0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

不動産業者の方へ

大手不動産業界では、マンション管理業界への参入が当たりまえにおこなわれてきました。そのマンション管理業への新規の参入が街の不動産業者にも広まっています。

不動産会社に新たなニーズ!マンション管理業登録!

今や不動産会社は、土地建物の売買や賃貸の仲介だけでは、経営するのが難しい時代になったといわれています。

もともと賃貸物件の管理は不動産会社の得意とするところですが、昨今、街の不動産屋さんがさらに分譲マンション管理業への参入をはじめています。
自社の営業地域内の分譲マンションから管理委託を受け管理業務もおこなっているのです。
マンション管理業は、不動産業の収益形態とは異なり、毎月安定した収入に結びつくところが最大のメリットといえます。
確かに新築分譲マンションでは、デベロッパーの指定する大手管理会社が当初の管理委託を引き受けますが、数年を経て管理会社を変更するマンション管理組合が非常に多くなってきているのです。
管理組合にとって信頼できる管理会社が選ばれる時代になりました。
全国のマンション棟数からみれば、まだまだ管理会社は足りません。一人のフロント担当者が、十数棟の管理組合の運営にかかわるには少々無理があります。片手間になるのも当然です。
そういった点で、"痒いところに手が届く""信頼できる"、親しみのある近所の不動産屋さんやマンション管理業者を選ぶ管理組合が多くなったのでしょう。
マンション住民の高齢化や単身世帯、またマンション内の防犯防災対策なども要因の一つといえます。

このマンション管理業者に登録するためには、国家資格である管理業務主任者が絶対に必要となります。

ある地方都市では、家族だけで不動産屋さんを営んでいたところ、『このマンション管理業に新規参入してから経営が安定した』、という話も聞いております。
是非、不動産業界の方、特に不動産会社を営んでいる方には、この管理業務主任者資格の取得をお勧めいたします。
さらに、それ以上に信用力を付けたいとお考えの方は、マンション管理士の同時受験もお考えになってはいかがでしょうか。
試験の範囲はほぼ同じですので、同時に合格している受験生も多数いらっしゃいます。
マンション管理士は、管理業をおこなうにあたって絶対に必要な資格ではありませんが、マンション管理組合に助言、指導及び支援等をおこなうことが主な仕事で、行政からの要請による派遣なども多い仕事です。少々合格率は低いですが、マンション管理業者にとって有益な資格であることには間違いありません。
当社のマンション管理士課の講座『マンション管理士・管理業務主任者 パーフェクトW合格パック』は、双方の資格合格のためのすべてを網羅し、自身を持ってお勧めできる講座です。ぜひ一度、お考え頂きたく存じます。よろしくお願いいたします。

PAGE TOP