0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2015年度合格
Y・Mさんの合格体験記

合格者

講義動画を自分のペースで視聴することができたため、モチベーションを落とさず毎日見ることができました。

Y・M さん

年齢 20歳
略歴 九州出身。
慶應義塾大学法学部在学中に司法試験予備試験最終合格。
受講歴 入門講座、予備試験ハイレベル論文答練、論文パーフェクト答練、
全国短答ファイナル模試、予備試験ファイナル答練、
予備試験口述模試、予備試験ハイレベル短答模試など

Y・Mさんのある一日

時間 行動 詳細
7:00 起床 早起きを心がけていました
8:00 朝食・家事 食事は常に論証集を読みながらでした
9:00 勉強・講義 大学の講義中も可能ならほとんど問題演習をしていました
10:00
11:00
12:00
13:00 昼食
14:00 勉強・講義
15:00
16:00
17:00
18:00 帰宅・夕食・家事
19:00
20:00 勉強
21:00
22:00
23:00 就寝 早寝を心がけていました
0:00
1:00

法曹を目指したきっかけ

高校時代に、弁護士の方々の活動にボランティアで参加させていただいたときに、先生方の他人のために心を尽くす態度に感銘を受けたのが、法曹を目指すきっかけです。その後、予備試験という制度を知り、大学生生活がせっかく四年間あるのだからその間だけでも挑戦してみよう!と思い予備試験のための勉強を始めました。

合格までの道のり

大学に合格した直後からLECで入門講座を申込み、受講を始めました。大学1年の4月くらいまでは毎日2倍速のスピードに設定して講座を聴くようにしていたので、そのころまでに主要7科目の入門講座は聴き終えるくらいまで進めることができました。

その直後に2014年度の予備試験短答試験を受験しましたが、結果は得点率50%にも届かないほどで不合格でした。

その後は問題演習中心に切り替えようと思いたち、市販の論文問題集を毎日解いていました。答案までは書かず、ノートに答案構成をメモする程度にとどめる解き方です。加えて、1〜2日に一回ほどは、4ページの答案を書いて、答案作成にも慣れるようにしていました。毎日答案構成を繰り返した結果、10月には7科目について一周できるくらいにはなっていました。また並行して、短答の問題集も進めていました。

そして10月からはLECの論文答練を渋谷駅前本校で通学受講し始めました。やはり本番通りの問題演習は時間配分などにも気を配ることもでき、いい経験となりました。年が明けて1月からも、問題集を答案構成しながら繰り返すことと答練を受け長い論文答案を書くことを続けました。

しかし3月くらいから、ほとんど短答の準備をしていないことに焦りを感じ、それからは逆に短答問題を解くようになりました。私は肢別になっている問題集は使用せず、短答の過去問が体系別になっているものを使用していました。合格者の先輩方が仰っていた「最低でも過去問五周」というアドバイスを信じ、本番までには5周できるように心がけました。加えて、理解が足りないところや表にすべきところなどは、覚えこむ意味も込めて自分でノートにまとめていました。

3月末に短答模試を受けた結果、合格点に届いていないことが判明してからは、5月まで必死に勉強しました。4月半ばに受けた模試では何とか合格点に届いていて、安心しました。

短答試験が終わってから、自己採点をして受かっているらしいと分かってからは、いままで使用していた問題集を繰り返すとともに、とにかく答練を受講しました。論文式試験は胸を借りる気持ちで受験したので、あまり緊張はしませんでした。

10月になって、なんと論文試験に合格しているらしいと分かってからは、口述試験のプレッシャーと戦う日々でした。二週間必死に勉強して本番に臨みました。自分の合格番号を見たときは、とても嬉しかったです。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

成功したと思う部分は、論証を何度も読み込んだことです。食事のとき、電車を待っているときなど、暇があれば読んでいました。あとは、実務基礎科目は、少し勉強をすればほかのあまり勉強をしていないロースクール生との差をつけることができると思ったので対策をしていたところ、良い成績を収めることができました。失敗した部分ですが、本試験では民法と民事訴訟法の成績が良くありませんでした。これは原理原則から考える力が不足していたのではないかと思います。

今後の抱負

予備試験に受かっても司法試験の受験資格を得ただけで、私としても全く気は休まるところはありません。間近に迫る司法試験に向けて今も勉強を続けています。勉強していく中で、予備試験受験時の自分がなんと無知だったかを思い知らされることも多いです。まずは司法試験合格を目指して精進していきたいと思います。

LECに通ってココが良かった!

まず、入門講座のテキストは重要部分に特化した形で分かりやすく、よかったです。また講義動画についても自分のペースで視聴することができたため、モチベーションを落とさず毎日見ることができました。加えて、答練を受講した際にも、問題ごとの解答における採点基準がわかりやすく、自分の学習が至っていない部分をつかむことができました。

PAGE TOP