LEC提携校 資格羽ばたく合格者の声

提携校通学のメリット イベント情報 公開模試情報 提携校から羽ばたく合格者の声 提携校お申込手続きに関する注意 自習室開放時間

LECでは、「あなたの近くにLECはあります」をモットーに全国に提携校を展開しております。
「学習環境を確保したいけれど、LEC本校は遠くて通えない」といったお客様のために地域密着型の提携校は最適です。
そんな提携校で学習された方の合格までの軌跡はこれから学習を始めれられる皆様にとって数々の合格へのヒントが見つかるはずです。

辛さは合格へ近づいている証拠

司法書士をめざした理由

私は大学の初めごろから将来について考え、どうしても自分が企業に入って仕事をしているイメージが持てず、 大学で専攻していた法律に興味があったので、漠然と法律に関する仕事をして生きていきたいと考えるようになりました。

しかし、法律の仕事を一生の仕事としてやっていくには、法学部を卒業しただけでは難しく、専門的な資格を取得することが必要不可欠と考えました。 そこで大学に設置してあったLECのパンフレットを見て、資格説明会に出席しました。

そこで、LECの担当者の方から具体的な説明を受け、いろいろな資格がある中で、司法書士は街の身近な法律家として注目されていること、 そして近年業務の範囲も広がっておりこれからの可能性も大きい資格であることから魅力を感じ、めざすことを決意しました。


LECを選んだ理由

LECを選んだ1番の理由は、受講生・合格者の人数の多さです。 合格するためには、たくさんの受講生が目にする問題を自分も知り解けるようにしておくことが大切だと考えました。 合格者レベルの方々と差のない知識を身につけたいと考えた時、LECなら安心だと思いました。

多くの合格者を輩出しているLECの授業をしっかり受け、実践問題や模試などを徹底的にマスターすれば自分も合格できるのではないかと考えました。 その他、合格アドバイザーに定期的に質問・相談できるシステムや夜遅くまで空いている自習室があったりと、勉強するのに最適な環境があると思いました。


択一問題対策

15ヵ月コースの担当だった先生が過去問題集「合格ゾーン」は、問題を解く基本であり、問題を見ただけで答えがすぐ頭に思い浮かぶようになるぐらいまで繰り返しやりましょうとおっしゃっていたので、その言葉通り何度も繰り返しました。 合格できた年は、合格ゾーンのほとんどの問題が即答できるようになっていたと思います。
択一の基準点を超える事が記述を採点してもらえる条件であるため、択一は「安定した知識」と「実際にその知識を使って正解肢を選びだす力」をつけることを心掛けました。

本試験で、「この問題は見たことあるんだけど、どうだったかな」というような曖昧な知識はできる限り無いようにして、完璧に解ける問題か初めて見たので解けなくて当然の問題(周りの受験生と差がつかない問題)のどちらかになるようにしようという気持ちで勉強に取り組みました。 実際には、LECの択一の講座や模試などで間違った問題は抜き出し、1冊のファイルにし、繰り返しみるようにしました。 そして、やったことをなるべく忘れないために翌日は前日の復習をする時間を少し設けるようにしていました。


記述対策

記述は何がでるか分からない、本番でどんなミスをするのか想像がつかないという不安がすごくありました。 ですので、不安を無くすためにも、とにかくいろいろ問題を解こうと思い、不動産登記・商業登記を毎日それぞれ1問づつ解きました。 私は夜ご飯を食べ終わった9時から問題をそれぞれ1時間で解くと時間を決めて続けました。 自分との1つの約束だと思ってやれば継続できました。

書式の問題をたくさん解くことができる体系書式講座・的中書式講座を受講し、問題を幅広く解きました。 解く上で心掛けていたのは、いつも同じ方法で問題を解く事ことです。 問題を読み進めていく手順や問題文のメモ取り方や回答欄を埋めるタイミングなど自分にあった見落としの少なくなる方法を早く確立し、その方法でいつも問題をとく癖をつけるようにしました。 択一の勉強方法と同じように、間違った所を書き出しまとめたノートを作りました。


模試について

私は模試を本試験のような気持ちで本気で受けました。 本試験は1問で合否がわかれます。 模試だから…という気持ちはなしにして、1問1問にこだわる気持ちで模試を受けました。 時間配分を調整する良い機会にもなりますので、模試の大活用をおススメします。


これから司法書士試験の合格を目指される方へ

司法書士試験は、長丁場の困難な試験です。 諦めたくなるような辛い時期もあると思います。 そんな時は、司法書士になりたいと思った当初の熱い気持ちを思い出し、そして辛いという事は自分が合格に着実に近づいている証拠だと思い頑張って下さい。

合格する者なら誰でも通る険しい道で、やりとげた先に合格があるのだと思います。 最後になりましたが、私の勉強を支えて下さったLECのスタッフの方、家族、友人に心から感謝を致します。 ありがとうございました。


  • お名前
    塩野 真弓 さん
  • 受験資格
    司法書士
  • 受講講座
    2009年
    記述強化パック
  • ご利用提携校
    松江殿町校

  • 前の体験記を読む
  • 次の体験記を読む
体験記一覧に戻る