます!!

【弁理士】宮口聡の『理想と現実』答案 論文過去問24年分 新宿でお申込なら教材はその場でお渡しできます!!

最新の改正(H30改正・TPP改正・R1改正)にも対応!
【LEC弁理士】宮口聡の『理想と現実』答案 論文過去問24年分 プロモーション動画

宮口講師の論文過去問24年分の分析『現実』と『理想』の

アプローチが異なる2つの宮口答案で過去問対策

1.jpg

1.「現実答案」で少なく書いて、合格点を取る
最近の論文試験の問題は長文化傾向にあります。特に、特許・実用新案法では、問題文が長い上、設問数やきかれている論点も多いです。考える時間を減らしては、積極ミスや題意把握ミスが生じ易くなりますが、考える時間が長かったとしても余計なことを書かなければ、最低限の合格答案は書けます。要は、「潔さ」です。その極意を伝授すべく、端的な表現を駆使して仕上げた「現実答案」を通じて、少なく書いて合格点を取るためのコツを掴んでください。
2.「理想答案」で理想を知り、合格点を取る
論文答案は少なく書いて合格点を取るに越したことはありませんが、それは真の理解がなされているからこそ端的に書けるのです。真の理解のためには、基本書の表現を出来るだけ忠実に覚え、理解することが大切です。
さらには、現場思考力を駆使しつつ深く論述しなければならない場面もあります。そこで、流れ・バランスを意識しつつ、然るべきところで大技を繰り出し、深みを出している「理想答案」を通じて、答案を膨らますテクニックを学び、合格点を取るためのコツを掴んでください。

改正対応

最新の改正(H30改正・TPP改正・R1改正)にも対応!
近年の改正により、これまでの模範答案も大きく変わります。本講座で取り扱う過去問については、改正対応が必要な答案については、全てモデファイしているのはもちろん、新たに発刊された青本や改正本に基づき、理由付け等も必要に応じてアップデートいたします。
【改正・質問対応回】とは?
万一、更なる改正があった場合の改正対応回を設けています。また、毎年受講生から多くの質問を受け、受講生の答案を実際に添削する機会があります。そこで気づくのは、皆がつまずくポイントは似ているということです。この皆が陥りやすい部分を重点的に解説します。いわば補講的な意味合いで2回講義がついていると思ってください!

新宿でお申込の方はその場で教材をお渡し出来ます(初回発送分)

※ご用意している教材は数に限りがございますのでお早めにご来校ください。

お申込ご検討の方は是非!!新宿エルタワー本校へお問合せ下さい(03-5325-6001)

弁理士

MENU