0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
N・Sさんの合格体験記

合格者

N・Sさん

最終合格先
  • 国家総合職(大卒・経済)
大学 お茶の水女子大学
受講コース 2018年合格目標 総合職〔経済区分・教養区分〕2年Basicコース
受講形態 通学受講

私が合格・内定を獲得できた理由

最後まであきらめなかったこと

私は早い段階で公務員になりたいと考えていたので、時間的に余裕をもって勉強できました。しかし、直前期の模試では、合格には程遠い成績が出ましたが、本番から逆算して、できる限りの力を振り絞って勉強に取り組んだことが、結果を出すことにつながりました。さらに、LECの情報量は充実したもので、なかなかWeb上では得られないことがたくさんあり、とても支えになりました。特に、私は合格体験記を読むのが好きで、同じ境遇の方を参考にしたり、疑問があればいろんな方に相談にのってもらったりしたことも内々定を得られたことの理由であると思っています。

LECを選んだ理由

実績と料金

私は予備校選びに、実績と料金を重点に選びました。私の場合は、国家公務員総合職として働きたいという思い、つまり目的がはっきりしていたので、その手段として、安い料金で、多くの情報を持ち、ノウハウをしっかり提供してくださるLECを選びました。次に、カリキュラムと講師や職員の方々の対応を、他の予備校と比較して選びました。実際、LECの冊子に掲載されているカリキュラム通りに学ぶことで、自然と合格水準に達することができました。

私の勉強方法のポイント

勉強の質を高め、戦略を立てたこと

私は経済学部ではなかったので、一から経済の勉強をしました。はじめは、自分なりにまとめノートを作り、問題演習を繰り返すうちに、大事な箇所が見えてくるので、ノートにどんどん書き込んでいきました。直前期は、隙間時間や就寝前には、そのノートを見て覚えていました。そして、定期的に勉強の計画を立てており、特に一通り勉強が済むと自分の得意不得意な科目が分かるので、試験突破の戦略として、点数の取りにくい科目をカバーできるくらいに、得点源となっていた科目を重点的に取り組みました。

私が公務員を目指した理由

日本社会をより快適に

私は、経済格差や学力格差などを目の当たりにしたことを契機に、国民が、自らの可能性を広げ、果敢に人生を歩める日本社会を築きたいと思ったからです。チャンスは平等にあっても、そのチャンスをつかむのに、妨げとなる障害の数々があり、たとえば、経済面や環境面が充実せず、スキルや情報が不足すれば、視野が狭くなり、能力を存分に発揮できないと考えていました。その障害を除き、国民の皆さんが安心・安全に暮らし、成長できる社会を作りたいと思い、国家公務員を志望しました。

私の面接試験エピソード

まさかの我が家が被災(官庁訪問中)

私の実家は西日本にあり、ちょうど第一クールの三日目の夜、豪雨で故郷は水没し、実家も二階まで浸水しましたが、無事親は自衛隊に救助されました。まさか官庁訪問中に被災するとは思っておらず、情緒不安定なまま第二クールに臨み、なかなか面接に集中できず、今年は諦めた方が良いのかと考えあぐねました。しかし、志望動機を読み返し、初心に戻り、国家公務員として何ができるのか考え直すことで、被災の体験も踏まえて公務員の存在意義の重要性を感じ、その思いを面接でぶつけていったことが、結果的に内々定に結びついたと思っています。

PAGE TOP