LEC提携校 資格羽ばたく合格者の声

提携校通学のメリット イベント情報 公開模試情報 提携校から羽ばたく合格者の声 提携校お申込手続きに関する注意 自習室開放時間

LECでは、「あなたの近くにLECはあります」をモットーに全国に提携校を展開しております。
「学習環境を確保したいけれど、LEC本校は遠くて通えない」といったお客様のために地域密着型の提携校は最適です。
そんな提携校で学習された方の合格までの軌跡はこれから学習を始めれられる皆様にとって数々の合格へのヒントが見つかるはずです。

集中力を切らさず、毎日の学習のペースを作ること

公務員試験を目指した理由

大学時代に独学で公務員試験にチャレンジしたのですが、失敗してしまいました。その後、公務員になりたい気持ちが折れてしまったこともありましたが、公務職場で臨時職員として働いたことで、改めて公務員として働きたいと強く思うようになり、再度チャレンジすることにしました。


学習開始時期

本格的に勉強をし始めたのは、試験の約半年前からです。


学習方法

◆筆記試験
仕事をしながらの学習だったため、社会・人文・自然科学や時事に関しては、仕事の休憩時間等の隙間時間と休日を利用して、過去問演習を行いました。数的処理や文章理解は仕事が終わって毎日LECに通い、復習を中心とした学習を繰り返しました。
特に、数的処理は苦手科目だったため、毎日必ず問題を解くようにし、勘が鈍らないように気を付けました。

◆面接・論文試験
面接カードや論文に何度も目を通してもらい、添削をしていただきました。
面接対策も、本番でされる質問を想定していただき、面接カードに沿った受け答えの練習を重ねました。練習をすることで、自分の癖が分かり、その癖が出ないように意識できるようになりました。そのおかげで、本番では自信を持って対応することができました。


受験を通して感じたこと

少ない時間の中で、受験当日に学習を間に合わせるために、いつまでにどの参考書を終わらせるかなど、日にち・時間単位で細かく計画して学習に臨みました。もし、最初に計画をせずに学習を進めていたら、おそらく当日までに学習が終わらなかったと思います。

また、公務員試験は覚えることも多く、不安になることやストレスが溜まることもあるかと思います。そういった中で、きちんと割り切り、友達と遊んだりしてストレスを上手く発散することも、効率的に学習を進める上で大切だと思います。(遊んでばかりではダメですが…)


最後に

家で勉強をしていると、集中力が切れることも多かったのですが、LECで勉強を始めたおかげで、集中力を切らさず、毎日の学習のペースを作ることができました。

合格できたのは、LECで最後までサポートしてもらったことや、周りにいる方々の応援があったからだと思います。本当にありがとうございました。


  • お名前
    O・U さん
  • 受験資格
    公務員
    (地方上級・国家一般職レベル)
  • 受講講座
    2014年合格目標
    教養コース
  • ご利用提携校
    松江殿町校

  • 前の体験記を読む
  • 次の体験記を読む
体験記一覧に戻る