0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
Bさんの合格体験記

合格者

LECのおかげで、予想していたより早く合格できました。

B さん

年齢 24歳
大学 京都大学(法学部)
法科大学院 京都大学法科大学院(既修)
受験資格 予備試験合格
司法試験受験回数 1回
LEC受講歴 入門講座・論文基礎力養成答練・赤木ゼミなど

※本体験記は、合格発表日を基準として年齢等を記載しています。

法曹を目指したきっかけ

大学の講義を通して、法律にまつわる仕事、特に企業を法律面でサポートする仕事をしていきたいと思うようになりました。しかしその時は、大学入学当初から民間就職志望であったため、法務部への就職を目指そうと考えました。企業の大学生向けイベントに参加するなどして、法務部への就職について伺ったりしていましたが、一般就職では、必ずしも希望通りの配属をしてもらえるかわからず、かつ、法務部は人数が少ないうえにメンバーの変動が少ないと知りました。これでは自分の目的が達せられない可能性が高いと感じ、別の選択肢を考えるようになりました。そこで、弁護士になれば、事務所に所属するにせよ、企業に所属するにせよ、企業と法律を介して関われると考え、法曹に興味を持つに至りました。法学部に所属しているのですし、大学内に全国有数の法科大学院があるのだから、恵まれた環境にいるのだと気づき、先輩や、知り合いの弁護士さんに相談して、法科大学院を目指すこととしました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

私が法科大学院を目指したのは、大学2年生が終わるころでしたので、勉強のスタートとしては、決して早くないと感じていました。2年生の時にはもう、法律の本格的な授業が始まっていましたが、期末試験に向けての勉強しかしておらず、知識・理解の面で不安もありました。そこで、効率的に勉強することが必要だと感じ、予備校の利用を考え始めました。いろいろな予備校を比較していたのですが、決め手に欠け、悩んでいたところ、友人がLECの赤木先生が良いらしいと教えてくれました。調べてみると、赤木先生は大阪梅田の校舎で教えていらっしゃることが分かりました。大阪在住の身としては、これは一度LECに話を聞きに行ってみなければ、と思い、LEC梅田駅前本校を訪れました。司法試験対策・予備試験対策・法科大学院入試対策について分かりやすく説明していただき、価格も良心的に思えたため、両親と相談し、LECを利用することに決めました。他の理由としては、受付が広く開放的で校舎の雰囲気が良いこと、立地も非常に良いこと、公開されている赤木先生の講義動画を拝聴し、個人的に聞きやすいと感じたことが挙げられます。まず法科大学院対策のパックを申し込んだのですが、その理由は、当時の私自身に予備試験ルートの考えがあまりなかったこと、及び、最初からあくまで法科大学院入試対策としての利用のつもりであったことです。大学の同級生が入試に向けて勉強を始めている中、それに追いつき、入試に間に合わせることがLEC利用の目的でした。法科大学院対策のパックには個別大学院対策講座も組み込まれており、志望大学院の過去問もそこでこなすことができました。その後、幸運にも予備試験に合格しましたが、嬉しい半面、半年後に司法試験を受ける事態になったことに対して焦りを強く感じていました。その当時は司法試験の過去問も見たことがなく、選択科目も法科大学院の授業を色々受けてみて決めようと思っていたからです。そこで、また予備校の力を借りようと思い、LECの講座を探しました。入門講座でもお世話になった赤木先生の過去問ゼミと、矢島先生の労働法講座が、私に合格を引き寄せてくれました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

法科大学院入試対策をしていた時は、法学部の学生でしたので、ありがたいことに何かとの両立に悩むことはありませんでした。しいて言えば、LECの講座と学部の授業を両立させていたわけですが、それぞれがもう一方の理解に役立つということを実感していました。学部の授業で理解が追い付かなかったところも、LECの講座を聞いて分かるようになったり、学部の授業のおかげで、LECの講座の理解が深まったり、ということです。とはいっても、やはり学校の期末試験前は、授業の復習に力を入れ、LECの講義を休むこともありました。WEBフォローがあるので困りはしませんが、そのようなことはない方がいいに決まっていますので、何事も計画的な学習が肝要だと痛感したりもしました。他方で、LECの講座が進んでいくと、その内容が学校の期末試験対策に役立つことも多くなりました。その時々によって重心は変わることはあるとは思いますが、両方を一生懸命こなすことで、得られるものがあると思います。予備試験受験時は法科大学院生となっていましたので、法科大学院の授業と両立させていたということになります。短答試験対策は、学校の予習復習の合間に少しずつやり、結局は直前期数日で詰め込んだという形です。当時は学校の勉強を優先させていました。口述試験対策については、論文試験の合格発表まで全く何もしておらず、2週間で対策をしなければならない状況に立たされたことから、口述試験対策にほぼすべての力を注いでいました。法科大学院の授業は、もちろん口述試験対策に役立つのですが、2週間はおろそかにしてしまっていた部分もありましたので、両立していたとはいえないかもしれません。このような事態にならないように、論文試験に合格する可能性を考えて、法科大学院の夏休みの間に、口述試験対策をしておけばよかったと思います。予備試験合格後の司法試験対策の時にも、しばらくは法科大学院生をしていました。しかし、司法試験に対してとても焦りがあったので、試験対策を重要視していました。大学院の授業は、試験対策になるものを選んで注力し、実務につながりの濃い、試験対策にはあまり直結しないようなものは、最小限のコストで済ませるように努めていました。興味深さや面白さは置いておいて、試験対策になるかどうかという点を常に念頭において行動を選んでいました。

LECの講座の良かった点

入門講座・論文基礎力養成答練について

入門講座によって、大学の授業で仕入れたバラバラな知識を体系だった理解に変えることができました。まだ授業を受けていなかった科目については、期末試験の勉強量を大幅に減らせるほどの、素晴らしい予習となりました。一人の先生が全科目教えてくださるので、科目を横断した話もしてくださり、理解が深まりました。論文基礎力養成答練は入門講座に直結した復習教材として役立ちました。法科大学院入試は入門講座の知識で臨み、結局予備試験もそれで合格できたので、非常に効率的・効果的に学べたと実感しています。

論文過去問パーフェクト赤木ゼミ(梅田駅前本校)について

入門講座でも赤木先生の講義を受けており、信頼している先生が、多数回にわたって答案添削・コメントしてくださる点が何よりもありがたかったです。添削の意図をその場で質問することもできますし、改善に向けての相談にも応じてくださいました。ゼミが始まるまで司法試験過去問を解いたことがなく、試験本番に向けて不安でいっぱいでしたが、ゼミによって早く答案の感覚をつかむことができ、少しずつ自信をつけていくことができました。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

失敗したことは、予備試験に合格するまで、具体的に司法試験対策をしていなかったことです。過去問は見たこともなく、選択科目についても考えていませんでした。結果的には合格に滑り込めたわけですが、常に先を見て努力していればと後悔していました。本番直線も、間に合わないという感覚が強く、解きたいのに解けていない問題集がたくさん残っており、特に気になる問題を選んで、問題文を読んですぐに解説を読むという、急場しのぎの対策をするしかない状態にもなりました。予備試験の時も口述試験対策を怠っており、予備試験の論文試験に合格してからは常に焦っていました。成功したと思うことは、入門講座の受講において、生講義に出席した回でもWEBフォローを聞いたことです。入門講座では、復習を4回することを推奨されていたと思いますが、そのうちの1回はWEBフォローを聞くことにしていました。講義中は講義のスピード感に負けて拾えていなかった要素を発見できたり、内容の理解が深まったりと、気付かされることが多かったため、おすすめです。WEBフォローは再生速度を変えられるため、自分の理解や必要性に合わせることができ、それほど負担にはなりませんでした。

LECに通ってここが良かった

LECを利用した動機でもありますが、効率よく学習できることです。学部の授業は奥深く面白くはありますが、試験対策とは若干離れた場所にあることがあります。さらに、初学者にとっては学習事項について、試験対策のための要否及びその程度を判断するのはとても難しいことです。LECの講座では試験対策としてのポイントや、答案の書き方にまで踏み込んで教えていただけます。また、授業とは違って専用のテキストにそったカリキュラムが組まれているため、いわゆる論点を見落とす心配が一応はありません。LECに通っていた先輩にも、入門講座の内容を押えていれば法科大学院入試は絶対大丈夫だからと言われ、安心した覚えがあります。そのように効率よく取り込むことができた知識が予備試験・司法試験でも生きたことは言うまでもありません。試験会場では、LECのテキストの内容を頑張って思い出していました。入門講座は生講義を受講していたので、講義の内容や、自主的に取り組む過去問についても質問できたこともとてもありがたかったです。

今後の抱負

まずは、入門講座のテキスト等で、司法修習までに今までの知識の復習をできればと考えています。司法修習にしっかり励み、依頼してよかったと思っていただける弁護士を目指します。実務の現場に踏み込んでいけるのがとても楽しみです。

PAGE TOP