司法書士試験 筆記試験の基準点等の発表を受けて

根本講師の本試験分析

根本正次 LEC専任講師

得点別員数表から、偏差値が換算できます。それを年度ごとに比べると以下のようになります。

【年度別偏差値一覧】

午前択一の偏差値は、昨年から微減しています。午前択一の偏差値は、徐々に減少していることがわかります。その結果、午前科目、過去最低の偏差値を更新しました。
一方、午後は昨年より1.5ポイント上昇しています。ただ、この程度の増減は例年起きていることです(午後の得点で最終的な人数調整をしていると思われます)。
その結果だと思いますが、午前の偏差値より、午後の偏差値が高い結果になっています。

平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
60.20 60.56 61.08 62.85 63.09
午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
61.05 59.55 61.52 59.70 61.98

【年度別突破人数一覧】

午前の人数は昨年より微減しています。ただ、過去最低の平成26年よりは500人程度多くなっています。
一方、午後の人数ですが、昨年から大幅に減少しています。ただ、午後の人数は大幅な増減をしやすいので、ある意味、例年どおりともいえます。
ここで、3139人と人数に着目すると、この人数は、法務省がデータを公表して以来、もっとも低い数字です。
その結果、午前・午後の基準点突破者の人数の合計は過去最低になっています。

平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
3,069人 3,114人 3,303人 2,525人 3,077人
午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
3,139人 3,960人 3,339人 4,759人 3,966人

【年度別基準点突破者比率】

ここで注目するところは ①午前の比率が上がってきています。 徐々に上がっていて、平成25年と比べると、6ポイントも上昇しています。 ②午前・午後の比率がほぼ同じ数値にしている。 大抵、午前の方が比率が低く午後の比率が高いのが通常ですが、平成27年や本年のように午前・午後同じぐらいの数値になることがあります。

平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
午前択一 午前択一 午前択一 午前択一 午前択一
19.2%(15,950人中3,069人) 18.0%(17,276人中3,114人) 17.9%(18,460人中3,303人) 12.1%(20,857人中2,525人) 13.2%(23,271人中3,077人)
午後択一 午後択一 午後択一 午後択一 午後択一
20.3%(15,440人中3,139人) 23.7%(16,725人中3,960人) 18.6%(17,920人中3,339人) 23.6%(20,130人中4,759人) 17.6%(22,494人中3,966人)

法務省「平成29年度司法書士試験筆記試験(多肢択一式問題)の正解及び基準点等について」はこちら

8/11(金祝) 13:00〜14:30 に法務省の基準点資料を読み解く!〜記述リサーチ情報の公開〜
というガイダンスを行います。
ここでは、今回の分析に加えて、例年の傾向、他のデータを加味した現時点の最新分析を提供します。
また、このガイダンスでは「記述リサーチ情報」を紹介します。
こちらは、記述式再現答案無料添削サービスの答案から、無作為に50通程度を抽出し、たとえば「第2欄 枠ずれを起こしていない答案が何通あるか」といったことを紹介していきます。
基準点を突破した方、どなたも気になるのが記述の基準点です。ほかの方が、どの論点をどれだけ落としているのかを、ぜひこのガイダンスで情報収集してください。
実施詳細はこちらから

page top

未来を広げるダブルライセンス取得

司法書士とあわせて他のライセンスも取得すれば、仕事の幅が、将来の可能性が広がります!

司法書士試験合格者・受験生を大募集
目指そう将来の司法書士!