0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

経営学検定/マネジメント検定

経営学検定/マネジメント検定

マネジメントに関する基礎的・専門的知識および、経営管理能力や問題解決能力が一定水準に達していることを全国レベルで資格認定する検定試験です。初級〜中級〜上級の3グレード構成となっています。マネジメント検定の呼称も使用しています。

キャリアアップイメージ図

試験日

  日程 申込期間
初級 第29回 2017年6月25日(日) 4月1日(土)〜5月20日(土)
中級 第28回 2017年6月25日(日) 4月1日(土)〜5月20日(土)

活用事例

昇進・昇格要件

活用事例:
メーカーN社、情報システムA社、など
運用:
社内の職位に沿った幅広い経営管理知識と実践力の開発に経営学検定試験を活用。主任クラスには初級、中間管理者(課長クラス)には中級、幹部(部長クラス)には上級の資格取得を昇格要件のひとつとして義務づけている。
対象社員:
主任クラス、課長職、部長職

幹部候補の選抜研修

活用事例:
損保会社T社、化学メーカーS社、など
運用:
将来の経営幹部育成のために、対象者を絞り込んだ育成プログラムの一環として活用。経営戦略やマネジメントなど、経営に関する基本的な知識を修得させるため、マネジメント力養成講座アドバンス(通信教育)と経営学検定試験中級の受験をプログラムに採り入れている。
対象社員:
30歳〜35歳の若手社員から選抜

女性リーダー育成プログラム

活用事例:
情報通信N社
運用:
女性登用推進の流れを受け、中堅女性社員の中から選抜された方へリーダー育成プログラムを実施。育成の一環として経営知識をプログラムに導入、さまざまな研修の最終仕上げとして経営学検定中級を受験。このプログラムを通じ経営に興味を持つ受講生も多く、自主的に上級試験を受験、経営大学院へ進むなど意識改革の一助となっている。
対象社員:
中堅女性社員

経営学授業における評価の参考

活用事例:
S大学、T大学
運用:
1、2年生時の経営学の基礎を学ぶ授業において、学んだ内容の定着および仕上げとして経営学検定初級を受験させ、合格者に対しては評価に反映させる。3年時からはゼミにおいて経営の体系的知識をベースに、個々のテーマの研究を行う。
対象社員:
大学1、2年生

PAGE TOP