0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
小澤 宏美さんの合格体験記

小澤 宏美

小澤 宏美さん

2018年度宅地建物取引士試験 合格
受講講座 2018年宅建プレミアム合格フルコース【通学】
2018年度賃貸不動産経営管理士試験 合格
受験回数 1回一発合格
受講講座 2018年賃貸合格スタンダードパック【通学】
2018年度理業務種主任者試験 合格
受験回数 1回一発合格
受講講座 2018年50日間で管業合格!超短合格ロードパック【通学】

宅建知識をこの試験だけで終わらせるのはもったいない思い受験を決めました

宅地建物取引士(以下、宅建)受験の前に、せっかく身につけた知識をこの試験だけで終わらせるのはもったいないと思い、また宅建合格発表までの2か月の間何もしないことに不安を覚え、LEC新橋校の先生方に宅建の知識を活かした関連資格について相談しました。
宅建受験後(10月21日)の同年に受験出来る資格をいくつか紹介されましたが、私が選んだ資格は、賃貸不動産経営管理士(11月18日)、管理業務主任者(12月2日)でした。

講義で宅建との違いを説明してくれ、管業試験の設備を深追いしていけないと指導されたことは正しい戦略だと思いました

宅建受験で勉強時間、方法は身についていましたが、宅建試験後の各試験までの期間が短いため、宅建試験よりも勉強をしたことを記憶しています。
私は宅建試験後、燃え尽きて、10日間くらい何も勉強しませんでした。賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者ともに通学予定でしたが、時間がなく通信で受講しました。今思えばあの時、すぐに始めておけば良かったと悔いは残りますが、逆に時間のなさに気付き、自分を追い込めたのかもしれません。
管理業務主任者の方が賃貸不動産経営管理士より難易度が高いため、先に勉強を進めました。宅建と2つとも類似するところが多々ありましたが、勉強を進めるにつれ、各資格ともに相違が出てきてかなり困惑しましたが、どの講義も宅建との違いを説明してくれ、理解しやすかったです。
賃貸不動産経営管理士の教科書は1,000頁以上ととても分厚く、試験までに網羅出来るか不安になりました。書店では参考書なども販売されていましたが、教科書から過去問が出る傾向であると知り、教科書とLECの教材中心に勉強することにしました。LECの教材には教科書のどこのページから出ているか記されていたので、過去問をした後、該当箇所にマークをしてどこがキーポイントなのか分析して理解を進めました。
管理業務主任者の教科書は管理業務主任者とマンション管理士が一緒となっており、3冊に分かれていたため、一通り理解した後、自分でわからないところを整理しながらノートを作成しました。
もともと宅建の時から民法が苦手で、LECの先生方からは基礎だけ分かっていれば深追いしてはいけないと指導されていました。管理業務主任者試験の設備も同様、基礎さえ理解していればみんな出来ないのだから深追いしてはいけないと指導されていたことは正しい戦略だと思いました。

2つの資格に共通してしたこと
①講義を受ける
②過去問を解く(3回以上)
③なぜ解けなかったか教科書に戻り理解する
④どの試験も過去問アプリがあるので、隙間時間を活用する
直前期には
⑤壁一面に覚えなければいけないことを貼り付け、お風呂にも持ち込み、嫌でも覚える時間を作る
⑥覚えられないところや理解が乏しいところは自分でノートを作成して、自分なりに理解できるようにする

本試験当日には自分は受かるとイメージトレーニングをして、最後まで諦めなかったことが合格を導きました

10年以上資格試験を受けてない心配性の私は、試験当日の荷物は見る時間は限られているにもかかわらず、お守りのように今まで勉強した教科書とノートを持っていきました。
試験当日には1時間以上前に到着するように心がけ、会場の間違えや電車乗り過ごししても焦らず到着しました。周囲の雰囲気はもう何か月も前から勉強を始めている人、マンション管理士と並行して受験している人、記念受験の人など様々いましたが、自分が今までしてきたこと、LECから教わったこと、各先生方のお言葉を信じ、会場の雰囲気に飲み込まれないように早めに到着しておくように心がけました。試験直前では、いつも緊張しがちでしたので、すらすら問題が解け、自分は受かるとイメージトレーニングをしました。
本試験では賃貸不動産経営管理士の場合、過去問と類似する問題もあり、焦らず解くことが出来ました。
管理業務主任者の本試験の場合、試験後、LECの先生方ともお話させていただきましたが、過去の問題と異なり「これが答えで良いかな?」という問題が多く、確実にこの答えは合っているという問題が少なかった印象があります。問題を最後まで解いて、後回しにした問題は半分以上とかなり焦りましたが、繰り返し読み返すと何を意図しているかわかうようになり、最後まで諦めなかったことが合格へ導けたのかと思います。

独学ではわからない効率的勉強法を教えてくれたことや仲間ができたことも通学の良さだと思います

独学では自分で時間を有効活用出来ますが、どこが重要か、またわからないことを自分なりに理解して進めていたと思います。通信でも自分がわからなかったどうでもいいところにずっと引っかかって前に進めなくなることもあり、効率の良い勉強方法ではありませんでした。
LECの講座では過去出ていたところ、出そうなところ、重要なところを丁寧に説明してくれます。講義を受けた後も、わからないところは先生方に質問をすると丁寧に教えてくれます。勉強方法を教えてくれたことや仲間が出来たことも良さだと思います。

亀田先生
最後の講義だけしか受けなかったにもかかわらず、合格発表の時まで親身に心配してくださり、勇気付けられました。途中諦めかけていて最後まで頑張れたのは亀田先生のアドバイスがあってこそ、管理業務主任者試験を合格することが出来ました。ありがとうございます。

両試験を通じて心かげたことを合格を目指す方への応援メッセージとしてお贈りします

宅建から始まり、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者の試験を通じて以下のことに心がけました。

  • ①早めに始める
  • ②学習環境を整える
  • ③仲間を作る(SNSでも可)
  • ④学習プランと計画を立てる
  • ⑤何度も復習する
  • ⑥試験本番では必ず見直す時間を作り最後まで諦めない

最後になりますが、独学では決して試験に挑めないとわかっていた私は、LECの諸先生方にお世話になり、何とか合格することが出来ました。各講座や模試が良い意味での強制力や刺激になったと思います。
ありがとうございました。

PAGE TOP