LEC提携校 資格羽ばたく合格者の声

提携校通学のメリット イベント情報 公開模試情報 提携校から羽ばたく合格者の声 提携校お申込手続きに関する注意 自習室開放時間

LECでは、「あなたの近くにLECはあります」をモットーに全国に提携校を展開しております。
「学習環境を確保したいけれど、LEC本校は遠くて通えない」といったお客様のために地域密着型の提携校は最適です。
そんな提携校で学習された方の合格までの軌跡はこれから学習を始めれられる皆様にとって数々の合格へのヒントが見つかるはずです。

メリハリ学習で無事合格

はじめに

法科大学院を受験すると決めた時、まず第一に集中して勉強できる環境を得たいと考えた。 LECでは自宅学習コースと通学コースがあったが、自宅でずっと1人で学習するよりも 他の人も勉強している姿を見たほうが集中できると思い、 自宅での学習よりも通学し教室で学ぶコースを選んだ。

また、確かに通学には時間がかかるが、予定を立てて計画的に通学することでよりメリハリのある学習ができると考えた。


合格までの過程

最初は既修者コースを目指して法律の勉強を始めたが、学習を始めた当初は在職中であり仕事との兼ね合いがうまくいかず、 途中から未修者コースの受験に切り替えた。未修者コースの試験では5月と6月に行われる統一適性試験で高得点を取ることが重要だったので、 その対策に集中して取り組んだ。私は特に早く問題を解くことが苦手だったので、 時間を意識しながら問題を解く適性試験対策講座はとても役に立った。

志望動機書は先生や友人に何度も添削してもらい、 自分では気付かなかった点を指摘して頂くことや様々なアドバイスを頂いたことで、 納得のいく志望動機書を完成させることができた。

しかし、8月と9月に受験した私立3校はすべて落ちてしまう。この時期が精神的に一番辛かった。 だが、落ち込んでいてもしょうがないので、もう一度小論文の基礎を勉強し直したり 時事問題に関係する小論文を読み込んだりして後半の受験に備えた。 結果的に後半受験した2校は無事に合格することができて良かったと思う。


おわりに

試験を終えてみて、最初から未修者コースを目指していたら仕事を続けながら合格することができたかもしれない。 ただ、説明会や試験が遠方であるためにその都度休みを取らねばならず、 そのことを考えるとやはり仕事との両立は難しかったのかなとも思う。

これから4月の入学に向けて法律の基礎学習を進めていくにあたり、 また今後大学院で法律を学んでいく過程においても法律の入門講座は役に立っていくと思う。 大学院での授業と入門講座での基礎学習を大切にしながら、司法試験の合格を目指しこれからもがんばりたい。


  • お名前
    T・T さん
  • 受験資格
    法科大学院
  • 受講講座
    2011年向け
    法科大学院レギュラー
    コース
  • ご利用提携校
    松江殿町校

  • 前の体験記を読む
  • 次の体験記を読む
体験記一覧に戻る