中小企業診断士

文字サイズ:

演習量を重視したカリキュラム

演習量を重視したカリキュラム

学んだことを、確実に身につけるシステム

1次試験と2次試験の関連性

各レベルごとに、インプット講義後、毎回演習講座を実施し、講義の内容が理解できたかどうかをチェックします。理解度がわかってから次のレベルに進めるので、知識を曖昧にさせません。 また、全範囲修了後には、公開模試を実施します。最終的な知識の確認をもって、次のステップ進み段階的に実力を身につけていただきます。

解答解説冊子は、復習しやすい見開き構成

解説冊子に問題文を入れることで解説冊子だけで復習ができるようになりました。さらに問題の隣に解説を配置していますので効率的に復習できます。さらに、難易度・重要度が記載されているため、優先順位をつけながら復習することができます。

拡大画像を見る(PDF)

Page Top

中小企業診断士 トップページ