中小企業診断士

文字サイズ:

LECが選ばれる理由 LECオリジナル教材

合格に必要な学習のポイントとは何でしょうか?私達が考える合格に必要な学習ポイントは、次の3つです。

  • (1)「基礎的」な知識と「新しい」知識をバランスよく押さえる。
  • (2)毎年出題される「頻出論点」は、過去問を繰り返し解いて押さえる。
  • (3)各科目別で学習すべき「深さ」を知る。

LECオリジナルテキストは、この学習に必要な3つのポイントすべてを押さえています。これから説明いたしますので、ぜひ確認をしてください。

1. メインテキスト FOCUS

内容を厳選し、無駄なく、効率よく学習できます!

問題イメージ画像

・インプットとアウトプットが同時にこなせます。
・見開き1テーマ完結で学習できます。
・薄くて軽いので、外出先での学習に最適です。

メインテキストFOCUSテキストツアーはこちら

2. 1次試験問題 演習講座

1.学習時期と傾向分析を考えた「問題」

問題イメージ画像

LECの1次試験演習講座の問題は、近年の本試験傾向に沿った問題であることはもちろん、受講する時期に想定される受講生の学習レベルにあわせた問題を出題しています。だから、本試験で重要視されていない分野を学習したり、過度に難しい・易しいような問題がありません。 すべて、最小の学習時間で最大の効果が達成されるように考えられています。 できるテキストがここにあります。

LECの1次試験対策ガイドラインはこちら

2.わかりやすく、復習すべき問題がわかる「解説」

また、ポイントは良い問題だけではありません。復習をするための解説も、(1)なぜこの問題が出題されたのか、(2)選択肢ごとに「これがなぜ正解なのか・間違いなのか」を説明し、(3)追加して学習しておきたい事項を解説しています。 また、重要度が問題ごとに定められているので、重点的に復習すべき問題がすぐにわかります。

解答冊子サンプル

3.自分のレベルと今後の学習法がわかる「成績表」

解答をインターネット上の専用マークシートに入力すると、あなたの成績が確認でき、また全国の受講生とを成績比較することもできます。だから通信で受講していても、自分が全国のライバルからどの程度進捗しているかがわかります! 全国で講座を展開し、eラーニングに力を注いでいるLECならではのシステムです。

3. 2次試験問題 演習講座

1.本試験レベルで高い品質の「問題」

事例作問

2次試験は“業種・業態”や“時代背景”などを変える「お化粧」をしていますが、根底に流れている問いは常に同じです。 だからLECは、2次試験の基本原則・理念に基づいた問題を作り、本試験と変わらないレベルの演習講座をご提供しています。 そのために、問題はベテラン講師陣から構成される「作問委員会」で1題1題検討し、高い品質の問題を皆様にご提供できるよう力を入れています。

2.わかりやすく、復習すべき問題がわかる「解説」

第2次試験の模範解答を読んでも、「なぜこのような答えになるかわからない」、「わかったが自分には書けなさそう」、と感じることがままあります。 だからLECの2次演習講座は、解答や解説はもちろん、なぜそのような解答にいたったかに重きをおきます。 そのためLECでは、「事例整理シート」というオリジナルのフレームワークで解説・添削を進めます。これは設問に注視するスタイルの学習を排除し、事例全体をトータルで考えてもらうことをねらったフレームワークなのです。

3.「添削」を丁寧に、しかもスピード返却

LECの添削は効率的に量をこなすような質が低いモノではなく、全設問につらなる解答の一貫性を重視した、個人個人にフィットした添削を採用しています。講師からの真剣かつ厳しい添削を通し、合格力のみならずコンサルタントとしての実力養成にもつながるでしょう。

添削答案サンプル

また、添削した答案はインターネットを通して返却しています。従来であれば、数日かかって返却していた答案が、講師の添削後すぐに確認することができます。特に、時間がとても貴重な試験直前期に役立ちます。 また、PDFデータとしていつでもどこでも取り出せるので、自分の答案がどのよう変わってきたかを確認したり、出張など自宅以外の場所にあってもご自分の答案の添削結果を確認することができます。 (※原本の郵送返却をご希望の場合は、郵送オプション(有料)のお申し込みが別途必要になります。)

添削答案の返却画面(ScoreOnline)

Page Top

中小企業診断士 トップページ