0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

公務員に合格されたお子様をもつ保護者の方へのインタビュー

公務員採用試験に合格されたお子様をもつ保護者の方へのインタビューを掲載!

LEC公務員コース受講生で公務員試験に合格されたお子様をもつ保護者の方に対して行ったインタビューです。
サポートや予備校を利用して良かった点など、実際の声を紹介しております。

講師の方からのサポートの手厚さに感謝しています。

  • 国家総合職・東京都特別区に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:スペシャルコース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
公務員試験を受けることに関しての事前の相談などは特にありませんでした。本人が自身で決断し、予備校への入校を決めたことを後から聞きました。父親は、娘に公務員にはなってほしくないと強く考えていたようですが、予備校費は本人が全て自費で支払っており、本人の意志が固かったため、家族共々娘の受験を応援しておりました。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
私共から特別なサポート等はしておりません。娘は昔から自己管理がしっかりとできるタイプであったため、受験勉強に関して親が口を出したり心配するようなことは一切ありませんでした。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
講師の方からのサポートの手厚さに感謝しています。信頼できる講師の方にお会いできたことが、娘としてはとても心強かったようです。お世話になっている講師の方との話を、私にもよく話してくれたのが印象的でした。娘の話を聞いていると、講師の方々にはとてもよくしていただいているようで、先生方との距離の近さがうかがえました。予備校を利用する上では、講義よりもそれ以外でのサポートの手厚さが重要なのではないでしょうか。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
本人がどのような基準で予備校を選択したのかは分かりませんが、親の立場としては合格率の他に、講師の方々の質や人柄、スタッフの方々の対応等を重視すると思います。ただし、就職試験、資格の予備校に関しては、本人が決めるべきことなので、本人が安心して通えることが一番だと思います。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
一番最初の合格報告である国家総合職への合格を聞いた際には、家族一同大変嬉しく思いました。娘が日々努力している姿を見てきたので、その努力が報われて一安心致しました。第一志望ではなかったものの、この合格がその後の本命の試験に向けての自信になっていたように思います。

アットホームな雰囲気で、息子に合っていました。また、合格者アドバイザーの意見がとても貴重だったようです。

  • 東京都特別区・横浜市に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:スペシャルコース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
高校の時から、なりたい職業を模索していました。私たちは、自分のやりたい事を仕事にして欲しいと思っていました。大学に入り、ゼミの勉強の内容で地元に貢献した仕事をしたいと話していました。それが、横浜市の職員だったようです。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
以前、公務員になるには、公務員予備校に通ったほうが良いと話していました。本人も納得していて、早い時期から数か所の公務員予備校の説明会を聞きに行ってダブルスクールで勉強すると決めていたようです。特に、何もサポートしていませんが、時々話を聞いていました。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
同じ職種を目指しているお友達や、アドバイザーの方の話を時々家でもしていました。アットホームな雰囲気で、息子には合っていたと思います。エントリーシートの添削や、面接練習がとても役に立ったと話していました。合格者アドバイザーの意見がとても貴重だったようです。本人も、アドバイザーになりましたが、自分の経験を次の生徒さんにしっかり伝えていきたいと言っております。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
学校からの帰り道にあり、通いやすいところが決め手としては大きかったのだと思います。説明会での内容や実績、通う校舎の雰囲気、講師の方々の印象で、本人がここに通って勉強したいと思える予備校だったのだと思います。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
民間企業よりも、公務員試験の合格の発表は遅いので、息子も「大丈夫だよ!」と言いながら、少し不安そうでした。志望先の合格を聞いたときは、とても安心しました。

独学より遥かに恵まれた環境下であることに安心していました。

  • 千葉県庁に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:土木職速習コース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
子供が大学2年生の頃、子供から民間志望の打診があったが、私共は公務員を勧めていた。民間志望に関しても反対はしなかったが、子供も徐々に公務員を志望するようになっていたらしく、気付けば公務員試験を申し込んでいた。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
知り合いの公務員の方々から公務員の働き方などを聞き、子供と情報共有はしていた。私共は公務員受験経験もないため試験に関するアドバイスは特にしていなかったが、面接は共通する部分があるので面接練習や面接カードの添削は行っていた。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
必要となる全てのテキストと何度でも聴ける通信の講義があり、さらに自習室も使えることや面接対策もしていただけることで独学より遥かに恵まれた環境下であることに安心していた。一つの講座の充実性が良かったと思う。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
勉強のわからなかった点を質問し、教えていただけるシステムや担当の先生方や合格した受講生さんに相談できるようなサポート体制が充実している点は入校の決め手となった。書店に行けば公務員試験のテキストが多数あり、独学でも良いテキストが手に入る中予備校を選ぶ決め手はやはりそういったサポート体制の充実性だと考えていた。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
とにかく安心した。大学の友人などは民間で既に就職先が決まっている子が多いと子供から聞いていたため、子供も私共も不安が募っていた。地方公務員の試験は特に合否が決まるのが遅かったため、ようやく決まったと心底ほっとしたような気分だった。

独学では得られない情報提供や親身なアドバイスを受けられたことは大変有意義であったと思います。

  • 東京都庁・横浜市に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:スペシャルコース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
本人から、将来公務員になることを目指したい、との相談がありました。元々、家族の中での会話の中でも、公務員という仕事について何度か話題にあがったこともありましたので、その場で、両親ともに賛成いたしました。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
家族から直接的なアドバイスはしておりません。アドバイスは大学のキャリアセンターの職員の方やLECのスタッフの皆様にお任せしていました。サポート面では健康状態や遅い帰宅時間に合わせた食事などの配慮をしました。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
独学では得られない情報提供や親身なアドバイスを受けられたことは大変有意義であったと思います。LECのスケジュールや模試なども、予備校ならではのノウハウを活かしたサポートで、利用して良かったと感じています。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
学習する上で疑問や壁にぶつかったとき、ベストな解決法を指導していただく環境が重要だと思います。予備校は生徒数も多いことから、過去の成功例や失敗例を多くデータとして収集されていらっしゃると思いますし、アドバイザーとしても高い信頼度があります。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
両親ともに大変嬉しく、そして安心いたしました。本人がコツコツと努力していた結果が実ればと願っておりましたので、結果を聞いたときは、ほっと胸をなでおろしました。社会人として、順調なスタートをしてくれればと思います。

担任相談や面接対策などの勉強以外のサポートが充実しており、よかったと思います。

  • 東京都庁・国税専門官に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:スペシャルコース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
相談というより、子供の方から「公務員になりたいから予備校へ行かせてほしい」と懇願されました。親として子供の夢はできるだけ応援したかったので予備校に通わせることにしました。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
お恥ずかしい話ですが、大学の学費と一人暮らしの家賃を払うのが精一杯のため、生活費は子供がアルバイトをしてやりくりしていました。しかし、本試験前の3ヶ月間は勉強に集中できるよう生活費を仕送りしました。離れて暮らしていましたが、メンタルは強い子なので精神面は心配していませんでした。そのため、予備校での様子を聞くことはありましたが、アドバイスをしたり悩みを聞いたりということはありませんでした。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
独学だと情報収集にも時間をとられて効率が悪いと思うので通わせてよかったと思います。また、配属先が違っても予備校で知り合った人が同期になるというのはなにかと心強いと思うので、そういった面でも予備校に通わせてよかったと思っています。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
まず、自宅から通いやすく駅からも近いことです。自宅から遠いと予備校まで行くのが億劫になってしまうと思います。特にうちの子は、自宅で勉強するのが苦手で、予備校の自習室を利用したいということだったのでこの点は選択のポイントとだったのかなと思います。次に、勉強以外のサポートが充実していることです。LECでは担任相談制度や面接対策講座が充実しており、子供もこうした制度に満足していたためよかったと思っています。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
勉強に割ける時間が短かっただろうによく頑張ってくれたと喜びもひとしおでした。かなり努力はしていたと思うので、その努力の成果が出て本当によかったと思っています。公務員試験一本で受けており、全て落ちてしまった場合はどうしようかという不安もあったため、今はほっとしています。

第一志望に合格した連絡が来たときはガッツポーズがでてしまいました。

  • 東京都特別区・川崎市に合格されたお子様をもつ保護者様
  • お子様の受講コース:スペシャルコース
Q1:公務員になりたいとお子様から相談がありましたか?それともご両親からのすすめですか?
中学生ごろから個人面談などで公務員志望と言っていました。大学受験、学部を選択するときも公務員志望を考慮して、基本的な法律が学べる法学部を選択していました。大学3年生から予備校に通うことになり、夏には公務員のインターンに参加するなどしていて、本気度が伝わってきました。民間との併願を提案しましたが、器用ではないので、公務員一本に絞りたいとのことで承諾しました。
Q2:お子様の学習中、保護者の方から何かアドバイスやサポートはされていましたか?
学習面のサポートは予備校にお任せして、生活面でのサポートを心掛けていました。食事には、特に気をつかいました。夕食はできる限り、あたたかいものを提供していましたし、栄養のバランスにも気をつかいました。アルバイトをして学習がおろそかになっては本末転倒なので、金銭面のサポートも行っていました。
Q3:予備校を利用してよかったと、保護者の方が感じたことはございましたか?
公務員試験は、予備校に通わないと合格するのは難しいと言われていますので、本人からの申し出で通うことになりました。受験をするのは中学受験以来なので他の受験生との情報交換もできてよかったようです。特に論文の講師の方とは相性がよかったようで、本人のモチベーションも維持できていた様子でした。
Q4:予備校を利用する選択のポイントは何だと思われますか?
カリキュラムが充実していて選択肢が多いこと、通学に便利なターミナル駅の徒歩10分以内の場所に校舎があること、アドバイザーなどの相談体制が充実していること、オプション講座などの募集をネットで告知してどこからでも申し込みできること、以上のような内容で受講料が安価ならなおよいと思います。
Q5:「合格」と報告をもらった時のお気持ちは?
受験期間が4月から始まり長期にわたるので、本人はもちろんでしょうが、私たちもモチベーションを保ち続けるのが正直大変でした。毎回合格発表に一喜一憂していました。特別区が第一志望で、一次試験に合格したことも嬉しかったですが、第一志望区に合格した連絡が来たときはガッツポーズが出てしまいました。勉強漬けの1年だったので努力は報われるのだなと感じました。

保護者様向け 公務員資料請求はこちら

PAGE TOP