0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

矢島の論文完成講座

矢島の論文完成講座

講座の特長

本講座は、論文試験に合格するための事例分析能力、法的思考力、答案作成のコツを、短期間で修得するための講座です。解答例を含む教材は全て矢島講師が責任を持って作成し、問題文中の事実に対してどのように評価をすれば試験考査委員に高評価を受けられるかなど、合格するためには是非とも修得すべきことを分かりやすく講義してきます。教材及び講義は、2020年度の試験で出題される法改正に全て対応しています。

講座のポイント

論文対策はこの講座だけで完璧にできる

司法試験の論文過去問を処理する能力は、法的知識を事例処理のために用いるという点で、予備試験の合格にも直結するところがあり、短期間で予備試験に合格した上で司法試験の最終合格を目指すなら、予備試験の論文対策の段階で司法試験の論文試験の問題も検討しておくことが必要となります。司法試験の傾向と質に合った答案作成能力を身につけるために、各科目とも、司法試験の平成30年度から25年度までの6年分(科目によっては必要に応じて平成24年度年以前も含む)の論文過去問矢島講師作成の解答例が掲載された矢島の論文メイン問題集を用いて、試験考査委員が受験生に求める合格答案の書き方をしっかりと講義します。ただし、民法については、2020年4月施行の改正法で処理することが試験対策上意味がない過去問については、メイン問題集からはずして、試験対策に役立つ別の問題を取り扱います。また、合格するために是非ともおさえておく必要がある論点を漏れなく学習するために、メイン問題集の他に、矢島講師作成の解答例が掲載された矢島の論文補強問題集を用いて講義をします。補強問題集には、科目によって異なりますが、メイン問題集に掲載していない平成24年度以前の司法試験の論文過去問や、科目によっては、予備試験、旧司法試験の論文過去問、オリジナル問題が掲載されています。論文の書き方が分からない受験生でも、この講座を受講すれば合格答案の書き方を完璧に修得できます。

論文合格に必要な知識を答案例の形で学習できる

知識のインプットをどんなにしても、それだけでは論文試験に合格する力は身に付きません。矢島の【論完】では、論文試験の事例問題の処理を通じて、論文試験の合格に必要な知識の使い方を答案の形で身に付けられるように講義が展開されます。矢島講師作成の質の高い解答例と講義により、論文試験の事例処理に必要な思考方法と、思考したことを答案に表現する方法を、短期間で効率よく学んで、合格にいっきに近づくことができます。この復習を終えた頃には、論文試験に合格する自信を持てるはずです。

試験考査委員が求める合格答案を作成できる能力が身に付く

試験に合格するには、出題者の意図に沿う答案を作成しなければならないということを強く意識することが大切です。問題文の誘導に乗って解答するのは当然のこととして、さらに、司法試験の考査委員が毎年、将来の受験生に向けたメッセージとして公表している出題趣旨や採点実感から出題者がどのような答案を受験生に求めているのかを理解しておくことで、本番の試験では圧倒的に有利になります。矢島の【論完】では、日ごろから徹底的に出題趣旨や採点実感を研究をして試験で問われていることをよく理解している矢島講師が作成した解答例を用いて、試験考査委員が求める合格答案の作成方法を丁寧に解き明かしていきます。問題文の読み解き方、基礎知識の応用の仕方、事実の目の付け所や評価の仕方など、何をどのように考えてどのように書けば本試験で高評価を得られるようになるのかを徹底的に解説します。矢島の【論完】を受講すれば、再現答案やスタッフ答案からは学ぶことのできない、未知の問題でも高い評価を受けられる答案を作成する真の論文作成能力を身に付けることができます。

本講座で合格できる理由

合格に必要な能力を修得するための手段として最適な本講座の秘訣

一般的にいえば予備校の論文用の講座は、数百問と大量の問題数を取り扱い、解答例も論証例を貼り付けただけで問題文中の事実に対する評価が甘いものが多いですが、論文試験は基本的な法律知識を事案に則して応用する能力の有無を試すものであり、論証例の貼付けやテクニックだけで対処できるほど甘いものではありません。数百問と大量の問題に手を出しても論文作成に必要な法的思考力を理解できないまま中途半端に終わり、結局、合格に必要な真の論文力が身につかない人が非常に多いというのが現状です。合格するための論文力を身につけるには、問題数を現実的に繰り返し学習可能な程度なものに絞り込んで、答案の書き方を身につける必要があります。本講座では受験生に真の論文力を身につけてもらうために、取扱う問題を厳選した上で、矢島講師が責任を持って解答例を全て作成して、合格答案の作成に必要な思考方法を徹底的に講義していきます。

予備試験や予備試験合格後の一発合格を目指す司法試験の論文問題に対応できる法的な事例処理能力を身に付けるには近年の司法試験の過去問が最良の素材となるので、矢島の【論完】では司法試験の過去問をしっかり取り扱っていきます。また、近年の過去問では出題されていない重要論点の穴を埋めるために、科目によっては予備試験、旧司法試験、オリジナル問題を取り扱い、合格に必要な能力を身に付けるのに学習が必須の重要論点を全て潰します。

予備校の論文対策講座はスタッフ答案や再現答案だけで講義をするものも多いですが、再現答案やスタッフ答案は、ロースクールの教授から再三批判されているとおり、内容面で不正確な部分が多いだけでなく、試験考査委員の望む本質的な理解に根ざした解答でないことも多く、最良のお手本とは言い難い面があ ります。矢島の【論完】では、合格後も自ら答案を書き続けて試験考査委員が求める答案をよく理解した矢島講師が全ての問題の知識確認や解答例を作成しています。LECの司法試験対策講座の中でも全ての解答例を講師が自ら責任を持って作成しているのは、矢島講師の講座だけです。講義においては、解答例 を作成した本人ならではの、答案のこの部分はどのようなことに配慮して論述したかなど、受験生が最も知りたいと思っている合格答案の作成に必要な思考方法を分かりやすく説明していきます。

オリジナルテキスト

矢島の論文メイン問題集2019・矢島の論文補強問題集2019

答案例は矢島講師自ら全て作成!

論文試験を通年研究している矢島講師がオリジナル答案を自ら作成!

矢島講師の答案サンプルのPDFを開く

矢島の論文メイン問題集2019・矢島の論文補強問題集2019

オリジナルテキストのPDFを開く

担当講師

LEC専任講師

受験指導を生きがいとする熱血漢

Yajima Junichi 矢島 純一 LEC専任講師

最終学歴 明治大学法科大学院
保有資格 司法試験合格(2010年)
担当
  • 矢島の速修インプット講座
  • 矢島の論文完成講座
  • 矢島のスピードチェック講座
  • 矢島の短答対策シリーズ
  • 矢島の法律実務基礎科目[民事・刑事]
  • 改正民法対策講座(矢島クラス) 他

矢島のオリジナル講座シリーズページへ

講師メッセージ

論文試験で合格答案を作成できるようにするには、日頃学習している重要基本知識を、問題文の形式や誘導に合わせて理論構成した上で、具体的事実に対する評価を十分に加えて結論をだす能力が必要です。この講座では、私が責任を持って作成した教材を用いて、合格答案を作成する能力を身につけてもらえるようにしっかりと講義をしていきます。受験生を確実に合格に導きますので、大船に乗ったつもりでついてきてください!

矢島講師ページへ

矢島の論文完成講座出身!2018年予備試験合格者

樋田 早紀さん
年齢:26歳/大学:神奈川大学(人間科学部)卒業

2018年予備試験合格者

答案例の質のよさと解説の丁寧さが抜群の講座でした。私は、1年目の学習で論文の勉強方法がよくわからなかったこともあり、また短答の学習にも不安があったこともあり、論文を中心に据えた学習をすることができませんでした。しかし、論文を書けなくても最低限この講座を受講しきろうと決め、ひと通り解説を聞きながら矢島先生の作成した答案例を読みました。その後、論文を自分の手でほとんど作成することのできなかった科目もあります。たとえば、行政法はほとんど答案を書くことなく本試験に臨むこととなってしまいました。しかし、なんとか答案を一応の形にすることはでき、結果合格をすることができました。試験中、頭に浮かんだのは、矢島先生はどのように答案を作成していたか、ということです。矢島先生の答案は、論証を切り貼りしたようなものではなく、よく考えて作成されているため、とても記憶に残りやすく、かつ良い意味で真似しやすいものでした。そこで試験当日はこれを一生懸命真似して論文を完成させました。おそらくこの講座がなければ1年で合格することはできなかったと思います。矢島の速修インプット講座と合わせて私にとって必須の講座だったと感じています。

K・Rさん
年齢:32歳/大学:青山学院大学(法学部)卒業

2018年予備試験合格者

矢島講師自身が毎年改定作成の答案とその分析解説テキストを用いて行う論文過去問解説講座です。その最大の売りは、やはり矢島講師自身が時間を図り時間を意識した上で作成した現実的な司法試験の合格答案を読むことだけでも現実的に自分でも書けそうな合格答案について具体的にイメージができることです。それに加えて、矢島講師のここの論述は問題文にこういう記述あるから、こういう意図でこういう論述をしている、ここは短くまとめて書ききるといったように具体的な論文試験についてのアドバイスも得られる点が非常に参考なりとてもよかったです。この講座を行うだけで主要な重要過去問について深く学べる上、現実的かつ間違いのない矢島講師の答案が手にいれられることができたのもとてもよかったです。

Aさん
年齢:44歳/大学:東京大学(法学部)卒業

2018年予備試験合格者

週に2回授業が行われ、過去問を徹底的に解説してくれました。また、採点実感を丁寧に読んで説明してくれました。採点実感を深く読み込むことはなかなか一人で学習しているとできないことなので、非常に役に立ちました。何年の採点実感にはこのような記述があるから、今後はこのような問題の傾向になるだろうと思う、などと推測をしてくれました。今後の勉強の方針に大変役立つ予測でした。授業を聞いてよかったと思います。

※掲載年齢について
本合格者メッセージに記載されている年齢は出願時を基準としています。

講座スケジュール

講座スケジュール(PDF)

受講料(8%税込)

受講
形態
講義形態 申込形態 回数 税込(8%)
一般価格 大学生協・
書籍部価格
代理店
書店価格
通学 Web+音声DL
+スマホ
一括 23 110,160円 104,652円 107,957円
DVD 121,500円 115,425円 119,070円
Web+音声DL
+スマホ
民法 4 28,080円 26,676円 27,518円
DVD 30,780円 29,241円 30,164円
Web+音声DL
+スマホ
刑法 4 27,540円 26,163円 26,989円
DVD 30,240円 28,728円 29,635円
Web+音声DL
+スマホ
憲法/
商法/
民訴法/
刑訴法/
行政法※
各3 19,980円 18,981円 19,580円
DVD 22,140円 21,033円 21,697円
通信 Web+音声DL
+スマホ
一括 23 110,160円 104,652円 107,957円
DVD 121,500円 115,425円 119,070円
Web+音声DL
+スマホ
民法 4 28,080円 26,676円 27,518円
DVD 30,780円 29,241円 30,164円
Web+音声DL
+スマホ
刑法 4 27,540円 26,163円 26,989円
DVD 30,240円 28,728円 29,635円
Web+音声DL
+スマホ
憲法/
商法/
民訴法/
刑訴法/
行政法※
各3 19,980円 18,981円 19,580円
DVD 22,140円 21,033円 21,697円

講座コード:LA19409(通学)・LB19404(通信)

※いずれか1科目の受講料金となります。

※2019年10月1日以降は消費税増税に伴い、販売価格が変更となります。詳細は、9月下旬発行の広告物をご参照下さい。

  • 本講座は大学生協書籍部価格・代理店書店価格以外の割引はご利用できません。
  • 一般価格とは、LEC各本校・LEC提携校・LEC通信事業本部・LECオンラインショップにてお申込みされる場合の受付価格です。
  • 大学生協・書籍部価格とは、LECと代理店契約を結んでいる大学内の生協、購買会、書店にてお申込みされる場合の受付価格です。
  • 代理店書店価格とは、LECと代理店契約を結んでいる、一般書店(大学内の書店は除く)にてお申込みされる場合の受付価格です。
  • 上記大学生協・書籍部価格、代理店書店価格を利用される場合は、必ず本ページをプリントアウトして代理店窓口までご持参ください。

お申込

PAGE TOP