私たち、福岡本校で合格しました! 合格体験記<司法書士編>

s_goukaku_messag.png
 
 
ゼロからの挑戦
 
小野 敬 さん(男性) 24歳 高卒onotakasiphoto.jpg
受験回数1回  新15ヵ月合格コース<春生>出身
  
【司法書士を目指すまで】
 私がこの資格を志す前は、法律などとはまるで縁のない、販売業や営業職をやっていました。実際、司法書士という職業がどのようなことをする職業なのかも知りませんでした。
 
【司法書士を目指した理由・きっかけ】
 そんな私が脱サラして司法書士を目指すきっかけになったのは、第一に、この資格に受験資格がなかったこと。第二に、資格取得後に勉強した内容が活かせること、大学受験の数学や物理などと違い、実務に直結した学習内容なのですごく合理的で無駄がない所に惹かれました。第三に、独立開業するにあたり資本が他の業種より安価であることに魅力を感じてこの資格を選びました。講座申込み当時は乗りといいますか…結構イキオイであったというのも否定はできませんが…そんなこんなで司法書士という資格を志すことにしました。
 
【LECを選んだ理由】
 私がなぜLECにしたかというと、申し込み当時インターネットによる通信講義が主流で講師による生講義なるものが福岡ではLECでしか行われていなかったからです。どちらかというと追い込まれないと頑張れないタイプの私だったので どうせ受講するなら、生講義だな…とそれだけは決めていました。また、社会人だった場合に退職して申し込みをすると大幅割引と願ってもないキャンペーン中だったのもLECを選んだ理由でもあります。法曹界や資格受験について全く無知だったので、別段評判などで入ったわけではありませんが、LECにしてよかったと合格した今強く感じています。
  
【新15ヵ月合格コースについて】
 実際に新15ヶ月合格コースの講座が週三回の一コマ三時間のペースで、専業受験生の私にとっては最適でした。一日の時間配分をキチンとすれば、働きながらでも復習を怠らなければついていけないという授業速度ではないと思います。また初学者が最低限やらなければならない箇所を講師があらかじめピックアップして講義が進んでいくので、他にプラスで講座をとったりする必要もないので経済面からしても安心でした。
 
【ブレークスルーについて】
 合格するために必要な情報が、集約されていて私の場合はブレークスルーテキストのみを使用した勉強方法だったのですが、他に参考書を購入する必要なく学習を進めることができました。また、出題頻度でランク付けされており初学者としては目安に出来たので重宝しました。
 
【生講義、担当講師について】
 あらかじめ担当講師により授業に即した範囲の問題演習を生講義開始前に小テストという形式で取り組める環境が整備されていたので、同じ生クラスの仲間たちと切磋琢磨して楽しく取り組むことができしました。時には互いにわからない論点について質問できたりと、本当に仲間がいたからへこたれずに15ヵ月やってこられた気がします。また、どうしても理解できない論点については授業開始前、あるいはメールでのフォロー体制が整っていたので、疑問を疑問のまま終わらせない。それが生クラスでの強みだと思います。
 
【フォローアップ制度について】
 LECが開放している自習室を利用していました。私は人一倍娯楽の誘惑に弱いタイプなので、自分以外の人が勉強している環境に身をおくことで一定の緊張感と維持することができました。また自分よりも先に司法書士を目指している人と触れ合えるのもいい刺激になっていたので、受験勉強の後半はほぼ毎日LECの自習室に通っていました。
 
【精撰答練[ファイナル編]について】
 そんなこんなで、あっという間に12ヶ月間の講義期間は終わり、4月、直前三ヶ月からは精撰答練[ファイナル編]が始まりました。今までやはり過去問とテキストを並行してやっていたものの結果は惨敗でした。この惨敗のおかげで問題に取り組む姿勢と言うものを考えるようになり、本試験1ヶ月前の模試においては合格判定をとれるようになりました。つまりそれは、今までやってきた勉強はあくまでも問題の内容を理解するための勉強であり、ただ単純に点数を取るための勉強ではないということです。出題者の意図を読み取る技術さえ付ければ、簡単に点数は取れてくるということです。この点を意識して、精撰答練で訓練できたことそれが私の合格できた要因だと思っています。
 
【勉強方法について】
 これから勉強をするにあたってはあらかじめ、勉強方法についてプランニングしておくことをおススメします。いざ始まって肝心なやり方が定まってないと、ダラダラと場当たり的な学習をしてしまう可能性があります。ので、WEBと生クラスの講師が異なっていたので、WEBは一切使うことなく生クラスの講義だけで学習を進めていきました。実際に生クラスでの講義が始まり、自宅学習は復習ベースで予習をすることは一切ありませんでした。というより当初はまだバイトをしていたので到底予習をする暇などなかったからです。このスタイルはバイトを辞めてからも同じでした。最初の11ヵ月のインプットの期間は、生講義を受講してそれを録音する→後日テキストとともに聞きなおして、講師BLOGに列挙されているポイントとともに確認する→ブレークスルーに記載されている過去問を解く→テキストを読み直す→BLOGを見る→過去問→過去問 という風に徐々に過去問と六法のみで復習できるようにやるべきことを削ぎ落としていく勉強方法をやっていました。当たり前ですが、六法は直前期までかなり活用していました。疑問に思えば六法を引く判例を確認する。気が付けば条文の番号まで言えるようになるくらい引いていました。
 本試験の4ヶ月前からは、択一対策として過去問を年度別に分冊して午前、午後ともに各15年分を35問ずつの形式で問題演習に取り組んでいました。これは本試験前日までやっていました。分冊することで手軽に本試験の感覚を身につけることができ、時間配分の練習にもなります。分冊した当初は一年分解くのにかなりの時間を使っていましたが最後の方には45分くらいでできるようになりました。また、今日は二年分などというように一日の勉強量の目安にもなりやすいので、私はおススメします。だだ分冊する作業がかなり面倒なので、直前3ヶ月になる前にしておいた方がいいかと思います。私の場合、家族で作業しました。書式においては商登法、不登法を一日最低一問ずつやっていました。他は、移動時間や細切れの時間を有効活用するために、要点などを自分で記入した暗記カードを作成して、少しでも時間ができたら見るようにしていました。受講した答練も次間違えることがない程度に復習はしていました。
 本試験の結果は 午前78点(基準点78点) 午後84点(基準点72点)記述53.0点(基準点39.5点)合計215.0点(合格点207.5点)で午前の択一には基準点ギリギリで結果発表まではものすごく不安でした。本試験で午前は時間が余ったからといって、答えを直感的に書き直したりするなどの行為はよっぽど根拠がない限りはもう二度としないと実感させられました。
 
【これから司法書士試験合格を目指す方へのアドバイス】
 15ヵ月という時間アッという間に過ぎてしまいます。その限られた時間の中でこの試験は、いかにコンパクトに膨大な試験範囲を頭の中に整理するかが、キーになってくるかとおもいます。15ヵ月間で勉強できる時間は限られています。また、すべての論点を隈なく追っていたのでは、到底記憶できる量ではないです。私は当初から一発で合格するつもりで勉強していたので、いかに試験範囲に手を広げ過ぎずにベーシックな所を完璧にマスターするかというスタンスで勉強に望んでいました。択一においては過去問とブレークスルーのみ、書式においても、商業登記法・不動産登記法それぞれ一冊を擦り切れるほど繰り返しました。直前期においても同様でした。いかにブレずに担当講師と自分を信じることが大切だと合格した今でも痛感しています。司法書士試験は、年一回の一発勝負です。答練でいかに得点が高くても本番にそれが活かしきれなければ意味がありません。ですので、日々の積み重ねで養った根拠のない自信をいかに本試験会場に持ち込めるかが命運を分けると思います。ようは、「やってやる」という意気込みです。受かりたいという気持ちが強い者から合格していくのだと思います。また、本試験に対する戦略も疎かにする事は出来ません。時間配分や問題を解くリズムだったり、自分なりのジンクスだったりと色々とあると思います。記述の筆記用具にしてもしかりです。直前3ヶ月は模試などを上手く活用して自分なりの戦い方を見出してください。見出すことで自分で決めたやり方に責任を持つようになり、私はこのことに気付かなければ短期合格できなかったと思うほど重要のポイントだと思っています。
 最後に、この試験はやり方さえ間違えなければ、一発で合格できない試験ではないと思います。ただ、合格のみが成果であり、単に勉強する事自体は成果ではないのでそれなりのリスクはありますが、そのリスクは日々の積み重ねと本試験に対する戦略で大幅に低くする事は可能です。また、そのリスクは後に人生において大きな経験値となります。最後まで諦めず精一杯頑張って下さい。これが私からのアドバイスです。

 
家族・受験仲間に助けられて、合格!
 
叶 英恵 さん(女性) 28歳kanouhanaephoto.jpg
受験回数2回 新15ヵ月合格コース<秋生>出身
 
【司法書士を目指すまでの生活、目指した理由・きっかけ】
 私は大学卒業後、社会人となり、働いていました。時々楽しいこともありましたが、大半は忍耐にエネルギーを費やしていました。私は会社の中で、目標を見つけることが出来なかったため、何の為に我慢しているのか分からず、遂には会社を辞めることを決断しました。その後、これからの人生を考えました。全エネルギーを費やして働くなら、その結果が自分に返ってくるものがいい一生懸命働くなら、困っている人の力になれる仕事がいいなと思い、司法書士を目指しました。
  
【LECを選んだ理由、および講座・担当講師を選んだ理由】
 勉強するにあたり、家で勉強出来ない私は予備校に通うという選択をしました。いくつかある予備校の中でLECを選んだのは、合格実績があるからです。私は通学でDVDを視聴するという形態で、初学者向けの15ヶ月コースを受講しました。担当講師は二人の先生の中から選べるということだったので、最初に二人の先生の講義を視聴して、佐々木ひろみ先生のクラスに入ることにしました。私が佐々木先生を選んだのには3つの理由があります。1、女性である私は女性講師の考え方、勉強の進め方が合っているのではないかと推測したからです。2、佐々木先生の笑顔が素敵で、声がソフトなので、気持ち良く15ヶ月視聴出来るのではないかと考えました。3、授業の合間にする雑談が楽しく、やる気が沸いてくるからです。
 
【新15ヵ月合格コースについて】
 新15ヵ月合格コースを受けてみて、初学者の私でも分かりやすく、丁寧に説明してくれるので、自然に法的思考にも慣れることが出来ました。カリキュラムも、段々と分かるよう、先生が教える順番などを工夫して下さるので良かったです。
 
【ブレークスルーについて】
 基本書であるブレークスルーは、ポイント欄や、過去問情報なども掲載され、使いやすかったです。私のお気に入りは本文に入る前の、Navigator’s Voiceのページです。試験で問われる論点はあまり書かれていませんが、法律ごとの背景や、イメージを描くのに役立ちます。
 
【担当講師について】
 私の担当講師である佐々木ひろみ先生の講義は、民法なら、論点ごとに分かりやすい図を用いた事例を出して説明してくださるので、理解しやすく、問題を解くときも、頭の中に簡単な図が浮かび、先生の優しい声と共に、すんなり解答することが出来ました。又、基礎答練での解説講義で、他の先生の講義を聴く機会がありました。会社法の解説講義では、会社法の細かい知識の整理の仕方など教わり、大変役立ちました。
 
【フォローアップ制度について】
 LECには自習室があるので、家で勉強がはかどらない私でも、集中して勉強することが出来ました。
 
【これから司法書士試験合格を目指す方へのアドバイス】
 私が最初の壁にぶつかったのは、法律の専門用語、法的思考です。法律の専門用語というのは、今までの私の日常生活で使われなかったので、まるで外国語の勉強をしているようでした。そして、慣れない法的考えは、異文化に触れたような感じがしました。先生が事例を出して論点を説明してくれたのをまねして、過去問を解く時に、口語調にいったん修正して、問題を解くなど、馴染みやすいように勉強しました。このような作業は時間がかかりますが、学習が進むに従い、次第に専門用語にも慣れてきて、口語調に修正することなく問題を解くことが出来るようになりました。
 次にぶちあったった壁は書式です。答練では、時間が足りず、不動産登記法までしか答案を書くことが出来ませんでした。講座には、体系書式講座基礎編が組み込まれていましたが、受講するのを忘れていた為、解答構成のやり方が分からず、問題をペラペラめくり、メモ書きもせず、答案を書いていた為、非常に時間をロスしていました。後で、講座を受けましたが、一回目の受験の時には、間に合いませんでした。二年目の勉強で、択一の知識を上げながら、書式例、添付書面など即座に出てくるように、コツコツ積み上げ、ある程度まで書けるようになりました。
 私が勉強スタイルを確立するまで、いくつか、ポイントとなる経験がありました。最初のポイントは会社法に入る直前です。佐々木先生が、「会社法でこける人が多いので、頑張って下さい」とおっしゃっていました。私は、先生のコメントを聞いて、俄然やる気が沸いたのです。会社法を得意にしたら、ライバルと差をつけることが出来る!チャンスだ!と思ったからです。会社法は改正が行われていたので、平成10年以降の過去問だけ解けばいいとのことでしたが、会社法を得意にしたい私は、過去問、全て解くことにしました。おそらく他の人と比べて、2倍の問題量を解いたと思います。頑張った甲斐あって、基礎答練の会社法で2位になることができました。この経験は今後の勉強に非常に役立ちました。たくさんの問題量を解くことでスピードが速くなる。スピードが速くなることで、知識量が増える。一つの問題文から、一つのキーワード又は一つの論点を読み、考えることなく、即座に解答をだす。単純化、出来るだけ余計なものを省くことが出来、たくさんの量を頭に整理して、入れることが出来たのです。
 しかし、私は単元ごとの答練ではまあまあ、いい成績を出していたのですが、4月から始まる、答練で全然いい成績を出すことが出来なかったのです。問題が全く分からないというわけではないのですが、なんとなく分からなかったのです。あんなに一生懸命勉強したのだから忘れることなんてないと勘違いしていたのです。勘違いしていた私は、過去問を繰り返し解くということはしていなかったのです。今思えば、問題を解く時に×ばっかりつくのが嫌だったので、問題を解く前に、単元ごとに一生懸命、細かい知識を覚えて、その時だけ、○がつくように解いていたので、次の単元で、細かい事を、テキストでおさえている内に、スコン、スコン前の単元が抜けていたようです。私は本試験で受かる為の勉強をしていたのではなく、その時だけ気分が良くなるように自己満で勉強していたのだと反省しました。一回目の受験、残り一ヶ月で時間があまり無かったので、2回以上間違った問題に限定して解くことにしました。やり方を変えてすぐに成績が上がることはなかったのですが、自分の中では、なんとなくいい感じになってきたなと思っていました。ラスト2回の模試では、午前、午後、どちらかは合格ラインに届くようになりました。本試験直前の決起会では、ある講師の方が、「試験直前の一週間は、普通の勉強の一ヶ月分位のことを集中してできる」とおっしゃっていたので、私は信じました。本試験まで、頭に知識を詰め込むだけ詰め込み、本番、解答用紙に全部吐き出そうと。結果、合格することは出来ませんでしたが、初めて、午前も午後も基準点を越えることが出来、大変嬉しかったのと同時に、やっぱりめちゃくちゃ悔しかったです。この様な大きな勘違いからの失敗、試験に落ちて悔しかった想いを基に私の勉強スタイルの基本が確立しました。
 大体の私の勉強スタイルが確立して、少しは自信がついていましたが、やはり二年目は絶対受かりたいという気持ちからプレッシャーを感じ、不安だったので、LECの先生にアドバイスをもらいました。「成績は、上がったり、下がったりすることがあると思うから、自分のピークを本試験に持っていくように調節してごらん」とのことでした。私は先生のくれたアドバイスについて考え、自分の知識量のピークを模索しました。私の知識量が高まっている時は、全問一周した後、分からない問題を全部潰した時でした。そして、その知識の量を保てるのは、2週間が限界ということがわかりました。私はこれを基に勉強計画を立てました。本試験に合わせた勉強なので、途中の模試で知識量の下がった時に結果が悪かったとしても、全然気にすることはありませんでした。
私の問題の回し方は、肢ごとに問題を解いて、少し考えて分からなければ、すぐ答えを見る。わからなかった肢だけに○印をつけ、答えは合っているが論点が違っていた、なんとなくあやふやだ、もう一回解いたほうがいいような気がする肢に☆をつけるというものです。又、ロッカーが狭くて全部の問題を入れることが出来ないという理由で、印の付いたページを破り、破ったページのみロッカーに直していました。やぶられなかった問題は家の棚に解いた順に並べていきました。一周するとロッカーの中には解いた順に間違いつぶし一周目の問題のみがあるのです。そしてまた同じことの繰り返しで、間違いをつぶした問題は家の棚に順に、間違い0の問題の後に整理されます。同じようなことを繰り返しロッカーが空になるまで、間違いをつぶしていくのです(実際には一度に問題を、ロッカーまで移動するのは大変なので、序々に問題を持って行くことになり、ロッカーが空になることはないのですが)。ページを破ることでいいメリットがあります。自分の間違いやすい類似問題を集め、連続して解くことにより、比較しやすくなり、綺麗に頭が整理されました。問題を解く時に心掛けたことは、分からない問題で止まらないということです。分からない問題を、分からないと把握するだけで十分だということです。分からない問題の大半は、何度も問題を回していく内に自然と理解出来るからです。それでも分からないなら、休憩中など、他の受験生に質問します。それでも分からないなら、諦めます。本試験で出ないよう神頼みです。仮に出たとしても、その肢で判断することが出来ないということだけ分かれば、正解への確率も少しは上がります。私はこの様に、一周(間違いが0になるまで)を3ヶ月のペースで解くようにしていました。
 私は、この様な勉強方法で合格することができました。ここに紹介した以外にも様々な工夫を自分なりにやっていましたが、このように、勉強のことだけを考えさせてくれる環境を与えてくれた両親に、切磋琢磨しながら受験勉強した仲間との出会いに感謝します。これから、勉強を始める皆さん、皆さんを応援してくれる人の存在で、自然と勇気が沸いてくると思います。勇気を持って、合格を獲りに行って下さい。

合格者たちも、最初はみなさんと同じでした。LEC福岡本校は、みなさんの夢をかなえるお手伝いをいたします。資格のプロがアドバイスいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

hukuoka_time3.jpg