0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

司法書士試験 筆記試験の基準点等の発表を受けて

根本講師の本試験分析

得点別員数表から、偏差値が換算できます。それを年度ごとに比べると以下のようになります。

「年度別偏差値一覧」をご覧ください。
午前科目は、昨年・一昨年とほぼ同じになっていますが、午後科目は昨年より落ちています。
ただ、午前科目・午後科目の偏差値の差は0.96(昨年は、0.15)と僅差であり、例年に引き続き、どちらかの科目を重視して基準点を決めているわけではないということでしょう。

年度別偏差値一覧

平成30年 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
60.54 60.20 60.56 61.08 62.85
午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
59.58 61.05 59.55 61.52 59.70

次に、「年度別突破人数一覧」をご覧ください。
午前科目は昨年より減少していますが、午後科目は昨年より増えています。受験者数は減っているのですが、基準点の突破人数の合計は昨年より増えています。
また、午前科目の人数から記述の採点を受けているのは、多くて2,897人だということがわかります(午前科目・午後科目の両方の基準点を突破した者が、記述の採点を受けられます)。

年度別突破人数一覧

平成30年 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
2,897人 3,069人 3,114人 3,303人 2,525人
午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
3,461人 3,139人 3,960人 3,339人 4,759人

そして、驚くべきは「年度別基準点突破者比率」の図表です。
午前科目・午後科目共に比率が上がっています。
年々この比率は上昇しており、今年はその合計は過去最高になっています。つまり、今までの司法書士試験より、今年は基準点が突破しやすかった年と言えるかもしれません。

年度別基準点突破者比率

平成30年 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
19.5%

(14,853人中2,897人)

19.2%

(15,950人中3,069人)

18.0%

(17,276人中3,114人)

17.9%

(18,460人中3,303人)

12.1%

(20,857人中2,525人)

午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
24.1%

(14,387人中3,461人)

20.3%

(15,440人中3,139人)

23.7%

(16,725人中3,960人)

18.6%

(17,920人中3,339人)

23.6%

(20,130人中4,759人)

ただし、受験者の人数は昨年より下回っている為、例年以上の総合点勝負の要素が強い可能性があります。そして、総合点勝負となっても、今年は記述式では点数の上乗せが期待できない可能性があります。

法務省「平成30年度司法書士試験筆記試験(多肢択一式問題)の正解及び基準点等について」を見る

【Web公開講座】法務省の基準点資料を読み解く!〜記述リサーチ情報の公開〜

本ガイダンスでは、「記述式再現答案無料添削サービス」を踏まえた、今年の受験生の記述の出来を紹介します。どの論点をどれぐらい取れたのかだけではなく、平均点が何点だったのか(記述の基準点は平均点になります)を紹介します。
ただ今、鋭意集計中ですが、例年ではありえないような兆候が見えています。詳細はガイダンスで説明します。

Web公開講座の詳細を見る

PAGE TOP