文字サイズ:
樋口の個別指導塾

TV会議でFace to Face!司法書士なんでも相談会

対象試験種

  • ・司法書士(全科目)
  • ・行政書士(民法・憲法・商法・会社法)

  • ・宅建士(権利関係)
  • ・公認会計士(企業法・民法
  • ・不動産鑑定士(民法)

  • ・土地家屋調査士(民法)
  • ・公務員(民法・憲法)
  • ・その他法律系試験種

ハイテク合格請負人

樋口 正登LEC専任講師

Masato Higuchi

プロフィール

樋口講師

90年司法書士試験合格。新15ヵ月合格コースを受講して、社会人受験生としての短期合格を自ら実証した。宅建とFPも取得。合格後に、実務も経験したが「講義のほうが生き方にあってる!」との思いから、現在は講師に専念。講師ブログやインターネットフォローを前面に出した指導法で多くの受講生の支持を得ている。

難化する試験に対応!

樋口のスリーステップQ&A講座
他の受験生が持つ「疑問点を情報共有」&「関連情報を徹底検証」!

講師からのメッセージ

2015年向け「最後にここもチェックしよう!」「効果測定」多少なりとも、受験生の皆さんのお役には立てたのではないでしょうか?

受験生の皆様このような不安を抱えたことはありませんか?

  1. 自分の勉強方法は正しいのか?受かる気がしない!
  2. こんなに勉強しているのに、どんどん忘れる!
  3. 講座は取っている!なぜ?点数が伸びないのかが分からない!
  4. 独学せざるを得ないが、どうすべきかが分からない!

結論

悩みを解決し、合格に導くのが
樋口の個別指導塾

お問合せ・ご予約は…
LECコールセンター

メールでのお問合せ(24時間受付可。標準回答時間72時間以内)

※Lカード番号・ご氏名・お電話番号・ご質問内容をお書き下さい。

※詳細のご確認のため折り返しのお電話をさせていただくこともございます。

POINT1
1対1の完全個別対応。「世界に唯一あなたの合格法」
をホットラインでプロデュース。
POINT2
「法律のLEC」の中でも、本試験を知り尽くした
樋口講師が自ら責任指導。
POINT3
学習開始前から、受講生・独学生・他社受講生まで
幅広く対応。全ての司法書士受験生のニーズに応えます。
POINT4
完全予約制。予約時、お困りの点を事前にお聞きして、密度の濃い対応をします。

サービス内容

学習前も
  • ○学習方法の確立、時間の確保などベストプランの策定
  • ○あなたにとってベストの教材、講座選び
  • ○教材・講義を120%活かす方法
  • ○行政書士、宅建士などとのWライセンスに関する相談
  • ○最新の試験傾向分析
学習中も
  • ○スランプ時のモチベーションサポート
  • ○LECの教材・講座に関する内容面の質問にも対応2〜3日、お時間をいただく場合もあります。
  • マンツーマン、「ソクラテスメソッド」による個別指導一方的な答えではなく、対話によっても結論を導き出す手法
お問合せ・ご予約は…
LECコールセンター

メールでのお問合せ(24時間受付可。標準回答時間72時間以内)

※Lカード番号・ご氏名・お電話番号・ご質問内容をお書き下さい。

※詳細のご確認のため折り返しのお電話をさせていただくこともございます。

個別指導塾 実施スケジュール

  • ※1回30分、各日定員10名様までとさせていただきます。定員に達した時点で予約の受付を終了させていただきます。お早めにご予約下さい。
  • ※以下、各回個別指導塾実施日の前日までにご予約下さい。
お問合せ・ご予約は…
LECコールセンター

メールでのお問合せ(24時間受付可。標準回答時間72時間以内)

※Lカード番号・ご氏名・お電話番号・ご質問内容をお書き下さい。

※詳細のご確認のため折り返しのお電話をさせていただくこともございます。

利用者の声

  • ○本試験直前の樋口先生のアドバイスが大変励みになり、落ち着いて試験に臨むことができました。本当にありがとうございました。
  • ○7月以後は、実施がもうないと思っていました。安心しました。
  • ○来年にむけ早目にスタートしたいと思っております。樋口先生は、講座はなさらないのですか?
  • ○地方都市在住で、なかなか、講師と話せる機会がありません。樋口先生のアドバイスはとても励みになります。
  • ○行政書士の質問にも的確に答えていただきました。
  • ○講座担当の各講師の講義の特徴や強みについても詳しく教えてくださり、大変助かります。
  • ○樋口講師に似た教え方をする講師の講座があれば受講したい。
  • ○すぐに疑問を解消してくださり、本当に助かっています。
  • ○解りにくい内容を、解りやすく教えてくださり、理解が、頭に、残り易い、教え方の先生です。
  • ○一生懸命やらないと合格しないこの試験で、先生も一生懸命対応してくださっているのがわかる。
  • ○樋口講師の回答は、正確・丁寧・秀逸です。長い講師歴が生きており、質問者の疑問に的確に答えています。
  • ○なかなか、誰もはっきりといってくれないようなことを、明確に教えてくださり、とても有難い。学習を進める上での迷いが解消できた。

最近あったご相談と樋口先生の回答

司法書士試験「択一ターゲット攻略講座 民法」に掲載の問題についてご教示ください。
【問題文と解答】
問題文は、「Aが、Bに対して、Cから甲建物を購入するための代理権を付与した後、BがAの代理人としてCとの間で甲建物を購入する旨の契約を締結した場合において、当該売買契約を締結した当時、甲建物に瑕疵が存在し、Bはその瑕疵の存在を知っていたが、Aはその瑕疵の存在を過失なく知らなかったときは、Aは、Cに対して瑕疵担保責任を追及することができる」とあり、解答は「×」となっております。
【質問事項】
この解答は、特定の法律行為ではないから、代理人基準で判断するという趣旨と考えました。一方、講義では、担当講師が「『甲建物を購入』といっているから、特定はしている。また、『Aは過失なく知らなかった』といっているから、本人は善意だ」と説明されていました。こちらは、本人基準を念頭に説明されたのではないかと理解しています。個人的には、担当講師のお考えのとおりで、解答は「○」になるのではと思いましたが、何か思い間違いをしていますでしょうか?
樋口先生の回答
本問の場合、結論としては「本人Aは、相手方Cに対して瑕疵担保責任は追及できない」とする判断が妥当です。 Cから甲建物を購入する代理権を付与・・・ということは、客体は特定していますし特定の法律行為と認定できます。その場合には、101条2項の適用が問題となりますが、この条文は「代理人に対して客体を購入させないことも可能である」点に重きを置くもの。つまり、瑕疵を過失なく知らなかった本人Aには101条2項は適用できないということになります(この点は、101条2項の文理から明らか)。2項の適用がなければ、あくまでも1項で処理することになりますので、代理人Bが瑕疵を知っていたのであれば、本人Aは相手方Cに対して瑕疵担保責任を追及することはできないことになります。
お分かりでしょうか?担当講師は「特定の法律行為ではあるが・・・」という説明をしたのではないでしょうか?では、引き続き頑張られて下さい。

その他ご相談と樋口先生の回答を見る

お問合せ・ご予約は…
LECコールセンター

メールでのお問合せ(24時間受付可。標準回答時間72時間以内)

※Lカード番号・ご氏名・お電話番号・ご質問内容をお書き下さい。

※詳細のご確認のため折り返しのお電話をさせていただくこともございます。

TOPICS

TV会議でFace to Face!
司法書士なんでも相談会(参加無料・要ご予約)

樋口先生・各地の受験生が参加するTV会議を本社ビル・LEC本校・提携校を繋いで実施。直接顔を合わせ先生に相談することが出来ます。

※「答練問題」などの内容的なご質問については、Lカード番号・ご氏名・電話番号・ご質問内容を、 事前に「メール」でお送り下さい。

対象校

長崎本校佐世保駅前校(提携校)京都駅前本校滋賀草津駅前校(提携校)
福井南校(提携校)東京八重洲口校(提携校)和歌山駅前校(提携校)松江殿町校(提携校)

事前に必ず、LECコールセンターまでご連絡・ご予約下さい。お客様のご予定と先生のご対応可能日程の調整をさせて頂きます。

※「答練問題」などの内容的なご質問については、Lカード番号・ご氏名・電話番号・ご質問内容を、 事前に「メール」でお送り下さい。

個別指導塾対応!メルマガ配信中

本試験の「予想論点」や「典型判例」など、樋口先生が自らまとめたメルマガを配信しています。 「まぐまぐ」から発行される「無料メルマガ」です。携帯・PC双方に対応しております。
ご登録はこちら(登録無料)!
従前のメルマガ(講師のお仕事あれこれ by 樋口正登)を名称変更したものなので、すでにご登録いただいている方は別途の手続は必要ありません。

おすすめブログ「樋口正登の法律好きるあっぷ!」

講義のポイント、イベント情報、世間話などを書いております。
樋口正登の法律好きるあっぷ!ブログはこちら

本試験を勝ち抜くために! 樋口オリジナルコンテンツ

樋口のスリーステップQ&A講座
他の受験生が持つ「疑問点を情報共有」&「関連情報を徹底検証」!

お問合せ・ご予約は…
LECコールセンター

メールでのお問合せ(24時間受付可。標準回答時間72時間以内)

※Lカード番号・ご氏名・お電話番号・ご質問内容をお書き下さい。

※詳細のご確認のため折り返しのお電話をさせていただくこともございます。

ページTOPへ

ページTOPへ

資料請求・無料体験のお申込お問合せはお気軽にどうぞ

  • 資料請求
  • オンラインから受講お申込
  • 資格説明会
  • 無料体験
  • 無料試聴
  • お問合せよくある質問