0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
神田 駿一さんの合格体験記

合格者

LECは特に短期間での集中合格を目指す方にオススメ

神田 駿一 さん

東京大学経済学部金融学科在学中合格

公認会計士を目指したきっかけと時期

私は大学入学直後から、何かしらの専門知識を身に付けたいと考え、漠然と簿記の勉強を始めました。そして、簿記を勉強しているうちに、会計学や公認会計士という職業に興味を持ち始め、大学2年生の春から本格的に公認会計士試験の勉強を始めました。公認会計士という職業は、将来のキャリアプランの見通しが立てやすい点や、若いうちからプロフェッショナルとして責任感のある仕事を任せていただける点が魅力的だと考えています。

数ある予備校からLECを選んだ理由

大学の先輩で、公認会計士を目指している方がLECに通っており、オススメしていただいたため、私もLECを受講することにしました。LECは、教材の質が高く、また正解すべき問題・論点をはっきり示してくれるため、特に短期間での集中合格を目指す方にオススメという印象です。また、LECは他の予備校と比較して価格もリーズナブルで、また短答と論文でカリキュラムが完全に分かれているため、試験勉強を始めるまで会計の勉強が自分に向いているか分からない中、とりあえず短答式コースだけを受講できる点が魅力的に映り、LECで公認会計士試験の勉強を始めることにしました。

LECのカリキュラムの良かった点や活用方法

LECのカリキュラムの良かった点は、短答と論文でカリキュラムが完全に分かれていた点だと思います。同じ「企業法」であっても、短答の企業法と論文の企業法では、求められる勉強が完全に別物だと思うので、最初からどちらの試験も意識するのではなく、短答前は短答にあった勉強法、論文前は論文にあった勉強法で勉強出来た点が良かったと思っています。また、LECのカリキュラムでは、とるべき論点と捨てるべき論点がはっきりと示されているため、論点の取捨選択を意識しながら勉強しました。

LECの教材について

LECには、手書きで書かれたレジュメが存在するのですが、活字の解説などとは異なり、実際に、本番でどのような手順で考えれば良いかが明確にイメージできて非常にありがたかったです。また、ほとんどの予備校で答練や模試があるのですが、多くの予備校で、答練や模試の難易度が本番と比べて跳ね上がり過ぎている中、LECの答練や模試は、レベルが本番さながらで、取るべき問題や捨てる問題をその場で考えるなど、本番を意識した練習ができたと思います。

LECの講師のよかった点やエピソード

LECの講師に指導されて良かった点は、ただ講義をしていただくだけでなくモチベーションが保てるような励ましを沢山していただいた点です。公認会計士試験の勉強をしていて、なかなか模試や答練の点数が伸びずに弱気になる時期もありましたが、それでも、公認会計士試験に合格した後のお話をして、合格後の自分のイメージを抱かせていただいたり、また相談にも真摯に乗っていただき、モチベーションを保つことができました。LECの講師の方々と出会っていなければ今の自分はないと思います。

LECのフォロー制度について

LECでは、欠席してしまった時も、いつでも教材を受け取ることができ、また、わからない所の質問もいつでも優しく教えてくださるため、大変助かりました。大学の勉強・サークル活動・アルバイト等、公認会計士試験の勉強だけをしていれば良いわけでもない中、欠席してしまってもいつでも質問できる環境は大変ありがたかったです。またLECでは通学生でも、授業の動画をスマホで見ることもできるため、欠席してしまった時は、スマホで動画を見るようにしていました。

今後の目標や、これから始める方へのメッセージ

今後の目標としては、今回、公認会計士試験に合格することはできましたが、まだまだ会計学について理解できていないことも多々あり、また実務では、筆記試験とは違った知識が求められると思うので、謙虚に会計の勉強を続けていきたいと考えています。公認会計士試験は、勉強を始める前にイメージしていたよりも遥かに難易度が高いという印象です。私自身、試験当日まで受かる目処が全く立っておらず、試験勉強にはかなりの苦戦を強いられました。しかしながら、苦しい苦しい試験勉強をしても取る価値のある資格だと思うので、ぜひ最後まで諦めずにやりきって欲しいと思います。

PAGE TOP