0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2015年度合格
N・Mさんの合格体験記

合格者

LECの講座は他の予備校に比べて安価であるにもかかわらず、答練や知識の面で量がありかつ質もすごく良かったと思います。

N・M さん

年齢 22歳
略歴 沖縄県出身。
慶應義塾大学法学部在学中に予備試験に興味を持ち、法曹を目指すようになる。
2015年司法試験予備試験最終合格。
2016年司法試験受験予定。
受講歴 入門講座、論文基礎力養成答練、予備試験法律実務基礎講座(講義編・演習編)など

N・Mさんのある一日

時間 行動 詳細
8:00 起床 起床は7時半〜8時頃です。
9:00 家を出発
10:00 講義 大学の講義はだいたい2限〜4限にまとめていました。
空き(昼食)コマは図書館で自習します。週に1度だけ、自主ゼミを行い、友人と答案を添削し合いました。
11:00
12:00 ↓(昼食)
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00 自習
18:00 夕食
19:00 自習 自習の場所は、大学の図書館や自習室、コーヒーショップなど気分によって変えていました。
20:00
21:00
22:00
23:00 帰宅後、自習↓ 試験直前期以外は、2時頃まで勉強し、就寝します。
0:00
1:00
2:00

法曹を目指したきっかけ

大学1年の頃は法曹の道など全く考えていませんでした。法曹になるにはまず法科大学院に行かなければならないと思っており、それが経済的に難しかったからです。当時の私は期末試験の直前以外ほとんど勉強していなかったため、大学2年に進級する頃には、最初の1年間を浪費してしまったように感じ、その後の3年間をより有意義なものにするべく、何か高い目標を持とう、と考えるようになりました。

ちょうどその頃に友人がLECで勉強をし始めたという話を聞いたため、司法試験について調べてみた結果、予備試験という制度があり、合格すれば法科大学院に行かずに司法試験を受験できるということ、また難関の試験であるということを知りました。そこで、有意義な3年間を過ごすための目標としてちょうどいいのではないかと思い、勉強を始めることにしました。

LECを選んだ理由

周囲にLECの講座を受講している友人が多く、自分もLECを選んだ方が勉強しやすいのではないかと思ったこと、講座の価格が比較的安いことなどが理由です。

勉強における失敗、注意点

最初の1年間のカリキュラムとして、入門講座と並行して論文基礎力養成答練がありました。しかし、入門講座の講義が面白く、また講義を聞くことで勉強した気になってしまったため、論文基礎力養成答練の方は真面目に受講せず、問題演習を怠っていました。入門講座の内容を簡単に理解できたため、「問題なんて解かなくても余裕だ」「法律なんて簡単だ」というような気持ちになっていたことも、その原因の一つです。

しかし、1年目の終わり頃に、論文の問題を解こうとしたところ、全く解くことができませんでした。ようやく自分の理解が甘かったこと、勉強法が間違っていたことに気付き、そこから真面目に問題演習をするようになりました。具体的には、それまでないがしろにしていた論文基礎力養成答練の問題をしっかり解き、できなかった部分の入門講座を聞き直し、論証の確認をし直す、ということをしました。

また、問題演習をせず、インプットばかりの勉強法だと、法体系の中での個別の論点の位置づけや、要件・効果と法的三段論法という基本的な点に意識が向きにくいように思われます。事実、私は問題演習をするようになってから、これらの点を意識するようになり、飛躍的に法律の理解が進み、また効率的に学習できるようになりました。

このような体験から、法律の学習をするにあたっては、入門講座を短期間で1周受講し、法律の全体像を頭に入れた上で、問題演習と並行しながら再び入門講座を聞き直し、細かい論点に関する知識・理解を埋めていくという勉強方法が良い、と私は感じました。早い段階で論文の問題演習をし、知識の問われ方を確認することで、入門講座を聞き直す際に勉強のメリハリの付け方がわかることが利点です。

オススメ勉強法

勉強の際は、例えば2時間で問題数5〜10 問というようなノルマを決めていましたが、それを達成していなくても、集中力が切れたら10分ほど休憩するようにしていました。また、1日に5時間は必ず勉強するというようなノルマは設けませんでしたが、少しの時間でいいから毎日必ず法律に触れるようにするという点は意識していました。

LECの講座の長所

LECの講座は、どの講座も必要最低限の知識がコンパクトにまとめられている点が良かったです。これにより、不合格に繋がるような大きな失敗を現場でしないための「相場感覚」のようなものを身につけられたと思います。

特に、入門講座と法律実務基礎講座が非常に良かったです。入門講座は、おそらく他の予備校に比べて総時間が少なく、何度も聞き直すために作られていると感じました。法律を学習する上で、たった1周だけでインプットを済ませるというのはおそらく不可能で、1周あたりにかかる時間を短くしたうえで、何度も法律の全体像を見渡すようにインプット・アウトプットを反復することが重要だと思うので、このような講座設計は非常に効果的だと思います。法律実務基礎講座については、柴田先生の説明が丁寧でわかりやすい点が非常に良かったと感じています。

LECに通ってココが良かった!

上記のように、LECの講座の良さは、コンパクトさと質の高さを両立している点にあると思います。私は勉強方法を誤ってしまったために、その点を十分に活かすことができませんでしたが、それでも受講開始から2年半で予備試験最終合格をすることができたのは、軌道修正後にもLECの講座が役に立ったからだと思います。

上記の講座以外では、短答の直前模試が良かったです。私はたしか予備短答本試験の1ヶ月ほど前に受けたのですが、その時点で合格最低点よりも30〜40点ほど低い点数をとってしまいました。それまでは「短答なんてどうせ受かる」という気持ちでいたのですが、この点数を見てかなり愕然としました。しかし、この模試のおかげで自分の苦手な科目・分野が明確になり、また、このままでは合格できないというプレッシャーにより自分を奮い立たせることができました。そこから短答式試験までの1ヶ月は、私の受験生活の中でも1番勉強した時期といっても過言ではありません。

PAGE TOP