0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

予備試験合格を目指す矢島のオリジナル講座シリーズ

矢島のオリジナル講座シリーズ

\ 2018年合格目標 矢島ゼミ合格実績 /

  • 2018年合格目標 矢島ゼミ
  • 司法試験受験資格者11名中7
    2018年度司法試験に合格! 【合格率63.6
  • 2018年度司法試験試験合格率 29.1%
  • 矢島ゼミページへ

確実に合格へ導く矢島のオリジナル講座シリーズ

司法試験や予備試験に合格するには、合格に最低限必要な重要知識のインプットと、論文試験の事例処理の仕方を学ぶ必要があります。
そこで、短時間で効率よくこれらを実践できる5講座と短答試験対策に特化した1講座を用意しました。
絶対に合格したいという熱意のある受験生の期待に応えるため、全力で講座を制作していますので、興味がありましたら詳細をご覧ください。

矢島講師による予備試験対策用講座案内

矢島講師による予備試験対策用講座案内
※画像をクリックすると動画へリンクします。

レジュメ(PDF)

【速修】矢島の速修インプット講座(全36回)

予備試験の最終合格に必要な知識を短期間で修得する
矢島の【速修】は、論点や判例の分かりやすい解説により科目全体の本質的な理解を深める講義と、覚えるべき法規範が過不足なく記載され、自然と法的三段論法を身に付けながら知識を修得できるテキストが両輪となって、本試験に対応できる実力を養成できる講座です。
忙しい毎日の通勤通学などの隙間時間で講義を聴いたり、復習の際にテキストだけ繰り返し読んだり、自分のペースで無理なく合格に必要な全ての重要知識を身に付けられるようになっています。
なお、本講座は2020年度の試験に出題される法改正に全科目対応しています。

【論完】矢島の論文完成講座(全23回)

過去問を徹底的に分析!
本講座は、論文試験に合格するための事例分析能力、法的思考力、答案作成のコツを、短期間で修得するための講座です。解答例を含む教材は全て矢島講師が責任を持って作成し、問題文中の事実に対してどのように評価をすれば試験考査委員に高評価を受けられるかなど、合格するためには是非とも修得すべきことを分かりやすく講義してきます。
教材及び講義は、2020年度の試験で出題される法改正に全て対応しています。

【スピチェ】矢島のスピードチェック講座(全7回)

短時間で知識の総整理&復習を行う!
講義時間が短いことから、隙間時間を利用して各科目の全体を試験直前期まで続けて復習することができます。全て、覚えるまで繰り返せば、本番で重要論点を落とすミスを回避できます。矢島の速修インプット講座を受講されている方でも本講座を受講することにより短時間で論文試験の合格に必要な最重要知識を総復習して確実に合格できる力を身に付けることができます。直前期の論文知識の総まとめに最適な講座です。

【短答】矢島の短答対策シリーズ(全7回)

手薄になりがちな短答対策はこれでOK!
本シリーズは、短答試験でのみ出題される分野のみを集中的に学習したいという受験生のための講座をラインナップしたものです。矢島の速修インプット講座で論文試験や短答試験の重要基本知識の学習が終わって、いわゆる短答プロパーといわれる短答試験でのみ出題される分野の学習を本格的にしたいという受験生にお勧めです。
なお、全て2020年度の試験で出題される法改正に対応しています。

矢島の法律実務基礎科目[民事・刑事]

短期間で修得!
試験科目が多い予備試験に合格するには、法律実務基礎科目だけに時間をかけていられないという受験生が多いことだと思います。本講座は、こうした受験生の要望に答えるために、法律実務基礎科目の論文試験に合格するのに必要最低限おさえておきたい基本知識や答案作成に必要な思考方法を、短時間で修得するための講座となっています。本講座は、口述試験で問われる事項にも対応しているので、論文試験・口述試験を通じて、法律実務基礎科目の対策は、この講座だけで十分に実現できます。受験指導に熱心な矢島講師が受験生を最終合格に導きますので、本講座で予備試験の合格を掴み取ってください。

改正民法対策講座(矢島クラス)

「司法試験」「予備試験」「法科大学院入試」合格のための改正民法講座!
平成27年3月31日、民法の一部を改正する法律案が国会へ提出され平成29年5月26日可決成立し、平成29年6月2日公布されました。 LECでは、試験対策に特化した「司法試験」合格を目的とするテキストと講義をご用意いたしました。 改正の内容は、既存の判例や通説を条文化したものが多いため、いままでの民法の学習が無駄になることはありません。改正趣旨の説明の多くは、改正前(現行)民法との対比で行っていきますので、改正前民法(条文・判例・通説)の理解も深めつつ、改正法を理解していくことができます。 本講座を受講することで、改正前と改正後を問わず、どちらの試験であっても対応できる実力を身に付けていくことができます。

お得なコース

矢島の速修パック

ご利用できる割引再受講 40%OFF

矢島の速修パック カリキュラム図

コース価格(web受講の場合)165,240円(一般価格・税込)

矢島の予備試験パック

ご利用できる割引再受講 40%OFF

矢島の予備試験パック カリキュラム図

コース価格(web受講の場合)209,520円(一般価格・税込)

PAGE TOP