0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
T・Rさんの合格体験記

合格者
両立して合格

赤木先生の講義はとても充実していました!

T・R さん

年齢 26歳
大学 関西学院大学(法学部)
出身法科大学院 関西学院大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 4回
LEC受講歴 論文過去問ゼミ 赤木クラス

法曹を目指したきっかけ

法曹になりたいという訳ではなく、人生、最難関と言われる司法試験に合格したいという気持ちで、この道に進みました。合格した今、社会の隙間を埋めていけるような法曹を目指したいと考えています。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

赤木先生の論文過去問ゼミの説明会に参加したのがきっかけです。説明の中で、赤木先生が現行の司法試験について凄く詳しく分析されているなと感じ、この先生についていけば合格できるに違いないと確信し、LECを選ぶに至りました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

勉強計画を立てる際、オンとオフの切り替えができるように注意することが、仕事等との両立のコツだと思います。受験生活中は、アルバイト・派遣の仕事、ボランティアや海外旅行など学業以外のことも多くしていました。学業以外のことをすることで勉強する時は、しっかり集中するという切り替えができるようになり、ダラダラと勉強することが無くなりました。限られた時間で効率よく勉強することが大切だと思います。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

「失敗したこと」は、過去問を軽視していたことです。今まで論文の過去問は、軽く触れる程度の勉強しかしなかったので、短答は合格しましたが、最終合格はできませんでした。司法試験は間違った方向で勉強する危険性が高い試験だと思います。学校でも予備校でもいいので、信頼できる誰かにアドバイスをもらい、普段の勉強を正しい方向に軌道修正することも、司法試験に合格するためには必要だと思います。「成功したこと」は、直近の過去問(4年分)を徹底的に分析したことです。出題パターンを全て把握していたので、本番でも焦らずに落ち着いて対応できました。赤木先生のゼミでも、直近の4年分の過去問を扱われていて、各科目の戦略や問題へのアプローチの仕方を教えて頂けたので、本番で問題を解く際の参考になりました。

LECに通ってここが良かった

赤木先生のゼミ(添削コース)を受講し、①過去問を実際に書く機会を強制的に作れたこと、②先生に直接自分の答案に対してコメントを頂けたこと、及び③講義で問題へのアプローチを教えて頂けたことが、LECに通ってよかったことです。①過去問を実際に書くことは、本番での時間管理をシュミレーションできるので非常に有効でした。選択科目以外の過去問7科目、4年分、計28通の答案を書いたことで、書く速度もかなり上がりました。本番も時間が余り、見直しにも時間を割けたので、この点でも過去問を実際に書いたことは有効でした。②自分の書いた答案に対して赤木先生にコメントして頂きましたが、自分の出来てないことを自覚する契機になり、それを修正することで合格につながったと思います。例えば、先生は、私の答案に、知識面だけでなく、前半に時間を割き過ぎで、もう少し軽く書きましょうというアドバイスや答案前半の字が綺麗だから、もう少し崩しても大丈夫という答案戦略上のアドバイスもして頂きました。また、赤木先生に答案をA、B〜と評価して頂けたので、常にA評価を頂くことを目指しました。最後は、苦手な科目もA評価を頂くことができるようになり、自信をつけることができました。③先生の講義では、問題へのアプローチを教えて頂けたことが非常に有益でした。先生は、論点よりも当事者目線に立つことや条文・基本判例を重視することを何度も話されていて先生の講義を受けていくにつれて、私自身も自然に先生と同じ思考プロセスで問題にアプローチできるようになりました。どんな難問でも先生は、同じ思考プロセスで説明されるので、本番で難問が出ても普段と同じ解き方で対処できたので、難問にも何ら動じずに答案を書くことができました。選択科目の知的財産法も、同じ方法で解けるようになりました。

今後の抱負

司法試験に合格しましたが、スタート地点に立てたにすぎないと感じています。またゼロから頑張って社会に貢献できる人間になりたいと思います。

PAGE TOP