0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
藤田 圭介さんの合格体験記

合格者
両立して合格

コンパクトな教材でも質、量は最高級!

藤田 圭介 さん

年齢 27歳
大学 立命館大学(法学部)
出身法科大学院 立命館大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 4回
LEC受講歴 入試論点クイックチャージ講座・選択科目総整理講座

法曹を目指したきっかけ

祖父がサスペンスドラマ好きで、小学生のころから一緒に見ているうちに、ドラマに登場する弁護士のことを漠然とかっこいいと思うようになり、そのころから興味を持つようになりました。中高生になると、学校で将来の夢について具体的に考える機会が増えたこともあり、弁護士について調べるようになりました。その中で、松本サリン事件に遭遇し、冤罪被害者を救いたいという思いが芽生えました。そして、本気で弁護士を目指そうと思い、法学部に進学し、司法試験受験の道に足を踏み入れました。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

他の予備校では、倒産法と労働法のインプット講座は開講されていたものの、知的財産法に関しては、当時LECのみでしか開講されていなかった。また、友人に何度かLECの教材を見せてもらったり、学部時代にC-BOOKを利用したこともあり、LECの教材のコンパクトな解説で、短時間でマスターできることが魅力的だったので、LECの講座を選択しました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

私は、4回目の受験の際、LECに勤務していました。仕事内容は、司法試験ではなく公務員試験をメインに扱っており、仕事が勉強に役立つ環境ではありませんでした。また、平日5日間、9時から18時までの仕事でした。しかしながら、私の場合、一人で行動することが多く、しかも、電車やバスの移動がほとんどだったため、移動時間に短答の勉強や論証の記憶の時間にあてることができました。また、夜の勉強時間を確保するために、仕事内容を限定し、他の人ができる仕事については相談のうえで分担するなど、仕事が加重してなるべく残業にならないように工夫しました。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

受験1、2回目に関しては、短答は完択を回すのみで、過去問を繰り返し解いていなかったため、ギリギリの点数しか取れませんでした。他方、受験3、4回目は、過去問の正答率の高い問題のみを繰り返し解くで、短答の解法を身に付けることができ、8割前後の得点を維持することができました。論文に関しては、受験3回目まで答案構成や答練中心で、かつ、現場思考養成の演習型の勉強ばかりしており、基本論証のインプットを軽視していたため、基本論点で書き負け、合格に結びつきませんでした。しかし、4回目の受験の際は、基本論証のインプットに重きを置いた結果、基本論点で得点を取ることができ、合格に結びつけることができました。

LECに通ってここが良かった

働いていたこともあったので、選択科目に関しては、時間をかけすぎないようにしていました。LECの選択科目総整理講座は、100数ページを非常にコンパクトで、試験に頻出かつ重要な分野に絞ってまとめられているため、短時間で選択科目を理解するのに有益でした。また、図やイラストなどが豊富であったこともあり、記憶に残りやすく、選択科目を勉強する時期が半年以上空いても、ある程度のことは記憶している状態でいられました。さらに、論証集が付属されていたこと、体系よりも論文の書き方を意識したテキストの作りになっていたこともあり、答案の書き方は悩まずに身に付けることができました。

今後の抱負

自分自身、LECで働きながら司法試験に合格したことは奇跡だと今でも思っています。まだまだ実力不足であることを痛感しています。しかし、国家に合格を与えていただいたからこそ、その恩返しとして、立派な法曹になり、社会に恩返ししていかなければならないと思っています。そのような法曹になれるように努力していきます。

PAGE TOP