0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

適性試験対策講座

適性試験対策講座

しっかり対策をすれば、点数は伸びる。それが適性試験です。
難関法科大学に合格するためにLECで適性試験対策をはじめましょう。

適性試験・適性試験講座の特徴

時間内に本試験問題、解けますか?

しっかり対策をすれば、点数は伸びる。そして法律の学修にも役立つ。それが適性試験です。
難関法科大学院に合格するために、LECで適性試験対策をはじめましょう。

LECで適性試験対策をはじめましょう

所要時間は、約90秒間です。

問題
2015年法科大学院全国統一適性試験(第1回) 第1部・問題17

3つの環境要因(「空気中の二酸化炭素濃度」、「昼の長さ」、「昼夜の温度差」)を変えて、ある植物の花の咲く条件を調査した。その結果、下記の4つの条件のときに花が咲くことが確認できた。さらに、これら4つの条件から、「濃度が低く昼の長さが長い」または「夜の長さが長く温度差が小さい」ときに花が咲くということが分かった。

  1. 条件① 「濃度が高く夜の長さが長く温度差が小さい」
  2. 条件② 「濃度が低く昼の長さが長く温度差が大きい」
  3. 条件③ 「         P         」
  4. 条件④ 「         Q         」

1〜5のうち、下線部に示した結論を得るために必要な、上記のPとQの条件の組み合わせとして正しいものを1つ選びなさい。

条件
  1. ア.濃度が低く昼の長さが長く温度差が小さい
  2. イ.濃度が高く昼の長さが長く温度差が小さい
  3. ウ.濃度が低く夜の長さが長く温度差が大きい
  4. エ.濃度が低く夜の長さが長く温度差が小さい
  5. オ.濃度が高く夜の長さが長く温度差が大きい
  1. アイ
  2. アエ
  3. イオ
  4. ウエ
  5. エオ

解答・解説

いかがでしたでしょうか。

ポイント

どのような試験でも、高得点を獲得するには「よく出題される分野を重点的に学習する」ということが必要です。適性試験では、その頻出分野は形式論理や資料解釈などとなります。

そのため、本問のように形式論理のエッセンスを有する問題については、どのような角度で問われようとも、確実に正解する必要があります。
特に、近時の適性試験では、従来型の典型的な形式論理問題はややひねったタイプのものも散見されますので、十分な準備が必要です。

解説

形式論理の問題を解くにあたっては、まず与えられた命題の意味を正確に理解することが必要です。本問では、①「濃度が低く昼の長さが長い」または、②「夜の長さが長く温度差が小さい」ときに花が咲く、命題が与えられています。

まず、①のほうからみていきましょう。意味をしっかりと把握するため、言葉を補って詳しく読むと、"濃度が低く、かつ、昼の長さが長ければ、他の条件如何にかかわらず、必ず花が咲く"ということになります。そして、この問題では、条件として挙げられているものは「空気中の二酸化炭素濃度」「昼の長さ」「昼夜の温度差」の3つしかありませんから、先述の「他の条件」として考えられるものは「昼夜の温度差」しか考えられません。
そうすると、①の命題を得るためには、「空気中の二酸化炭素濃度」が低く、かつ「昼の長さ」が長い、という条件さえ満たせば、「昼夜の温度差」の如何に関わらず花が咲くということを証明できればいいわけです。
このためには、「空気中の二酸化炭素濃度」が低く、かつ「昼の長さ」が長く、かつ「昼夜の温度差」が大きい、という場合と、「空気中の二酸化炭素濃度」が低く、かつ「昼の長さ」が長く、かつ「昼夜の温度差」が小さい、という2つの場合が存在すればいいことになります。
このうち、前者についてはすでに条件②に挙げられていますので、残る後者を条件に追加すれば命題を証明できます。そのため、正解の1つは、条件アとなります。

残る②の命題も同じように考えます。

②の命題を詳述すると、「夜の長さ」が長い、かつ「昼夜の温度差」が小さい、という場合には、「空気中の二酸化炭素濃度」如何にかかわらず、必ず花が咲くということを意味します。
そうすると、さきほどと同じように考えて、「夜の長さが長い」かつ「昼夜の温度差」が小さい、かつ「空気中の二酸化炭素濃度」が高い、という場合と、「夜の長さが長い」かつ「昼夜の温度差」が小さい、かつ「空気中の二酸化炭素濃度」が低い、という2つの場合が存在すれば②の命題を証明できることになります。

このうち、前者については条件①に記載がありますので、後者である条件エを追加すれば命題②を得ることができるわけです。
したがって、もう1つの正解は条件エとなります。

以上より、アとエが必要な条件となりますので、選択肢2が正解となります。

LECの適性試験対策講座

LECの適性試験対策講座

担当講師:永野 康次 LEC専任講師

永野 康次 LEC専任講師
講師メッセージ

みなさんこんにちは。LEC専任講師の永野です。

適性試験は多くの受験生が「法律科目の対策で時間がない」「問題を解いても点数が伸びない」などと感じ、つい対策を後回しにしてしまう分野です。

そこで、私の講義では、①原則として予習・復習のいらない講義内完結型で進行し、内容としても、②適性試験で最も重要な、短時間で正確に解ける解法のインプット、③身につけた解法をより確実なものとする十分な演習を行います。

独学では修得不可能な効率のよい解法を多数紹介しますので、適性試験が苦手な方はもちろん、点数を高い水準で安定させたい方にもおすすめです。

プロフィール

一橋大学大学院法学研究科、修士課程修了(法学修士)。大学院在学中に、国家公務員I種(現総合職)に合格※

2012年早稲田大学法科大学院へ進学、在学中の2014年には予備試験合格。2015年同法科大学院を修了後、司法試験に一発合格(総合56位)。適性試験、小論文試験など、法科大学院入試のエキスパートとして活躍するほか、公務員試験や予備試験の一般教養科目の講義も担当。

研究職を養成する修士課程を経た上、公務員、法科大学院、予備試験、司法試験、すべてに合格し、法律以外の科目も担当できるオールラウンド講師として、さらに活躍の場を広げている。

※現在の国家総合職試験

適性試験対策講座 講義案内

解法マスター編 INPUT 講義85分⇒休憩10分⇒講義85分

初歩の初歩から問題の解法をマスターしていきます。

  1. POINT① 適性試験に必要な思考技術・解法をマスター!
  2. POINT② 「苦手な人でも短時間で解ける」を徹底講義!
  3. POINT③ 試験で使える「活きたテクニック」を習得!
解法マスター編 INPUT

演習編 OUTPUT 演習⇒解説⇒演習⇒解説

本試験と同じ時間での演習を繰り返し、実力をより確かなものにする。

  1. POINT① 本試験傾向の「良問」を多数演習!
  2. POINT② 問題ごとの解法や時間配分のコツも徹底解説!
  3. POINT③ 習得した解法を確実に定着させることが可能!
演習編 OUTPUT

講座一覧

適性試験フリートライアル模試

おためし無料体験模試

この"適性試験フリートライアル模試"は適性試験のレベルを体感することを目的に実施します。

適性試験フリートライアル模試(Web受験)ご利用方法

適性試験対策フルパック

適性試験対策に必要な全ての講座がパックに

「適性試験対策講座」と「全国適性模試パーフェクト編」「全国適性模試ファイナル編」を組み合わせたパックをご用意いたしました。適性試験対策において必要とされる全ての対策がこのパックに含まれています。効率的な学習をしたい方におすすめです。

適性試験対策

適性試験対策ライトパック

基本講座と直前模試のお得なパック

「適性試験対策講座」と直前模試である「全国適性模試ファイナル編」を組み合わせたパックをご用意いたしました。「適性試験対策講座」で基本的なインプットとアウトプットの対策を行い、「全国適性模試ファイナル編」で本試験のシミュレーションを行い最終の総仕上げを行います。

適性試験対策ライトパック

適性試験対策講座

LECが誇る適性試験対策講座

法科大学院設立当初から、「効率的に短時間で」をテーマにブラッシュアップを重ねてきました。適性試験が苦手な方でも、短時間で解答を導くテクニックが身につく講座となっております。インプット(解法マスター)より、アウトプット(演習編)を多く組み込み、多くの問題で知識の確認ができるようになっております。永野講師と一緒に適性試験をアドヴァンテージに変えていきましょう。

適性試験対策講座

PAGE TOP