0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
K・Yさんの合格体験記

合格者

司法試験で求められる基礎的な土台は、LECの入門講座で作られていったと思っています!

K・Y さん

年齢 25歳
略歴 中学生の頃から、正義の味方になりたいという素朴な気持ちから法律家を目指すようになり、
2010年に高校を卒業し、京都大学法学部へ進学。
2014年京都大学法科大学院既修者コース入学。
2016年司法試験1回目合格。
受講歴 入門講座、論文基礎力養成講座、論文力完成講座(演習編)、法科大学院論文演習 他

法科大学院入学、予備試験受験、法曹を目指したきっかけ

私が法曹を目指したのは、中学生の頃、様々な職業について本やインターネットで調べていたところ、正義感がもともと強かった自分には、法曹がぴったりなのではないかと思ったからです。それから、法学部を受験し、法科大学院に進学し、司法試験に合格するという、まっすぐ法曹を目指した進路を進んできました。法律の勉強は、やっていて面白いと感じる場面が多かったため、自分の進路選択が間違っていたと考えたことはありません。法律の勉強が嫌いだと、一生嫌いなことをし続けなければならないので、この点は大事なことだと思っています。

合格までの道のり

私は法科大学院受験のために学部3年次の夏頃にLECの入門講座を受講することにしました。法学部の授業は、法科大学院入試で求められる全範囲をしっかり終わってくれるというわけではありませんでしたし、答案を書く対策といったものは一切なかったため、試験に合格するにはどのような知識が必要で、どういった答案を書けば良いのかの判断ができなかったためです。数ある予備校の中でLECにしたのは、インターネットで色々調べた結果、有名な先生が複数在籍されているようであったうえ、費用が比較的安かったためです。

私の大学では学部2年次からようやく法律の各科目の勉強が始まり、3年次では下4法はやっていない人も多いくらいでした。それゆえ、法科大学院入試に必要な知識は圧倒的に不足しており、時間もない状況でした。しかし、LECの入門講座は、必要かつ充分な知識を示してくれ、また、答案を書くことも見越した指導であったことで、効率的に勉強を進めていくことができました。

論証が付属していたことも非常に良かったです。論証を暗記することは害悪であるかのようによく言われています。確かに丸暗記して吐き出すことは害悪ですが、キーワードはやはり覚える必要はありますし、問題に応じて書くべきことを取捨選択するようにすれば、論証は非常に有益なツールであると思っています。

そうして、LECの入門講座で一気に知識を補充していくことで、法科大学院入試は受験した全ての法科大学院に合格しました。

法科大学院では、学部よりやはり高度な授業が行われていましたが、結局、司法試験合格のために必要な最低限の土台は、LECで勉強したものであったように思います。司法試験では高度な知識や思考力が求められているのではなく、基礎的な知識や思考力があれば十分上位で合格できるものだからです。

受験勉強を通して「成功した」と思うこと

私は、合格に必要なものをしっかり自分なりに分析して、正しい勉強の方向性をいつも考えていました。私は日々勉強に割く時間が少なかったのですが、そのなかでも良い結果が出せたのは、正しい方向に向かって積み重ねていくことができていたからだと思っています。

誤った方向への努力は、時間や労力を消費するにも関わらず点数にはならず、合格にはむしろ害悪です。司法試験の勉強は高校までの勉強と違って求められているものを理解することが少し難しいため、自分のやっていることが試験の合格に向かっているのかはよく考えるべきだと思います。その判断をする参考材料として、答練や模試があるのだと思います。

今後の抱負

法曹三者の中でいずれの進路に就くかについては未定ですが、いずれになるにせよ、一生勉強し続けなければならないのがこの世界であると感じています。法は社会と関わるものであり、社会は時代により目まぐるしく変化するからです。決して慢心することなく、粛々と自己研鑽に励み、世の中のためになる仕事をしていけるよう努力していきたいと思っています。

LECに通ってココが良かった!

費用が安いのに、教材の質は良く、また講師の先生の解説が非常に分かりやすかったため、とても効率よく勉強を進めていくことができました。司法試験で求められる基礎的な土台は、LECの入門講座で作られていったと思っています。土台がしっかりしないままで法科大学院の高度な授業を受けても、それで司法試験に受かることはできないと思います。逆に土台さえできていれば、法科大学院の授業は司法試験に受かるには高度すぎるくらいであったように思います。なによりも土台をしっかり固めること、そのためにLECの入門講座をうまく活用していくことをおすすめします。

PAGE TOP