0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
Aさんの合格体験記

合格者

LECの先生方ありがとうございました。

A さん

年齢 22歳
大学 早稲田大学(法学部)
受験資格 予備試験合格
司法試験受験回数 1回
予備試験合格
LEC受講歴 入門講座が含まれる予備試験対策向コース(入門講座反町クラス・論文基礎力養成答練他)・適性試験対策講座・全国適性模試 ファイナル編・予備試験論文演習・予備試験対策向パック(予備試験ハイレベル論文答練・予備試験全国短答ファイナル模試他)

法曹を目指したきっかけ

僕が法曹を目指したきっかけは、高校生の時に受けた模擬裁判の授業でした。その模擬裁判の授業では、弁護人側、検察官側に分かれて被疑者の弁護、訴追を行うことになっていたのですが、その練習のために弁護士の先生が学校に来て弁論のやり方や尋問のやり方などを指導してくださったのです。その弁護士の先生は、指導も丁寧で本当に被疑者を救いたいという熱意にあふれた方だったので、僕も先生のような人間になりたいとあこがれを抱き、法曹に対する興味を持つようになりました。これが僕が法曹を目指したきっかけです。

合格までの道のり

LECを選んだ理由

僕がLECを選んだ理由は2つあります。1つ目は、LECが僕の通う大学の近くにあったため、LECに通うことで移動時間などに時間をとらずにすみ、その分の時間を勉強時間や友人との交流の時間に充てることができると考えたからです。2つ目の理由としては、LECの先生方の人柄に僕がひかれたからです。というのも、大学に入学した当初、僕はどの予備校に通うか迷っていて、複数の予備校の体験授業を受けさせていただいたのですが、LECの先生方の指導はとても熱心で心がこもっており、僕は高校時代あこがれた弁護士の先生のことを思い出しました。そして、この先生方の授業なら厳しくてもきっと頑張ってついていくことができる、きっとこの先生方なら僕を司法試験に合格させてくれると感じ、LECを選ばせていただきました。

仕事や学業、家庭の両立のコツ

僕自身は特に大学の授業とLECでの勉強を両立させようと工夫したことはないのですが、LECの授業の予習・復習、答練が結局のところ、大学の授業を有意義なものとし、結果的に大学の授業とLECでの授業とを両立させてくれたと感じています。

受験勉強を通じて「失敗したこと」「成功したこと」

受験勉強を通じて、「失敗した」ことは、当初基本書中心の勉強ばかりをしてしまい、肝心な論文を書くという努力を怠ったことです。僕は、司法試験という大きな壁に委縮してしまい、とにかく知識を完璧にしてから論文を書くようにしようと思っていたのですが、知識を覚えていることと覚えた知識を問題の事案に沿った、そして採点者に伝わるように表現することができるかどうかは全くの別問題で、結果的に非効率な勉強方法を続けてしまいました。逆に「成功した」と思うことは、以上の反省点を踏まえた上で、論文の学習を中心として継続しながら、他方でその過程で僕自身がわからないと感じたり、気になったことは判例の全文や講釈、学者の論文などを見るようにしたことです。このような勉強方法によって、論文における表現方法を学びながら、重要判例等についてピンポイントで深い理解を身に着けることができ、メリハリのある勉強をすることができたと感じています。

LECに通ってここが良かった

LECに通ってよかったと感じることは、なによりもLECの先生方の下で勉強をすることができたことです。LECの先生方は、とても受験生思いでやる気に満ち溢れている方ばかりでしたので、司法試験の勉強を続けることができ、その勉強の過程で法律の知識や素養ばかりでなく、法曹としての信念や生き方などもたくさん学ばせていただきました。また、僕が通っていたLECの先生で刑事系の講義を担当されていた先生は、特に刑法の判例に対する分析や判例の引用方法、事実の適示、表現方法が優れている方で、僕自身先生が作ってくださった起案などを見て、事案の分析手法や表現方法の多くを真似させていただきました。その結果、刑事系に対する自信がついたばかりでなく、その先生の刑法の論文の書き方をまねて刑法をある程度やりこんだことで、刑法だけでなく、他の科目についても事案の分析手法や表現方法、思考方法も身につけることができました。そのおかげで、自分の事案の分析や思考にも自信を持つことができるようになり、大きな壁であるとずっと感じていた司法試験もそこまで怖いものではなく、自分の力を出し切れば受かることができる試験であると感じることができるようになりました。

今後の抱負

僕自身は当初は特に刑事弁護人になりたいと考えていたのですが、LECの先生方や友人、たくさんの人たちと交流するうちに、法律家の仕事はどれも魅力あるものであり、僕自身どの仕事に就いたとしても楽しむことができるだろうと思うようになったため、現在特にこの仕事をしてみたいと熱望しているものはありません。しかし、LECの先生方をはじめとした自分の仕事を誇りを持って取り組む人間には絶対になりたいと思っていますので、これからも慢心することなく日々勉強を続け、己を磨いていきたいと思います。最後になりますが、LECの皆さん、特にLECの先生方たくさんのことを学ばせていただいて本当にどうもありがとうございました。先生方のおかげで長い司法試験生活も楽しく過ごすことができました。ありがとうございます。

PAGE TOP