0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
K・Rさんの合格体験記

合格者
仕事と両立して合格

講座コストパフォーマンスナンバーワン

K・R さん

年齢 32歳
大学 青山大学(法学部)卒業
法科大学院 明治大学法科大学院(既修)修了
予備試験受験回数 2回
LEC受講歴 入門講座・予備試験論文公開模試・予備試験口述徹底対策講座・予備試験口述模試など

※年齢・大学在学中の有無は出願時を基準としています。

法曹を目指したきっかけ

学生時代に派遣会社に登録して日雇いアルバイトをやり、給与明細でよくわからない事由を理由として給与が天引きされていたことを疑問に思い、担当者にそういうものだと言われて、渋々我慢したことがありました。後にそれが違法なことを大学の講義で法律を学びわかり、無知は恐ろしいということ、そのような法律の無知によって困っている人を法律を使って助けたいと考え、法曹を目指しはじめました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

私が、LECを選んだ大きな理由の一つは、実績のある講師における講義が、他校よりも安く受講できたということにあります。特に、柴田講師は超難関とされた旧司法試験を1発合格なされた講師であり、多数の合格者を輩出されていることから信頼がおけ講義もわかりやすかったこと、柴田講師の機械的合格法が、インプットを早く終わらしたら、後はひたすら問題演習を中心として学習して、疑問点がでてきたときにだけテキストに戻るといった方法が自分には合うと思ったため、柴田先生の入門講座を受けることに決定しました。柴田クラス最大の売りは、先生の市販教材が豊富であるため、入門講座を受けつつ、その市販教材を使って自学自習も自分のペースで行うことが可能であり、疑問点がでたら著者である柴田講師に直接質問できる体制があったこともLEC柴田クラス受講したもうひとつの大きな理由です。

仕事や学業、家庭の両立のコツ(時間活用術)

バイトの行き帰りの移動時間、お風呂の時間、息抜きの外食している時間について音声ダウンロードしたものを、スマホに入れてアプリで速度を2倍速にして何回も聞いて、空き時間、隙間時間を有効活用して理解を深めていきました。バイト開始時間までを締め切り時間と考えてそれまで休憩を特に入れず継続して勉強することで、いわゆる締切り効果によって、知識が頭の中に入ってきた感じがしました。他には、頭だけで答案構成を繰り返すことで実際に答案書くよりも何回も問題演習することで短時間でも論文問題演習できました。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

受験勉強で成功したことは、やっぱり柴田講師が提唱するように早々インプットは終わらせて、択一及び論文試験問題について、問題演習中心とした学習を行うことで試験に直結する形で学習を行うことができたことです。網羅的な基礎的典型問題演習を徹底して繰り返した上で、過去問演習をおこなったことで基礎典型問題から応用的な現場思考問題に対処できることになったのは最大の成功点だと思います。

反面失敗したことは、問題演習中心の学習のため問題にないものについての理論面的弱い面ができてしまったことです。

LECに通ってここが良かった

LECに通ってよかったことは、私の最寄り駅に近いところに校舎があるため、自習室に時間かけずに通うことができることです。自宅だとどうしても自分に甘えがでてしまい集中して勉強できない、図書館だと子供の声等が気になり集中できないことから、LECの自習室を使い、集中して勉強できたことはとても助かりました。

LECの講座の良かった点

入門講座・論文基礎力養成答練について

入門講座柴田クラスは、先生作成のオリジナルレジュメを用いてのメリハリがあり、豊富な具体例や噛み砕いた講義がなされて、初学者でも問題なくついていける点がとてもよかったです。また講義の復習用の教材も柴田先生が市販されているためそれを使って、問題形式で効率的な復習することができた点もよかったです。具体的には、初学者であれば択一以上に苦労する論文についても先生の論文基礎力養成講座本で講義でやった箇所をただ読むだけで具体的な論文の解き方も自然と身に付けることができたことが最もよかったと思います。LECの入門講座は他校に比較して安く受講できた点もよかったと思います。基礎論点を扱う基礎答練についても、入門講座で習った基礎論点について論証できるのかという意味でいい復習のペースメーカーになり、とてもよかったです。

矢島の速修インプット講座について

矢島講師自身が毎年改定作成されるオリジナルテキストを用いて行う中級者を対象とした高速インプット講座です。その最大の売りは、7法の膨大な知識を試験に必要な限りで圧縮した上で、矢島講師が論文レベルで必要な知識、択一レベルで必要な知識、できれば知っておけばいい知識と記載を分けて説明するので、講義後に自分で復習するのにもメリハリつけて学習することができることだと思います。例えば、ここは論文で聞かれるから、なんとなく思い出せるだけではだめ、この理由づけから規範を導きだせるようにといった具体的な指導がなされるため試験に使える形でインプットできました。また最新判例のうち論文択一ともに出題予想されるものについても深く取り上げての解説がなされたため、別途重判を読む必要がなくなり助かった点もよかったです。

矢島の論文完成講座について

矢島講師自身が毎年改定作成の答案とその分析解説テキストを用いて行う論文過去問解説講座です。その最大の売りは、やはり矢島講師自身が時間を図り時間を意識した上で作成した現実的な司法試験の合格答案を読むことだけでも現実的に自分でも書けそうな合格答案について具体的にイメージができることです。それに加えて、矢島講師のここの論述は問題文にこういう記述あるから、こういう意図でこういう論述をしている、ここは短くまとめて書ききるといったように具体的な論文試験についてのアドバイスも得られる点が非常に参考なりとてもよかったです。この講座を行うだけで主要な重要過去問について深く学べる上、現実的かつ間違いのない矢島講師の答案が手にいれられることができたのもとてもよかったです。

今後の抱負

予備試験に最終合格することができたので、来年の司法試験に1発で合格できるように、来年5月まで死ぬ気で勉強していきたいと思います。

PAGE TOP