0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

行政書士からのステップアップ

行政書士に司法書士の資格が加われば、業務の幅が拡がります。さらに試験科目では民法・商法・憲法等が重複していますので、ずっと有利な位置から学習をスタートすることができます。

ダブルライセンスのメリット

行政書士は会社の設立に際し、定款の作成ができますが、司法書士の資格を取得すると、法務局への会社設立の登記申請(商業登記)まで行えるようになります。
このように、業務の幅が拡がり、扱える案件が増えれば、より多くのクライアントの獲得につながります。

司法書士試験でのアドバンテージ

行政書士試験と司法書士試験では、憲法、民法、会社法・商法の3科目が重複しており、この分野では行政書士試験で培った知識を司法書士試験でも活かすことができます。
一から学習を始める方と比べ有利な位置から学習をスタートすることができます。
また、部分審査請求等の行政不服審査法の論点も出題されるため、この点でも行政書士の知識は司法書士試験でのアドバンテージになります。

初学者向け講座 割引・特典のご案内

2019年3月31日(土)まで2倍の10万円割引!通常一般価格から5万円割引のところ、なんと2倍の10万円割引に!

行政書士講師の推奨メッセージ

横溝 慎一郎 LEC専任講師

横溝 慎一郎 LEC専任講師

行政書士試験で得た知識を活かして、次は司法書士試験に挑戦する。そんな人が実は少なくないことをご存知ですか。
というのも、あなたが行政書士試験で学んだ知識の多くを、司法書士試験でも活かすことができるからです。
たとえば、「憲法」。これは行政書士試験で学んだ知識で十分対応可能です。
また「民法」。こちらはあなたが得た知識を土台にして、司法書士試験で要求される知識水準までさらに積み上げることで合格レベルに達することができます。
つまり、全く初めて学習する人に比べて、不動産登記法や商業登記法、会社法などの他の科目の学習により時間を当てることができるようになる。
そう考えると、非常に大きなアドバンテージをあなたは持っているといえるでしょう。
これを活かさない手はありません。
そして、もう一つ忘れてはいけないのが、「合格経験」を得ているということ。
資格試験の合格に向けて「気持ち」の部分をどう整えていけばよいのか、そして本番ではどういった精神状態になるのか、それをどう乗り越えればよいのか。 これは経験した人でなければわかりません。あなたはそれを持っているのです。
「鉄は熱いうちに打て」という言葉もあります。
せっかくあなたが身につけた知識がさびつかないうちに司法書士試験に挑戦してみませんか?

【LEC司法書士】行政書士と司法書士 Wライセンスのすすめ

LEC司法書士講師が語ります

行政書士合格者に告ぐ!司法書士とのダブルライセンスのススメ

他資格からのステップアップ

行政書士・司法書士W合格した方の声

久保田 純史さん 2018年司法書士試験短期合格者

行政書士試験合格後、司法書士試験を短期で合格!
その秘訣を担当の海野講師との対談動画にて公開!

梅山 展恵さん 2018年司法書士試験一発合格

梅山 展恵さん

行政書士合格後に司法書士を目指した理由は、行政書士のみで登録・就職もしくは開業するよりも、司法書士・行政書士のダブルライセンスで仕事を始めた方が、多角的に経験を積んでいく上で優位であると考えたためです。
司法書士と行政書士では、民法・会社法・憲法・刑法が科目としてかぶっているため、初学者の方に比べると比較的抵抗なく受講を進めることができました。
実体法(民法・会社法)の知識が定まれば、手続法(不動産登記法・商業登記法)の理解も深まりますので、民法や会社法を行政書士の勉強でしっかり習得し、すぐ司法書士の学習を進めるのであればスムーズに短期間で実体法と手続法のつながりをつかんでいく際に相乗効果が期待できるのではないかと思います。

谷川 満由さん 2018年司法書士試験一発合格

谷川 満由さん

行政書士など他資格の知識があると民法の物権・総則や、司法書士法での講義の予習や過去問演習で時間を大幅に短縮できます。
専門的な法律用語が理解できていますので、テキストや過去問を読んでいるときに文章の意味がきちんと理解できます。
それと何より合格するほどの努力が出来る事について自信があります。

民法資格 難易度比較体験

民法資格 難易度比較体験

過去に行われた民法資格難易度比較体験会の様子をYoutubeにて公開しております。

第1弾:民法94条(虚偽表示)[Youtube] 第2弾:民法113条(無権代理)[Youtube]

PAGE TOP