0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2015年度合格
K・Iさんの合格体験記

合格者

1年目、2年目に引き続き、今年もLECの答練を利用して司法試験に合格したいと思っています。

K・I さん

年齢 21歳
略歴 神奈川県出身。慶應義塾大学法学部法律学科に入学し、2年生になったころ法曹を志しLECに入る。
2014年初めての司法試験予備試験を受験するも論文式で不合格。
2015年2回目の司法試験予備試験を受験し最終合格。
受講歴 入門講座、論文基礎力養成答練、予備試験全国短答ファイナル模試、法律実務基礎講座(講義編)、論文パーフェクト答練(分析編・実践編)、予備試験ファイナル答練、全国公開模試(セミファイナル編・ファイナル編)など

K・Iさんのある一日

時間 行動 詳細
7:00
8:00 起床
9:00
10:00 学校の図書館着
11:00
12:00 お昼休憩 2時間ごとを目安に大きめの休憩を取ります
13:00 再開
14:00
15:00 休憩・間食 30分くらいです
16:00
17:00
18:00 間食② 30分くらいです
19:00
20:00 終了 遅くても9時ごろには終わります
21:00 趣味の時間 夕食を食べながら録画しておいたドラマを見たり、本を読んだりすることが多いです
22:00
23:00
0:00 就寝
1:00 就寝

法曹を目指したきっかけ

身内に弁護士がいたこともあり、法曹という職業には身近な感覚を覚えていましたが、大学に入るまでは、具体的なイメージを持っていませんでした。ただ法学部に入学して、学期末試験等の際に勉強する法律に面白さを感じるようになり、その直感を信じて法曹を志すようになりました。

合格までの道のり

私が予備校の中からLECを選んだ理由は予備試験在学中合格を果たした先輩に勧められたからです。身近なところでLECの実績を目の当たりにしていたのが、LECを信頼し、そして利用するきっかけとなりました。

入門講座では、予備試験合格のための知識を必要な部分のみ凝縮してわかりやすく説明されます。時間的にも量的にもコンパクトにまとまっている点で大変優れていました。
予備試験に合格し、司法試験を目指している今も入門講座についてきた教材を使用しています。
LECには勉強の段階や時期に応じた様々な講座があり、初学者にとって便利な入門講座やゼミを終えたあとでも様々な講座を利用することができました。

特に役に立ったと思っているのは司法試験型の答練である論文パーフェクト答練です。たしかに、司法試験は予備試験を合格した後に受ける試験であり、予備試験受験生にとっては敷居が高いことは言うまでもありません。しかし、私はあえて予備試験対策として論文パーフェクト答練を受けることにしました。なぜなら、司法試験型答練である論文パーフェクト答練は問題のレベルが高く、制限時間的にも厳しいものであるため、予備試験を受けるにあたってもより大きな成長が望めると思ったからです。実際に、その結果として2回目に受験した予備試験論文式試験では途中答案を出すことなく無事最終合格することができました。

また、司法試験対策をしている今から振り返ると、早くから論文パーフェクト答練を受けていたことでスムーズに気持ちを切り替えることができたのもよかったと思っています。

また、LECを利用していて助かったことは様々な場所に本校があり、答練等の日程も複数あるので、成人式で日程が合わない場合など、その回だけ受験する本校、日程を変えることで、すべての回を受けられるように調整できたことです。嫌な顔一つせず柔軟に対応していただけるスタッフさんがいることもLECの良いところだと思っています。

受験勉強を通して「失敗した」「成功した」と思うこと

私が受験勉強をしていて失敗したと思ったのは、1年目に受けた論文パーフェクト答練の際、復習を怠ってしまったことです。論文パーフェクト答練をはじめとするLECの答練や模試には問題ごとに丁寧な解説講義およびレジュメがついており、自分がわからなかったところを発見し、次からどうすればよいのかという対策を立てやすいようになっています。2年目からは答練の翌日などに解説講義を聴き、時間をかけて復習することでしっかりと力をつけることができたと思っています。

ほかに、失敗したと思ったことは一時期、勉強予定を詰め込みすぎていたことです。たしかに量をこなすことは大切ですが、よく休まないと頭が働かず、せっかく勉強しても力にならず、かえってストレスになってしまいます。それに気づいてからは、睡眠時間だけは惜しまないようになりました。たとえ10時間寝ても、一日はあと14時間もあります。

今後の抱負

1年目、2年目に引き続き、今年もLECの答練を利用して司法試験に合格したいと思っています。とにかく今は5月の司法試験に向けてしっかりと努力していこうと思います。司法試験を無事に終えることができたら、英語の勉強をして、渉外弁護士として活躍したいです。

LECに通ってココが良かった!

LECに通ってよかったと思うのは、時期に応じて様々な講座が用意されているところです。予備試験の短答式試験などは、科目数も多く科目ごとの対策に多くの時間が割けないので、受験生のなかでの自分の位置がとても気になります。予備試験の短答模試は、時期を分けて2回受けることができ自分の位置を知るとともに成長を実感することができるので自信にもつながります。

さらに、論文式試験の直前期にある予備試験論文ファイナル答練では、答練であるにもかかわらず本試験と同じ日程で受験できたのがよかったです。論文式試験は二日間で10科目というハードな日程であり、試験時間外、試験時間前を含めどのように過ごすかということが結果に大きくかかわってくると思います。答練から本試験と同じ日程、時間割で受験することにより本番でも体力切れすることなく力を出し切れたと思います。

PAGE TOP