0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
和田 眞悠子さんの合格体験記

合格者
予備試験在学中合格

コンパクトにまとまった講義が魅力的でした

和田 眞悠子 さん

年齢 22歳
大学 大阪大学(法学部)
受験資格 予備試験合格
司法試験受験回数 1回
LEC受講歴 法律科目基礎パック(入門講座赤木クラス・論文基礎力養成答練)・入門講座修了レベル予備対策インプット+短答模試コース(論文力完成講座〔現合格答案作成講座〕、予備試験全国短答ファイナル模試他)・論文直前答練・予備試験対策パック(予備試験ファイナル答練・予備試験論文公開模試)・予備試験口述模試・司法試験対策向コース(論文パーフェクト答練・全国公開模試他)・論文過去問ゼミ 赤木クラス

法曹を目指したきっかけ

大学で学んだことを人のために活かす仕事がしたいと考える中で、高校生のころから漠然と弁護士を志していました。その後、他の職種に興味が移ったこともありましたが、所属している法律相談部の活動を通して、目の前の人を救うことのできる弁護士という仕事を魅力的に感じたため、司法試験合格を目指すことを決めました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

他の予備校に比べて、各種講義がコンパクトである点に惹かれました。初学者としては講義が冗長であれば受講するだけで息切れしてしまうと思ったからです。実際にLECの入門講座は、講義もテキストも必要な部分がコンパクトにまとまっているので、効率よく何度も復習することができました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

私がLECの講座を通信で受け始めたのは大学2年次のときでした。2年次は大学での授業や定期試験、サークル活動が多く忙しかったため、配信された講義を溜めてしまうこともままありましたが、長期休暇に集中して受講することで講義を消化することができました。無理に通学して受講するのではなく、自身の忙しさに合わせて柔軟に勉強のスケジュールを組むことのできる通信システムを活用することが、私にとっての大学生活との両立のコツであったと思います。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

予備試験の論文式試験を7月に受けた際に不合格を確信したため、8月と9月はロー入試の勉強に注力してしまったのですが、この期間で司法試験の過去問を解いたり選択科目の勉強を始めたりしておけばよかったと思います。一方で、予備試験受験の際に短答の勉強を済ませていたことは、いざ司法試験の勉強を始めるにあたり大きなアドバンテージとなりました。

LECに通ってここが良かった

私は、赤木先生の入門講座・論文力完成講座(現合格答案作成講座)を受講しました。入門講座では、テキストに書かれている論証の不要な部分を削り、ときにはレジュメなどで補足しながら講義してくださいましたので、必要十分な論証を身につけることができました。赤木先生の論証をもとにまとめた自作ノートは、短答、論文、口述を通して知識確認の核となりました。また、前述の通り、各種講座がコンパクトにまとまっている点がLECの魅力であると感じています。

今後の抱負

私は、人の役に立つ仕事がしたいと考えて弁護士を志しました。人の役に立つ弁護士になるためには、知識や経験を多く積んで多方面で成長していかなければならないと強く感じています。司法試験合格に慢心することなく、あらゆることに貪欲に取り組んでいきたいです。

PAGE TOP