証券アナリスト

証券アナリストとは?

証券アナリストとは、高度の金融技術を応用し、各種情報の分析と投資価値評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッションのことをいいます。
証券アナリストは、1920年代の米国で発祥したFinancial Analystに由来しますが、資本市場の自由化、グローバル化、機関投資家の成長、新しい金融商品や投資手法の誕生などに伴い、世界各国で急速に発 達し、現代的な投資社会において欠くことのできないプロフェッションと目されるようになっています。

証券アナリストの業務

近年、資本市場の発達と高度化に伴って、証券アナリストの所属する業態は大きく広がるとともに、それぞれの分野においては一層の専門化が進んでいます。 例えば、証券会社の調査部門などに所属し、産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価を行うのがリサーチ・アナリスト(狭義の証券アナリスト)です。一 方、投資信託・投資顧問、信託銀行、保険などの機関投資家には、さまざまの投資目的に合った証券を組み合わせて、総合的な資産運用に携わるポートフォリ オ・マネジャー(ファンド・マネジャー)という専門職がいます。 このほか、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケット・アナリストなど、それぞれの職能に応じた呼称もあります。 このように、今日の証券アナリストは、一連の投資意思決定過程に参画するプロフェッションを総称するものとなっています。

証券アナリストの魅力

1.ファイナンシャルプロフェッション

金融の自由化・規制緩和・国際会計基準への移行・新しい企業統治・リスク管理の模索など、金融界を取り巻く環境はめまぐるしい変化をとげています。このような状況下で、アナリストは金融業界のプロとして需要が非常に高くなっています。

2.IR分野におけるニーズの高まり

上場企業の中には、投資家の信頼を得るべくIR活動に力を入れる企業が多くなっています。IR分野におけるアナリストのニーズが非常に高くなっています。

3.株式公開

ベンチャー企業が次々と成長する中で、株式公開業務の重要性が高まっています。アナリストは株式公開の分野でもニーズが高まっています。

4.社会的地位と報酬

トップアナリストと呼ばれる、マーケットに評価されているアナリストの社会的地位は非常に高く、高額の報酬を得ています。 彼らは独創性を発揮して、グローバルマーケットへ絶大なる影響を与えています。

どんな人が受験するか

投資関連業界に勤務する人が圧倒的に多くなっています。
主に証券会社、銀行、投信委託・投資顧問、生命保険・損害保険などです。 平成13年からは受講条件である学歴制限が撤廃されたため学生の受験者も増えつつあります。

資料請求、お申込みのお問い合わせはお気軽にどうぞ

オンラインから受講お申し込み

LECへのご質問