0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
O・Tさんの合格体験記

合格者

LECの良かったところは低価格な料金に見合わない講義の質の高さ!

O・T さん

年齢 29歳
大学 立命館大学(法学部)
法科大学院 神戸大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 1回
LEC受講歴 入門講座が含まれるコース(入門講座・論文基礎力養成答練他)・司法試験対策向コース(矢島講師担当講座・論文パーフェクト答練・全国公開模試他)・赤木ゼミなど

※本体験記は、合格発表日を基準として年齢等を記載しています。

法曹を目指したきっかけ

法曹を目指した理由は、紛争が生じたときに紛争解決の最後まで関われるのは弁護士であると考えたことにあります。大学卒業後、経済的事情により法科大学院への進学を断念し、一社会人としての道を歩むことを決めました。これまでの仕事を通じて、弁護士以外にも他者の為に働ける仕事は多くあると感じております。しかし同時に、紛争解決に最後まで関わることのできる弁護士でなければ出来ない仕事があることも強く感じました。仕事上のクライアントが何か紛争に巻き込まれ、紛争の内容に法律的な問題が含まれるような場合、無資格の私に出来ることには限界があります。実際に訴訟が必要になった場合に、無資格の私にはクライアントを助けるために法廷に立つことももちろんできません。このような自分の能力以外の点(資格の有無という点)で限界が存在することを考えたときに、仕事に責任をもって取り組むためには法曹の資格が必要であると考え、法曹を目指しました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

LECを選んだ理由は、コスパの高さにあります。どの予備校を選択すべきか悩んでいた時に、いわゆる大手法律予備校のパンフレットを3社ほど並べて見比べたところ、LECの基礎講座は破格とも呼べる値段でした。それでいて、講座内容には基礎講座のみならず、答案練習の講座や模試等も組み込まれていたことから、講師の質や講座の具体的な内容について調べる前に、選択肢がLEC一択となっていたことを記憶しております。そして、いざ講座の受講を開始してみると、私が選択した講師の講義は、難解な法律について非常に分かりやすく説明してくれるものでした。また、時に笑い話を交えて講義をして下さるので、長時間の受講も飽きずに取り組める内容となっていました。法律の知識は頭の中に入れても入れても終わりが見えないくらいに量が多いです。しかし、司法試験や法科大学院の入試で使う知識は膨大な法律の知識の内の一部であり、(その一部でもかなりの量はありますが)工夫して試験に必要な知識を入れていくことで学習の負担を軽くすることができます。反対に言えば、工夫をせず漫然と学習していては、ゴールは遠のくばかりだと思います。そうはいっても、独学で必要な知識と不必要な知識を選別することは非常に危険です。LECの講座は長年司法試験に携われている先生がしっかりと試験に必要な知識の選別をして下さるので、自分自身の学習の負担が非常に少ないです。そういう意味では、LECの講座は法律の初学者でも学びやすい授業ですし、長年学習しているけど合格になかなかたどり着けない人にとっても良い講座だと思います。また、LECは法律予備校の中でも大手の予備校ですので、受講者数も多く、実際に合格を勝ち取っている人が多くいます。同じ勉強をして試験勉強に取り組み、合格を勝ち取っている人が多くいるという事実は、学習する上で方向性が間違っていないことを確認できるので、安心感につながります。当初コスパを理由に選んだLECでしたが、結果とし講師の質・講座の質・周りの仲間の質等も含めて、LECを選んでよかったと思います。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

仕事や学業、家庭との両立のコツは、どれだけ法律の勉強で工夫(楽)が出来るか、ということに尽きます。すなわち、試験に必要な知識だけをインプットして、試験に必要な形で頭に残して、試験に必要なアウトプットの作業だけをすることに尽きます。先にも述べましたように、法律の勉強は自分が知らない知識を逐一入れようと思うと、終わりが見えない戦いに陥ってしまいます。そのため、受験生は常に、自分の目標は法律の知識を多く身につけることではなく試験に合格することである、ということを忘れないようにしなければなりません。LECでは、試験に必要な知識が何であるかを既に講師の方が選別してくれていますので、基本的には講座の中で学んだことを忠実に身につけていけば試験に必要な能力は身につくようになっています。したがって、私たちがやるべきことは、常に目標を見失わないことと、教えてくださる講師を信頼してコツコツ勉強を続けることにのみあると思います。法律の勉強をしていると、周りと比べて自分が知識不足なのではないかという不安から、司法試験に不必要な知識を入れる作業に時間を割いてしまうことがあります。しかし、試験に受かるために必要な知識は授業で学んだ知識であるということを念頭に置いて、無駄なことに手を出さずに、自分の目標達成のためにやるべきことを見定めることが大切です。受講している講座に集中し、後は試験に使える形で頭の中に残すこと・アウトプットの作業をすることに取り組むことに集中し、試験勉強の無駄を出来る限りなくすことで、仕事や家庭、学業との両立が図れるのだと思います。試験勉強の無駄をなくす作業をせずに、仕事や家庭、学業の時間を削ることばかり考えても限界があります。まずは、仕事や家庭、学業の時間を除いた可処分時間内で自分が出来ることを精一杯取り組むことが大切だと思います。最近では予備試験に大学生が合格することが珍しくなくなってきました。高校生の合格者までいるくらいです。彼らは学習時間の確保という点でも人一倍頑張っているのだとは思いますが、間違いなく学習効率も良いはずです。短い時間でも、集中して、効率よく勉強をすれば合格できる試験であることを認識しなければなりません。

LECの講座の良かった点

入門講座・論文基礎力養成答練について

法律初心者でもわかりやすい講義でした。類似する論点等については横断的に教えてくださるので、省エネで記憶をすることが出来ました。また、一通り全体像を見た後に、最初に戻り個別論点に言及していくという講義形式であったので、論点の知識が定着しやすいと共に、一度の講義で復習まで行えるという形式となり、この点でも知識の定着がしやすいと感じました。論文基礎力養成答練では、先生が用意してくださる論証を具体的にどのように使うのかイメージできる講義であり、実践的な知識が身についてと感じております。

矢島の速修インプット講座について

なんといっても、短時間で基礎的な部分から重要論点まで網羅的に学べる講座という点が魅力でした。短時間だと説明が淡泊になるかと思いきや、論文で必要なポイントについてはかなり厚く指導してくださるので、講義後には学んだ知識を具体的に試験で使えるイメージを持った状態になれると思います。初学者〜試験直前期の方まで、様々な対象の方が利用できる講義だと思います。各段階で必要な指導は異なるとは思いますが、講座の聞き方を変えるだけで全ての人に有用な講義となると思います。

矢島の論文完成講座について

矢島先生の速修インプット講座で学んだ知識について、具体的にどのように使うのかを学びつつ、実際の試験問題の解き方をイメージできる講座でした。問題文の読み方や出題趣旨・採点実感の読み方を学ぶこともできるので、早めに利用すると学習効果が高くなると思います。もちろん先生が模範解答を用意してくださっており、しかも実際に試験で書ける答案例という形式なので、試験合格に直結する学びが得られるように思います。

論文過去問パーフェクト赤木ゼミ(梅田駅前本校)について

赤木先生のゼミを通じて、当事者目線で問題をとらえること及び条文等の基礎知識の大切さを学ぶことが出来ました。試験勉強をしていると論点学習に目が行ってしまいがちですが、すぐに論点に飛びつくのではなく、与えられた事実関係に基づいて当事者であればどのような主張をするかを考え、条文等の基礎知識により主張を基礎づけるという考え方を身につけることが出来ました。試験直前の時期ではありましたが、自分がすでに有していた知識を再構築することが出来ました。

論文パーフェクト答練および全国公開模試について

他のアウトプット講座と同様に、インプット講座で学んだ知識をどのように答案を表現するのかを学べる講座です。特に、論文パーフェクト答練は定期的に行われるので、試験勉強をする上で重要なペースメーカーの役割を担ってくれます。また、全国公開模試は直前期の自分の立ち位置を知る指標となるので、全ての勉強について全国公開模試を一つの目標に計画を立てることで、勉強のモチベーションとなりました。メリハリのある勉強をする上で、両者は大変有益でした。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

これまで偉そうに試験に必要な知識のみインプットする・やるべきことを見定める等といいましたが、私の失敗はそれらに気づくことに時間を要したことです。講座の受講を開始したころ、LECの講義が分かりやすかったこともあり、プラスαの知識を自分で詰め込んでいこうと考えた時期がありました。しかし、今考えると、プラスαの知識を入れる時間があったなら、LECの講座で学んだことを一つでも多く覚えることに時間を費やすべきであったと感じています。試験に合格するためには、講座で学んだことを繰り返して身につけていけば足りると考えています。しかし、見たことのない知識に惹かれて、偉い学者の先生が書いた基本書を読んだり演習書を読んだりしてしまう人が少なくありません。たしかに、そういった本を読み、自分の頭を使って試験に使える知識に変換できるなら全く問題ありません。しかし、司法試験の順位は知識量と比例するものではないと考えています。むしろ、試験に使える形で頭に残せていない法律の知識は有害ですらあると考えています。常日頃から、自分の目標・やるべきことは何なのかということについて意識することが大事であると感じます。

LECに通ってここが良かった

先にも述べましたが、LECの講座は全国的にも受講者数が多く、実際に合格を勝ち取っている人が多くいます。同じ勉強をして試験勉強に取り組み、合格を勝ち取っている人が多くいるという事実は、学習する上で方向性が間違っていないことを確認できるので、安心感につながります。講師の質・講座の質も先に述べた通りです。LECに通うと、同じ目標に向かって頑張っている仲間と出会えます。同じ大学にも司法試験に向けて頑張っている友人はいると思いますが、司法試験の勉強方法は10人10色といわれます。そうなると、自分が抱える勉強上の悩みと同じ悩みを他の人も抱えている可能性は高いものではありません。しかし、LECで一緒に学ぶ仲間は、同じ講座を受講しているので、勉強してきた知識の内容や方向性が同じであり、同じような悩みを抱えることがままあります。そのため、悩みについて共有でき、相談しやすい環境があることになりますし、講師に相談することもできますので、学習効果が高い環境に身を置くことができます。また、LECに通う友人は概して試験合格に向けた意識が高い人が多いので、精神面でも切磋琢磨して良い刺激をもらうことができます。そういった仲間と出会えたことが、LECに通ってよかったと思える点です。

今後の抱負

ようやく司法試験に合格することが出来ましたが、すなわちようやくスタートラインに立てたに過ぎないとも言えます。LECで学んだ知識を生かして、法律実務家としても活躍できるように努力をしていきたいと思います。特に、ゼミでお世話になりました赤木先生は講師や弁護士業務をしながら中国語学習をする等、日々自己研鑽する姿を見せてくださり、私自身も日々自分を磨く作業を怠らないようにしようと思わせていただきました。これからも一層努力をしていきます。

PAGE TOP