中小企業診断士

文字サイズ:

実務家講師陣

「プロならでは」の講義テクニックで、あなたを短期合格へ導きます。短期合格のための最強の講師陣!
より高い学習効果を追求して日々研鑚を続けるプロフェッショナルが、受験生の皆さんを強力に合格へリードします!

柴崎 千秋

豊富な経験とノウハウで
合格ワザを伝授

柴崎 千秋 LEC専任講師
(しばさき ちあき)

関東地区担当講師

担当科目

【保有資格】
中小企業診断士/社会保険労務士/行政書士/宅地建物取引主任者

ヒストリー (職歴概要)

中小企業診断士試験を受験するきっかけは、勤務していた会社が、社内経営コンサルタントの人材が必要となり、職務命令として強制的に資格取得を義務づけられました。
私は当時既に、社会保険労務士・行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)の資格を取得していましたから、適任ということで”白羽の矢”が当たりました。
診断士学習中は、まったく新しい職務のため、自分が第1号の人材として活躍する場が決まっていましたので、ほどよいプレッシャーを感じながら、ともかく自己管理(PDCサイクル)に徹し、毎日かならずテキストを1行でも良いから読むようにしました。1日でも空けるとスランプに陥ってしまいます。
資格取得後は、会社取引先(中小企業が中心)に対する経営分析・経営戦略立案・法人化・従業員採用育成・人事制度改革等の経営コンサルティングを担当しています。

メッセージ

テキスト・問題集・関連情報等の知識を“理解して、自分なりに整理する!”ことがポイントです。
今日学習したことを、その日のうちに大学ノートを使って、図表(テキストのコピーの貼り付けで可)・キーワード等を中心にサブノートを作ることです。模試や本試験の直前になって、テキストを1ページから読むことは非効率ですし、残念ながら途中で脱落してしまう受験生は、自分なりに整理ができていないことにより、あきらめてしまうことが多いようです。
途(ミチ)の先には、みなさんの活躍の場が拓けています。

Page Top

中小企業診断士 トップページ