0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2017年度合格
田中 友基さんの合格体験記

合格者

合格できた年に受講した工藤先生が本当にわかりやすく理解することの楽しみを感じながら学習できた。

田中 友基 さん (30歳代)

受講した講座 工藤プロジェクトSwing-byセミナー
コースの受講形態 通信
受験回数 2回

社労士受験を志した理由とLECを選んだきっかけ

仲の良い友達がLECで司法書士に合格したのがきっかけで、社会保険労務士を目指しました。LECを選んだのは、講座説明などをしていただいたスタッフさんの対応が本当に丁寧で分かり易かったからです。一年目に申し込んだ通学の竹原講師の講義がとてもわかりやすく、体験授業をさせていただき、すぐに「あ、この先生に教えていただこう!」と決めました。私はその通学でフォローのDVDを澤井先生で申し込みましたが、澤井先生の授業もとてもわかりやすく、生講義で竹原先生、DVDでフォローを澤井先生、という流れでとても力をつけることができました。

LECの講義、教材、講師の良かったところ

二年目の合格できた年に受講した工藤先生のスウィングバイセミナーが本当にわかりやすく、社労士試験を突破するためには何をするべきか、どのよう年間のタイムスケジュールを組むべきか等を講義の中で教えて頂き、それに沿って学習を進めることで理解することの楽しみを感じながら学習することができたことがよかったです。あとは、滝先生のテレフォンチューターも活用させていただきましたが、二年目、私は通信で工藤先生のスウィングバイセミナーを受講していましたので、通信の受講生でも講師に直接質問をすることが出来るのは、モチベーションの維持からもとても助かりました。

復習や学習方法で工夫したところ

インプット
工藤先生が講義中によくおっしゃっておられた学習スケジュールをとても意識していました。3月までに過去問(出題者がどの論点を聞こうとしているのかの確認や、自分なりの出題傾向の分析など)はある程度仕上げて、4月以降はテキストの読み込み(講師から教えて頂いた重要箇所や行間の、暗記や理解、選択式対策を意識したテキストの読み込みなど)に徹底しました。
アウトプット
どの科目学習をやっている時も横断を意識して学習をしていていました。過去問に関してですが、とても優秀な問題集だと思います。そして最低でも5回位は回して、しっかりと消化しなければいけないと改めて感じました。ただ昨今の社労士試験は過去問からの出題が減少してきているのも事実で、とにかく早めに過去問を一通り済ませて、テキストの読み込みの割合を4月か、5月のGWくらいを目安に増やしていきました。模擬試験に関しては、しっかりと復習をすること、私の場合、模擬試験の平均点が本試験でも均衡してきましたので、過去問を早めに消化し、選択式対策を意識したテキストの読み込みをするべきだと感じました。

苦しい時、どう乗り切りましたか?

幸いLECのカリキュラムがとても充実していたので、比較的楽しく学習できたと思います。講義に関しては、わかりやすいものでしたので分からないことへの辛さというものはほとんどありませんでした。私の場合は学習をしない日は作らないときめていましたので、365日毎日、最低2時間は必ず学習時間を確保してきました。

社労士資格をどう活かしていきたいですか?

すぐに登録を済ませて開業いたします。そのつもりで最初から学習をすすめておりました。とにかく行動あるのみ。開業後は、自分の事務所の売上をしっかりとあげていきたいという思いはもちろんありますが、誰かの役にたち、感謝される仕事をしたいという風に思っております。それが今、社会的ニーズの高い社会保険労務士という資格で可能だと私は感じております。

これから受験される方へのメッセージ

私は一年目、選択式の労働一般常識で基準点を割ってしまい、惜しくも不合格となりました。落ち込んでいた私にその時から支えてくださり、色々なアドバイスを頂いた社会保険労務士の方に「自分も受験生の時にマークシートの記入ミスで不合格となったことがあった。でもそれを乗り越え、最終的に合格できたことが、この今の社労士開業人生のお守りとなって何度も苦しいことを乗り越えることができた。ギリギリではなくて余裕で合格するためにも、もう一年頑張ろうよ!」と言われ、気持ちを新たに学習を続けました。今、合格して振り返り感じることは、特に社労士試験を複数回受験されている受験生の方に対して、あきらめずに頑張ることは本当に素晴らしいことで、続けることでいつか必ず、夢は現実のものとなると思います。それがいつなのかがわからないという不安はみんな一緒です。そのプレッシャーの中、自分自身の力で勝ち取ることができた暁には社労士という資格だけではなく、また別の宝があると私は感じました。本当に心から応援いたします。継続は力なりと信じ、やる気に甘えず頑張ってください!!!

PAGE TOP