0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

赤松 直哉 LEC専任講師

LEC専任講師

司法書士試験を知り抜いた匠

Akamatsu Naoya 赤松 直哉 LEC専任講師

担当
開講日 京都駅駅前本校
全体構造編
2019年4月7日(日)
4月17日(水)
5月8日(水)
民法
5月10日(金)
6月9日(日)

講師プロフィール

大学卒業後、大手進学塾で常勤講師として勤務。
LEC「15ヵ月合格コース」を受講し、1回目の受験で司法書士試験合格を果たす。司法書士事務所勤務を経て独立開業。現在、初学者向け「新15ヵ月合格コース」をはじめ、「実践力Power Up講座」や「赤松式!記述攻略徹底ゼミ」など学習経験者向け講座を幅広く担当。講義のわかりやすさと親切丁寧な指導は、多くの受講生から圧倒的な支持を得ています。

講師からのメッセージ

みなさんこんにちは。LEC 専任講師の赤松直哉です。
司法書士試験は確かに難関試験ですが、短期合格者もたくさん出る試験です。私も法律知識ゼロから、LECで勉強し、1回の受験で合格することができました。ぜひ皆さんも後に続いて、短期合格を果たして下さい!私自身の体験を踏まえた「LEC式短期合格法」を講義の中で皆さんに伝授していきますので、少し長丁場の勉強にはなりますが、司法書士試験合格を目指して、一緒にがんばっていきましょう!

講義の特徴

赤松式「択一対策」
司法書士試験の学習範囲は膨大ですので、その膨大な情報量をいかにうまく整理集約できるかが勝負の分かれ目です!赤松クラスでは、全科目を通じて、赤松オリジナル「講義ノート」を併用しております。この「講義ノート」は、本試験に必要な情報を整理集約したもので、皆さんの受験勉強に欠かせない「最強アイテム」となります!
赤松式「記述式対策」
初学者のうちはどうしても択一中心の勉強になり、記述対策が出遅れがちです。赤松クラスでは、両登記法の講義において、赤松オリジナル「記述式ホームワーク」を採用しています。赤松クラスでは、早期からの記述対策にも力を入れており、皆さんの記述式問題に対する不安を解消します!
赤松式「確認テスト」
赤松クラスでは、各講義回の冒頭部分で、前回の講義内容の理解を確認するための「確認テスト」を実施します。これにより、前回の講義内容を復習するペースがつかめるとともに、前回の講義内容の復習をやり残したまま、次の講義に入ってしまうということがなくなります。学習の良きペースメーカーにしてください!

受講生の声

  • 重要度にメリハリをつけて教えて下さり、また、難しい言葉ではなく大事なことは何度も繰り返して言って下さるので、とても分かりやすいです。それと、生徒への思いやりがとても感じられて信頼して受講することができ有り難いです。
  • 特に講義が進み、科目数が増えてきている現在では、赤松先生が作成された講義ノートにブレークスルーの内容が凝縮されており、復習に欠かせない存在となっています。
  • 講義の流れの中で疑問に感じる点があると、必ずその部分についての説明を続けてされるので、すごく思考の流れを把握された授業構成だなと感じています。スッキリ!って感じです。
  • 説明が丁寧で初学者にもわかりやすい。独自の講義ノートは要点がまとまっており大変使いやすい。記述式のホームワークで記述に慣れることができます。
  • 司法書士試験の勉強をするのは初めてですが説明がわかりやすいので安心して勉強ができます。

赤松クラス出身一発合格者の声

表 恒介さん

表 恒介さん

2017年新15ヵ月合格コース〈赤松クラス〉
受験回数:1回

赤松先生の講義はムリ・ムダ・ムラがなく、まさに初学者が短期間で合格するために最適な講義でした。
ブレークスルーテキストの先生の指摘した箇所にラインを引き、赤松先生オリジナルの講義板書で補足をしていくことで、より解説の易しいテキストが完成し、復習もスムーズにすることができました。

小鴨 滉さん

小鴨 滉さん

2016年新15ヵ月合格コース出身
受験回数:1回

赤松先生は、授業に無駄がなく、スピードが速いにも関わらず疑問点なくわかりやすく進めてくれました。もし、わからない部分があった時も親切に対応してくださり、ありがたかったです。授業内のオンオフの切り替えもはっきりしており、時には豪快に出ない部分を省略し、大事な部分にしっかりと熱を込めてくださいます。記述の解法も答案構成用紙を用いながらわかりやすく指導してくださいました。今でも赤松先生の指導道理の手順で記述を解く自信があるほど頭にはっきりと残っています。

PAGE TOP