0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
内田 瞬也さんの合格体験記

内田 瞬也さん

内田 瞬也さん

最終合格先
  • 国家総合職(大卒・法律)
大学 東京大学
受講コース 2018年合格目標 総合職〔法律区分・教養区分〕Standardコース
受講形態 通学受講

私が合格・内定を獲得できた理由

綿密な計画・粘り強い実行力

僕は試験本番の3ヶ月前から本格的に勉強を始めました。難関と言われる公務員試験で合格を勝ち取るために、まずは本番までに自分がこなさなければならないことをリストアップしました。LECの教材ですべての科目がカバーできるので、LEC以外の教材はほとんど使っていませんでした。リストアップしたものを月ごと、日ごとに細かく分け、1日にその分だけやれば勉強が順調に進むようにしていました。公務員試験は科目が多く、やみくもに勉強をしていても効率的に勉強することはできません。計画を立てた後は、1日ごとのノルマを必ず達成できるよう全力で勉強をこなしていました。このような計画力と実行力のおかげで合格を勝ち取ることができたと思います。

LECを選んだ理由

コストパフォーマンス

LECは他の予備校と比べ地味なイメージが僕の中にありました。しかし、実際に教材を見比べてみると他の予備校とは違いがほぼありませんし、LECの教材で学ぶだけで合格に達することができるものでした。また、LECは他の予備校に比べ受講料が安くなっています。つまり、より少ないコストで、他の予備校と同じパフォーマンス(=合格)を出すことができるのです。そういったコストパフォーマンスの良さから、LECを選択しました。

私の勉強方法のポイント

計画力・選択と集中

やはり一番大事なのは、計画を立てることとそれを粘り強く続けることだと思います。また、選択科目を含めてすべての科目を勉強することはなかなか大変なので、自分の中である程度科目を絞って勉強することも1つの手だと考えています。僕自身は法律区分で受験しましたが、法律区分選択科目については労働法・刑法・財政学に絞って勉強し、国際法など大学で学んでこなかったものは初めから勉強していませんでした。さらに言えば、自分の苦手科目を無理に克服する、ということは必ずしも必要ではありません。僕自身はどれだけ勉強しても数的処理の成績が上がらなかったため、他の科目を伸ばすことでその欠点を補うよう意識していました。

私が公務員を目指した理由

他には絶対できない仕事

今の日本は人口減少社会と言われていますが、その問題は地方で特に問題となっています。出生率の低下の他にも多くの若者が都市に移動するからです。また、自分自身田舎で暮らす中で周囲の人たちが皆都会に目を向け都会に合わせようとする意識を持っていると感じ、どこか寂しさを覚えました。社会全体でも、人々の意識レベルでも衰退の一途をたどる地方に何かアプローチをしたく、そういった問題に根本から取り組める公務員を志望しました。収益不動産事業など、地方を活性化できるようなビジネスは世の中に多くありますが、根本から国全体を、制度や法を使って動かしていけるのは他にはない魅力です。

私の面接試験エピソード

前もって準備をしよう

僕の受けた年の試験は、二次試験の終わった2日後〜約1か月までの間にすべての受験者が面接を受けに行くという形でした。どうせ1週間くらい間が空くだろうと高をくくっていたら、二次試験2日後に面接試験が入ってしまい、急いで準備をしました。二次試験の勉強も忙しいかと思いますが、僕みたいにならないよう前もって面接の準備はしておきましょう。面接試験当日は1タームに200人弱の受験生が招集されます。面接の順番が早い人は集合から1時間くらいで解放されるのですが、遅い人は4,5時間ほど拘束されます。どのくらい拘束されるかは会場に行ってみるまで分かりません。本など時間をつぶせるものがあるといいかもしれません。

PAGE TOP